利用者の声

 

メールマガジン読者の声

 

2016.6.29Y・Mさま(京都大学・医学部2回生)

お久しぶりです!Yです。
このアドレスは個人的なやりとりをするためのアドレスでございます。
まだiCloudがMobileMeと呼ばれていた時代のものです…笑

今回みたいに授業のことや最近会った生徒など、近況を伝えていただけると楽しく読めます。ちなみに阪大の生徒さんはIくんですね?笑 この前話しました。

ところで好き嫌いの話にちょっと関係しますが、僕も教育に関してはすごく関わりたいなと漠然と思っています。早くも医学部への不向きを実感し始めました笑 もちろんそれなりに勉強して医師免許は取るつもりでいるのですが、一生臨床医は自分には楽しくないだろうなーとも思っております。ただ、医学部に来て本当に良かったと思えたのは、今までで最も賢い人たちのコミュニティに出会えたこと、ハイソサエティな人たちと出会えたことです。先週の日曜日は梅田のインターナショナルホテルで(ビュッフェですが)学生は普通来ないようなランチに同級生の子たちと行ってきました。その子たちは代々医者の家系の上品な娘さんたちで、自分の子にはこういう育ちをさせてあげたいなと思ったものでした。

さて話はズレましたが、教育に関しては今どのように関わっていこうか構想中でございます。インターネット経由で情報発信するか…などなど。収入化の方法も考えなければなりません。ただ、今解剖の方が忙しくてそれに集中しております。現在ご遺体の首を切断し、顔を正中線で切って血管やら神経やら筋肉やらを探すというなかなかに貴重な経験を積んでいるところです(頭部は構造が複雑過ぎて暗記量がヤバイのです)。

先生も講師の他に教室経営、コンサルティングを行っていらっしゃるとのことですが、どのように始められたのかなど、何か参考になるお話をいただけませんか?
多くの人が講師という座に安住する中、AmazonアソシエイトIDからも伺えますように、先生は積極的に自分を進化させて収入も増やしていこうという気概を持っておられ、尊敬しております。

 

2016.6.29 Sさま(大手人材派遣会社)

言語化できるレベル、なんて言い回しが合田くんらしい 笑。
私がそう感じていたのは、予備校で講師やってるって聞いた時に、
あぁなんとなく合ってそうと思いました。だから根拠のない話。
だけど、性格的におせっかいな人だと思うんですね、合田くんは。
ある程度の多数の人にものを教えるという作業は特にエネルギーを使うし、
おせっかいな人じゃないと務まらないと思う。
1対1だとおせっかいでなくても、なんとなく出来るような気がするけど、
予備校講師って不特定多数とまでは言わないけれど、
多数であることは間違いないし。

で、驚いたのが10人中4-5人が退学まで行かなくとも、選択したものとは別の方向に進んでいるんだね(この統計のソースって何かな?)。
もちろん合田くんもその一人だもんね。
「膨大な無駄」は確かにあると思います。
私の場合は、まぁしゃーないか、と思うタイプでして、例えば就職も派遣でスタートさせて新卒でパキっとどこかに入っていれば、収入ももう少しよかったかもしれません 苦笑。
が、まぁ自分で選んだし、回り道したけど、いちおう自活出来てるから無駄にはならなかったのかなと感じております。
要するに、あかんたれ(関西弁ですが意味分かる?)で、カッコよく言えば起きてきたことに対して人生肯定派なのかも。

だからミスマッチに対しては、じゃあ、自分はどうすればそこになじめるようになるのかな?という前提で考えるのかも。

高望みする、というのは求職者もだし、求人側も両方です。マーケットや世の中を理解していないという知識やら認識不足である点が原因です 笑。

求人側:
「営業事務だけど、経理も出来て、若い方がいいね。20代で。お茶出しとかも気持ちよくやってくれて。うちは人物重視なんでね」

→ そんな優秀で性格も良い方がいれば、正社員で働いているでしょう。
  この時給でそんな人は採用できません。

求職者側:
「正社員になりたいので、紹介予定派遣を希望します。単調な仕事は避けたいです。
時給は1400円以上で、残業は少なめ。土日完全休みは当然ですよね。休みやすい環境で福利厚生が充実しているところじゃないと…最近ブラックとか多いですし。
長く働きたいので、その辺はやっぱり重視しますね。
(3年以上続いてる仕事がない人だったりする)
朝礼があったり、男尊女卑のある会社はちょっと…」

→ 私もそういう会社があれば(でも採用してもらえるか自信ないけど)、
      転職します。

この文章書きながら思ったけれど、
やっぱり双方の認識に大きなギャップがあるから、
そのあたりの情報提供をするのが合田君のメルアドのポイントになってくるのかな。
私は日々、そのギャップについては、内勤なので求職者側と話をするのが圧倒的に多いですが、はっきり言うと人が来ないので(苦笑)、求職者側に寄り添いつつ、世の中のニーズについてやんわりお伝えする手法をとっています。

 

2016.6.30 Sさま(営業職)

最初は合田先生とお話ししているようで、懐かしい気持ちになりました\(^o^)/
そしてテーマの抽象さスケールの大きさ、 柔軟さに圧倒された気がします(笑)
圧倒されたのはおそらく、日々の現実感溢れ仕事の幅の狭さからだと思います😇
これからこのメルマガの内容が体に馴染んでいくのかなって思いました。
またお話も是非聞かせて下さい!

 

2016.7.1 Yさま(建築コンサルタント)

メルマガありがとう。
おもしろい、変わらず熱くて何よりです。
普段接してる人が若いから、エネルギーがあるんやろうなーと思わせる感じでうらやましいです。

教育が重要だということ(単なる勉強だけでなく)は、最近特に思うねー。
ここ数年はこれまであんまり興味の無かった歴史とか、心理学とか、古典とか、
原点に返って、物理学とか数学とかいろんな本読んでみてるわ。

前会ったのは、トヨタやめて家具屋のベンチャーで働いて、そこを辞めるぐらいのタイミングだったかと。
そこから会社は変わってないけど、木造関係のコンサルティング会社です。
ま、なんとかやっております。
勉強云々については、特に、こういう体験があったとかはないんやけど、
コンサルやりながら思ったことはみんな意外と勉強することを忘れて惰性で仕事を進めるからもったいないことなってんなー
とか。
もちろんこっちは仕事やから勉強するけど、それ以外にもいろんなことを学ぶことで、いろんな経験とつなげることで、解決策がでてくるなと。
そういうのがおもしろい。ということかな。
いろいろあるけど、長くなってしまうし、それこそちゃんと書こうとすると、まだ頭整理できてない。ちょっと整理してまたメールします。

あとは政治とかはあまり近づきたくないけど、
昨今のポピュリズムとか歴史を知るともっとおもしろく見えるだろうとか、
社会心理学を知ると、人の決断とか行動が何に左右されるかとか、
ぼんやりでも見てるとおもしろいよね。
しょーもないメールですまんけど、今度福岡遊びに行くわ。

 

2016.7.6 Yさま(プログラマ)

初回感想を送らずすいません^^;
先生の文章を読むと、先生の小説を機械的に読む国語の授業を思い出させるほど、
相変わらず論理的だなぁと思いました(笑)

先生は20代の自分の事を少し後悔なさっているようですが、逆にその経験があるから今のような素晴らしい考えをお持ちになれたんだと思います。
自分も高校卒業後、二浪→フリーター→専門学校と自分で言うのもなんですが中々な人生だと思います(笑)
でも、浪人時代に培ったタフさと英語は今でも使えるし、
これからも使える事だと思っています。
又、バイトでパソコンの重要性を知れたことも、
今の自分にとってはいい経験だったと思います。

アップルの創業者ジョブズも言うように
全く無関係な点と点が繋がる日がいつか来る、と僕は思います。
正直、僕は先生が一生講師の職に安住する様な柄では無いと思っています(笑)
そして、ある時無数の点と点が繋がり何か凄い事をなす人間なのでは?
と思っています。
だから、これからも我が道を進んで下さい!
僕も今回読んで感化され、また頑張ろうと思いました!

そして、先生のメルマガは僕にとっていい意味で
プレッシャーを与えてくれるものです。
ですので、あの感想は僕からのいい意味でのプレッシャー返しと
捉えて頂ければと思います(笑)
改めて、先生の自己研鑽の姿勢に尊敬します。

そして、「空気を吸うように」というのは、自分の置かれている高い次元での環境を当然であるかのように、無意識のうちに、ある考えを持ったり、行動する事だと感じました。
しかし、無意識の領域に達するには、意識し続けるしかないと思いました。
(先生の国語の読み方を無意識に出来るまで続ける事のように。今でも、本を読む時たまに出てきます笑)
でも、吸い続け過ぎると過呼吸となり、苦しくなるので、たまには、息をはく余裕も大事だと思います(笑)

やはり、先生のメルマガは色々考えさせられ、楽しいです。
これからも、楽しみにしています。
長文ですいません^^; 熱くなりやすいタイプなもんで😊

 

2016.7.7 Iさま(カナダ・マギル大学)

先生の二十代の経験をお聞きして、驚きました。
自分的には自分の今までが波乱な22年間だと思っていたんですが、先生の方が波乱でびっくりしました。
こうした経験を終えて、今のように一流の講師として働いている先生のように頑張っていきたいと思います。
引き続きメルマガを楽しみに待ってます。

 

2016.7.8 Sさま(静岡大学2年生)

ご無沙汰しております。 Sです。
メルマガ楽しく拝見させていただきました!
案の定迷惑フォルダに入ってしまっていて気が付きませんでした笑

さて、近況報告を兼ねて感想を述べさせていただきます。
「好き・嫌い」から始まる成長のお話と「逆算」による絞り込みのお話でしたが、私は現在「好き」を追いかけている最中です!結論から述べると、1年生ながら研究室に通っています。

私は将来セキュリティエンジニア志望で、静岡大学には専門とされる先生(N先生という方です)がいらっしゃいます。そこで、
情報学部のイベントに参加→先輩と仲良くなる →N研究室の先輩を紹介してもらう →N研についてお話を聞く → N先生の講義(対3年生)にもぐる →N先生にアタックする →お話しを聞けることになる →1時間ほどPPTを使ってお話をしていただく&研究室にお誘いを受ける →研究室に遊びに行く
という流れで現在に至ります。

通常研究室配属は3年後期からで、まず夏季休業中に書籍・論文を多量処理し知識武装をするそうです。なので今は、配属後最初に詠む本をもとに勉強しています。
N先生を驚かせるくらいの知識とスキルを身につけることが、直近の目標です。

 

また、私は将来最終的に「◯◯研究所」というところで働きたいと思っていたのですが、偶然にもN研に募集があったそうでこのまま順調に進めそうな状況です笑
ただ念のためもう一度他の企業も調べなおし、冷静に見極めるつもりです。

この夏はイベント・セミナーに積極的に参加する予定です。
まずは今月末に六本木で徳丸さんの講演があるので聞きに行きます。(徳丸さんは野球界で言う王監督のような存在です)

勉強以外では、セミナー代と学費・生活費のためにアルバイトを掛け持ち(イタリアンと塾)して頑張っております。塾では数学以外を教えています笑

メルマガをもとに自己を振り返り、去年の自分がいかに低体温だったかを痛感すると同時に、少しは成長できたのではないかと感じて自信がつきました。
SEは理系職で、私は決して向いているとは言えませんが、セキュリティを勉強しているときが1番ワクワクします!
現在純粋に「好き」を追求していて、本当に楽しいです。

正直なところ、学歴が手に入らなかったこと、静岡大学にいることについては未だに悔しくてつらくなることがありますが、ここにも面白い人は居て、彼らはいつも熱をくれます。
博多弁ペラペラで、すでに企業でサイト運営をしているインド人、自然言語(5か国)とプログラミング言語を合わせて20言語を操る人などなど。
「エネルギーは高い方から低い方へ流れる」という法則を思い出しました。

さて、長くなってしまいましたが、大変おもしろいメルマガをいただきありがとうございます。
合田先生は私の知る中で、最も熱い人物のひとりです!
メルマガを介して熱が伝わってきます。
今後もメルマガを楽しみにしております(^^)
それでは、ご健勝をお祈り申し上げます。

 

2016.8.13 Eさま(立命館大学・1回生)

先生のメルマガを読み模範を徹底するということについて感銘を受けました。
私の場合は麻雀です。
フリー麻雀のおじさんに教えてもらったりユーチューブの雀鬼をみて自分で実際に牌を使って自分ならどうするかを考えてみたりしています。
いまは初心者に毛が生えたくらいですが毎日練習しています。
これからもメルマガ楽しみにしています(*^_^*)

 

2016.9.4  Oさま(九州大学・工学部2年)

お久しぶりです!!毎回楽しみに読んでます!
たくさん思うこと、悩んでいることあるのですが
あまりにもまとまりがないので後日整理して、、、と思いながらズルズルと今日まで延びてしまったので、まとまってないですが現状について簡単に書こうと思います。
行動力、脳内言語についてです。

先生の行動力、先生のすごいお知り合い、自分と年が大して変わらないのにしっかりとした文を書く学生の文章から毎週刺激をもらい、モチベーションは読む前よりも格段に上がりました、残念ながらまだメルマガから得た情報や思いついたことを行動に移せていないのですが。。。
他にも勉強しようと思っていてもなかなか実行できない。テスト期間に焦る。結局間に合わず追試になるという学生生活を打破するべく。重い重い腰を持ち上げるその原動力になるものを模索しているところです。

夏休みはバイトに明け暮れています。社員だっけ?と思うぐらい出勤しています笑笑

お客様に「これ」ってどういう味なの?と聞かれることが多く、自分の中では「それ」は「それ」の味であり他の何物でもないのですが、その未知な「それ」の味をまるでお客様が味わったかのような、かつ「それ」を飲みたいと思わせるような表現をしたいが、とっさに出てこない、例えが下手で美味しそうに思わせれない。という問題に苦しんでいましたが、模倣するという記事からヒントをもらい、その表現が上手い人にその人はどう説明するか聞き、真似る。
少しずつ自分の言葉にしていく。という方法で克服していっています。

今でも問題なのは、自分が気づいたこと、知っていること、相手にどうして欲しいのかを相手に咄嗟にわかりやすく伝えるということです。
自分なりには端的に伝えたつもりが相手にキョトンとした顔をされたり、伝えようとしすぎて長いからわからないと言われたり。。
自分の脳内言語を相手にわかる言葉にして、ダイレクトに伝えるというのがこれからの課題だと思っています。

と数日前に書いていたのですが この文章が伝わりにくいですね(^^;;
以上が現状報告です! 学生の間に読んでいた方がいい本などを教えてください! 自分の今までの生き方、考え方を見直すと、かなり偏ったかんがえかたと見栄で生きていたなぁと思い、自分にいろいろなものの見方が足りていないと実感し、いろいろな人の考えを知ってみたいなと思っています。

 

2016.9.16 斉藤健一さま(opens代表 http://www.opets.co

メルマガ毎週続けてらっしゃったんですね!すごいです!
内容もいいですね!これはコンサル頼みたくなるでしょうね(^^)
でしょうね!面白いですもん。合田先生のキャラとマッチしてて、読んでてワクワクします。これはくると思いますよ!大きな可能性を感じました!

 

2016.9.16 Nさま(山口大学・工学部2年・ジョージア大学留学中)

合田先生お久しぶりです。Nです。
毎週のメルマガ難しい内容も多いですが頑張りつつ楽しんで読ませてもらってます!

今週号を読んでみて執念こそ今の自分に最も足りていないものだと気付きました。途中で出てきた生徒さんの例ではまさに2年前の自分のことで震えながら読ませてもらいました。笑
自身に対する信頼は過去の自分だけでなく今の自分にも全く足りていません。
先生は数々の失敗を重ねて今のスタイルに行き着いたみたいですが、自分はどうしても失敗そのものを避けてそれを言い訳に行動しないことが多いです。

そんな自分ですが勇気を出して夏休みを利用して初めての海外であるアメリカに大学のプログラムで2ヶ月の予定で来ています。
この旅の目的は特になかったのですが最近は自分の将来を見つめ直しています。考えるほどに現在はやりたいことや将来のビジョンも具体的になく、このままではやばいなと焦る日々を送っています。
この文章を書いていて思い出したのですが浪人時代に先生のお話の中で20代に本当の自分を探すべく世界中を回り、最終的にずっと隣にいたことが分かったとおっしゃっていたのを思い出しました。
僕がまさにこれからその状態になりつつあるような気がします。笑

どのようにして自分に自信を持てるようになりますか?
また、帰国後お時間のよろしい時に1度相談に乗っていただくことはできませんか?

 

2016.9.22 Nさま(福岡大学商学部4年生)

お疲れさまです!
今回のメルマガを拝見しました!

私のお話になりますが昨日私がブログで書いた
悩みが今回のメルマガで記載されており、思わずドキッとしました、
というのも以前コンサルで核心を突かれ落ち込む、
そんな感覚にメルマガを読んで陥ったからです!笑

正に今の私はインプットに走り、
情報だけがバシバシ入ってくるが故に
自分の中で混乱し、もはや迷走状態でした!

そんな中で得体の知れないモヤモヤ、
自分が進んでいる道はこれでいいのかと
自問自答を繰り返し、解決方法を探して
いたのですがメルマガを見てシンプルに
顧客、または客観的評価が無いが為に
こんなに迷っているのだと気付きました!

やはり1人で考えるには
限度があるというか圧倒的に進行スピードが
遅いのでコンサルをまたよろしくお願い致します!

コンサルを受ける準備が出来ましたら
またご連絡致します、いつも生きるヒントを
ありがとうございます!

 

2016.9.26 Fさま(英語学部3年生)

合田先生
こんばんは。
メルマガ拝読いたしました。

今回の内容は自分にとってドンピシャでとても面白かったです。
最近は、非常に落ち着いており、将来のキャリアよりも今何ができるか・今何をしたいかに着目しています。
3年生の後期にこんなことを考えてしまっていては「いや、しっかり就活に関しての行動をしろよ!」などとお叱りの声も聞こえて来そうですが(笑)、そちらはそちらで細々と…

展開型の人間って正直運やタイミングもあるのかな?と思っていまして…。ひとまず自分がやってみようと思った先で何かあるかも?という考え方でいます。
もちろん、今までの自分が歩んできた中で「貢献できそうな」内容で、ですが。
そろそろ月も変わりますし、また新しい活動を報告できるよう、精進したいと思います。

P.S
本日、同じクラスのEさんという女の子から「合田先生を知っているの?」と話しかけられました。
どうも彼女は、3年前、受験生の時に予備校で合田先生の授業を受講していたそうで、「合田先生の授業は面白かった!」と言っていました。
まさか、こんなところで繋がるとは…。合田先生の名前が全国各地で聞ける日はそう遠くなさそうですね!(^^)

 

2016.10.19 Iさま(早稲田大学政治経済学部1年生)

大学に入って会計士試験の勉強を始めました。
明日大きなテストがあり、いろいろな不安を感じていたのですが、
「不安が適切なものかどうか」という視点から気持ちを整理することができました。
今の自分に丁度必要な言葉を頂きました!

現在塾講師をしているのですが、
今日文理選択に迷っているという生徒を持ち、
ふと、受験期に合田先生が
『やったことないんだから将来何したいかなんて分からないって僕は学生時代思っていた』
と仰ってたのを思い出しました。
あの一言は、
将来を決めなければと焦っていた自分を冷静にしてくれました。

合田先生のお話は、
新たな視点を発見でき、視野を広げてくれます!
今週のメルマガも楽しみにしています!!

 

2016.10.26 Yさま(英語講師)

お疲れ様です!
メルマガ興味深く拝見いたしました!
今まさに私も志望理由書等添削していますが、まったくもって同感です。

提出直前になって持ってきて、八割方ダメ出しをしたのですが、
すでに学校の先生と何度もやり取りをしてその結果だとか、、
重要さがまるで分かっていない。

今後も楽しみにしています(^ ^)

 

2016.11.1 Sさま(大学職員)

Sです。お久しぶりです。
今回のはとてもしっくりきたというか、いいなあ!と思いました。
前お話いただいていた、ブログみたいなやつ、もお話できたらうれしいです。
実はかなり小さな◯◯◯みたいな雑誌の投稿をし、その結果が来るまではいろいろ抑えておりました。

なかなかメールだけですとイメージがわかないと思いますので、機会があればお話したいです。あと時間があればその時コンサル受けたいです。当然ながらちゃんとお支払して患者になりたいです。
お忙しいなか失礼しました!

 

2016.12.1 Tさま(大阪教育大学3回生)

お久しぶりです。
Tです。
ずっとお便り送ろうと思ってたのですが、なかなか、タイミングを見つけれず、とても遅くなりました(^^;;

実は数ヶ月メールが届いておらず、配信止まってるのかな?と勝手に思っておりました、笑 すると突然、11/28にメールが来たので復活か!と思い、第何号かみるとかなり数字が進んでる、、、泣
理由は分からなかったんですが、いま、少しずつバックナンバーで読み返してます。笑

今回のメルマガにありました、成長が滞るっている感じ、僕はよく味わっています。 それはアルバイト先での事です。僕は一年の頃から関西関東を中心とした焼き鳥チェーン店TKZで、アルバイトをしています。
ホールで接客をしたり、厨房で焼き鳥を焼いたり、サイドメニュー作ったり、ドリンクを作ったり、、、 それぞれのポジションで、どれだけ早く商品を出せるか、どれだけスムーズにお客様に入店いただき、感動を与える接客ができるかを求められます。

最初の頃はやればやるほど、前よりもうまくいった!という実感を沸いていたのですが、2年半も働くと、成長を実感したり、退化を実感したりしています。
自店でだけ働いていても、刺激が薄れて来たのですが、他店にヘルプへ行くと、何年も働いているベテラン先輩の様子を見ることができ、刺激をもらい、ああいう風になるぞ!と刺激を受けて、その先輩を目標に、焦点を合わせ、解像度をあげ、頭の中、心意気をチューニングし、自店でより仕事をできるようになっていきます。

だから、先生のおっしゃる、チューニングを合わせやすくする伴走者は本当に必要だなと思っております。

来年、とうとう就活がはじまります。 僕は、大学入学後、接客のバイトをすることで価値観が変えられ、教員を目指さず、接客業につこうと思いました。
業種はある程度絞ったのですがまだ、飲食か、自動車販売かで悩んでいるところです。2月にインターンシップに行く予定なので、そこでより明確にしようと思います。

大阪にくることがあれば是非、連絡ください! 飲みにいきましょう!笑

 

2016.12.5 Hさま(英語講師)

お疲れさまです。お久しぶりです。
今日もメルマガ届きました。ほぼ毎回熟読しています。
この文章を何度も見て、今年一年を反省しています。

 

個別コンサルティング利用者の声

 

Fさま(英語学部3年生)

【個人コンサルティングを12回終えた感想】
合田さんにコンサルを依頼して本当に良かったと思っています。

まず、僕をカテゴライズするなら適合能力を持った社会不適合者かなと思っています。
本当はいやなんだけど、器用さもあって適合しているように演じている。
以前までは、演じている自分なのか、本当の自分なのかどうなのか分からないでいました。
そんな中で、コンサルを受けて自分が何者なのかどういうタイプの人間なのかどういった要素で構成されているのかをハッキリと認識できたのはとても大きかったですし、今ではほとんど迷いがありません

なぜなら、自分の要素やタイプを認識できたことで、自分の強みやハマるところが分かるからです。以前は、特筆した経歴もなく(部活で全国大会出場など)自分には何もないなと思っていましたが、コンサルを受けてからは「ちゃんと自分にもあるな」と思えるようになりましたし、これから先、大学生として生活していく中で自分にあるものをどんどん伸ばしていきたいと思っています。

また、家庭環境の悪さがこじらせにつながっているということも気づけて良かったです。
自分にとっては20年近くその環境の中で育っているので、客観視が難しく、家庭のことといえば尚更。今回、思ったことがあります。それは、家庭環境が悪い中で育った人は何かしらの歪みを抱えている。でもそれを気づくことができない。何人かそれらしい人を知っていますが、そういった人たちを気づかせることもまた難しいです。
このたび、コンサルを受けたことで自分の歪みを認識し、歪みを直していくことで自己肯定感も高くなった気がしています。

合田さんのコンサルを受けて思ったことは、成功へ着々と駒を進めていく感覚、とでも言いましょうか。勝負に勝てるかどうかは、運や自分の行動・どれだけの手段を取ったかということも影響してきますので最後は自分次第です。が、合田先生のコンサルで、王手まで行きます。あと必要なのは、運と自分の行動量と、失敗を恐れながらも進み続けるほんの少しの勇気です。

幼いころからずっと人と同じであることが良いことであると教えられてきました。
それがゆえに自分たちの可能性や成功の芽を摘まれ続けてきたような気がしてなりません。
このコンサルを人に勧めるなら、「~なら○○すべき」(ex.学生なら勉強すべき)という”べき論”に窮屈さを感じている、自分のやりたいことがあるけど、ブレてしまってどうしていいか分からない。でも、成功したいと思っている学生に勧めたいです。社会的に役割を持つことは大切ですが、その何にもならず、”自分”で勝負したい人は受ける価値があります。

 

匿名希望さま

久々のコンサルということで、自分がこの先どんな道を歩むのか「未来が少し見えそうな」感覚が楽しみでもあり、不安でもありました。
自分のヤバさは的中していたのですが、ここまでこじらせているとは思っていませんでした(笑)

これは自分の中で消しきれない欲求なのでもう隠さずに言ってしまいますが、有名になりたいなと。それも圧倒的に。
ただ、今回のコンサルで気付いたんですけど、有名な人も最初は皆、「しょぼい」ところから始めており、生まれながら有名ではないことに気がつきました。
「しょぼい」段階を積み重ね、それがどんどん大きくなっていくというプロセスを飛ばしていたことに気がつきましたし、深く理解できました。

そのプロセスを忘れており、自分の想像だけで物を言っていたことに関しては、早急に見直さなければと思っています。 強すぎる承認欲求で自分自身がこじれても仕方がないので、その辺りは冷静になって自分の欲求と向き合おうと思いました。
色々なことがストッパーになっていると感じ、そのストッパーを外す作業が凄く大変なんですけど、もう少し気楽に、ストッパーという概念すらなかったかのような(笑)、心持ちで行動していきます!

結局すべてはやるかやらないかなんですね…。
色んな思いはありますけど、全部提げて動き回りたいと思います。
10月もよろしくお願いします!!

 

Nさま(商学部4年生)

今日はありがとうございました!
30分のところを1時間以上コンサルして頂き
貴重な時間をお取りしてすみませんでした!

長くコンサルをして頂いたお礼といったら
上から目線になるので申し訳ないですが
感謝の気持ちとして今日、コンサルを受けた
顧客の声を書きますので参考に出来るところがあれば
ぜひ使ってください!

コンサルを受けての利点
・日報とは違い(←この部分は編集でカットしてください笑
   日報を批判しているわけではありません)、
   実際にお会いしてるので
   目の前で生半可な質問は出来ないと
   本気の緊張感が得られる

今思えば日報だと対面ではないので
緊張感がなく、どちらかというとこちらが
主導などでやり方に迷った時はその日やる事を
無理やり出して本来の日報の役割に活かせてなかった

結論コンサルである程度導いてもらい
且つ日報で日々を管理して頂くという
包括的にお世話になるのがベストだと私は思います

・信頼でき且つ◯◯◯◯万を超える収入がある
   ロールモデルとして参考にさせて頂いている
   合田さんにアドバイスを頂けるという安心感

自立していない無責任な立場なので
自分のやろうとしている事が社会人として
正しいものなのか判断が付かないなかで
人生の先輩として道を投げかけてくれる、
また道の存在を教えてくれる、私にとっての
ガイドの役割をコンサルでして頂いている

・ お金を払って人と会うことにより
    時間単位の意識が分単位になった、
    痛みを伴う金額の意味をなんとなく理解した

付随して将来的に私自身もコンサルなどを
やりたいと思っており、顧客の気持ち、顧客の視点を
理解出来た上で合田さんのコンサルを
研究出来るという見学という勉強

 

 Nさま(工学部2年生)

先日のコンサルありがとうございました。
と同時にお返事が大変遅くなってしまい申し訳ございません。

コンサルをしていただいて僕が感じたことは、
今まで周りの人や大人に相談した時は、その人が得意な方向や周りや本人が実際に成功した方法を教えてくれました。

正しいことを言ってくれてはいるのですが、どうもしっくり来ないけど間違っていないからやってはみるけど続かない!ということばかりでした。

しかし合田さんの場合は、僕の口から実際に出た言葉をベースにするため驚くほどしっくり来ました。

また自分でも今まで気付かなかった無意識のうちに考えてることもわかり、自分を前より知れました。

また僕自身が変わる必要があることを気づかせていただきました。
それに対して今やるべきことも明確に提案していただき、とても満足しています。

今後は緊張感を持って日々を過ごし、ロールモデルとなる人や考え方を見つけれるよう頑張っていこうと思います。

 

Sさま(大学職員)

コンサルを受けての感想

◉ブレーキについて

何か自分の思い描く人生にとってのブレーキなのかを意識できた
よく酒を飲みながら愚痴を言い合うありがちなシーンで、自分がうまくいかない理由を~のせいにして語ることが多いが、コンサルは逆。
発想がすべてプラスに向かい、今からでも遅くないとすら感じない
期間限定(二時間)の枠内で何をしてもいいので話しながら時空を超えた感覚を得る
今ここ、にしばられているとただそれだけでブレーキがかかる

ブレーキが何で、それに対して実現可能な小さな解決策を
考えることでわずかでも前進できる

◉ロールモデルを具体的に思い描けていなかった

これは自分がオリジナルでいたいからだ。
しかし真似した方が速い。
でもばっちりこの人!はいなかった
そこで掛け合わせ(×)をひらめいた
イチロー×松井でもいいし、イチロー×五郎丸でもいい、
イチロー×スーチーさんでもいい
理想になるまで掛け合わせる
掛け合わせる過程で具体例が見えたら、
つまりどの人のどのふるまいやエピソードが理想かをつかまえたらすぐさまメモし、キャラ化してしまう

●理想の自分がいたい現場の人に会うはコネみたいでいやだった

しかしコネどうこうより、自分の思い描く理想の場のイメージが間違いかもしれないという落とし穴がある
ならば
実際にその現場に関わる人に会いにいき、情報の確かさに出会う
つまりアップルで働きたい、と思うなら旅行でもカリフォルニアに行ったほうがいい
そこに住む人の話し方や本屋の平積みはなにかや、たとえば道で方がふれあったら どんなふうに謝ってくるのか、などの細部を具体的に経験できるからだ。
メディアの上で削られるのはそう言った細部であり、実際に本場に行ったときに いつも感じるのは細部についてなのではないかと思えるから
そして、こねについても、たとえば就職活動でOB訪問して受かるわけではない。
せいぜい合格したらそのあとに覚えてもらっていた程度では?

●課題のひとつは
 私がやりたいことをするひと同士の
 プラットホームを作ることでした
 ここではクリエイター、とします。

私の理想とするプラットホームは
・非ハイアート的発想
・バンドのような主体的な宣伝、ベンチャー的
これが出来るとあまりいないタイプのハイアートのクリエイターになる
村上隆的(作品の好みではない)

ではハイアート的なありかたとは?
・決められた道筋での修行のみ
・ある権威のもとでの受動的な現場

バンド活動においてはライブ活動が地道
美術においては入選が地道
ここをクロスさせる発想を持つ
バンド活動においては入選を目指す=オーディションか
美術においてはライブペインティングを行い、自己紹介する
どちらも充分なりたつ。
今までは必然ではなくただ惰性で選んだ努力の道筋を好き嫌いや、やりたくない、怖いかどうかで避けてきたのでは?

 

匿名希望さま

今回のコンサルを受けた感想ですが
やはり自分で考えてもある程度で
煮詰まり、自分自身じゃどうしようもない
所に到達するのでそうなった場合は
もがくよりもお金で時間を買い、
しっかりとサービスを受けるのが
無駄な時間が省け、その先のスピード感も
全然違い、結果的に雲泥の差がつくのでは
ないかと感じています!

またお金を払っているからこそ
その時間を無駄にしたくないと真剣味が
出てきて尚且つコンサルが終わった後も
コンサルのフィードバックを見ながら
結果を出したいと真剣味の継続が
続くのも私の中では大きな利点です!

ついつい先延ばしの悪い癖が出てきて
自分1人じゃどうにも怠けてしまうので
定期的にサービスを買い横槍を
入れていただくのが今の私のベストな
選択肢だと思っています!

そして偶然に横槍を入れて頂ける方に
出会えたので今後ともよろしくお願い致します、
またぜひ冷静に鋭い指摘を
ズバズバとお待ちしています!笑