20180415・271号「シンプル」は言葉でいうほど易しくない。 それでもなんとか「シンプル」にしたい人への3冊ーその3

平成30年4月15日 Street&Book Smart271号

■【「シンプル」は言葉でいうほど易しくない。

それでもなんとか「シンプル」にしたい人への3冊ーその3】

    合田啓作(ごうだけいさく)             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信開始から660日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1 「シンプル」は言葉でいうほど易しくない。

それでもなんとか「シンプル」にしたい人への3冊ーその3

 
 
 

2 『SIMPLE RULES

「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』

ドナルド・サル

キャスリーン・アイゼンハート著

https://amzn.to/2GWSa8S

 
 
 

3【具体的で明確な1言&1冊が持つ強烈な破壊力】

 
 
 

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■今朝は午前10時より、

オンライン・数学コミュニティ第2回を実施。

計5名の方が参加、

加えて2名の方が映像配信による参加でした。

その後、ジムに行き、

午後は母の誕生日だったため、

家族全員でゆっくり過ごしました。

 
 
 

■営業オンライン・コミュニティ。

9名の方にお申込み頂き、無事始動しております!!!

 
 
 

■改めて何をやっているかというと、

▲紹介での営業率8~9割

▲今期売上3.6億円

▲超人見知りで、飲み会ではいつも端っこでおとなしくしてる(笑)

▲敏腕営業マン・田島くんが

▲「結果を出すには?」の1点に焦点を絞り

▲コミュニティ参加者から寄せられた、個別具体的質問に

▲ズバリ本音「のみ」で回答する

という内容です!

 
 
 

■例えば、既にご参加されているT・Tさんから、

以下のようなメッセージを頂きました!

 
 
 

――ここから――――――――――

■Tです。

今週○○で金曜まで研修、

帰ってきてすぐにまた本社で研修と、

少しメール読む余裕なく、

今も休憩中に、返信しております(笑)

 
 
 

■感想といたしまでは、

これだけぶっちゃけたこと聞けるのは助かるな。

とひたすら思いました。

 
 
 

■僕の勝手なイメージですが、

こういったメルマガとかって、

どうしても表面的だと思ってたんですよね。

 
 
 

■しかし、営業オンラインサロンでも、

営業Q&Aメルマガでも

ズバリと意見をストレートに聞ける場というのがとても新鮮です!

(T・Tさま・自動車会社勤務)

――ここまで――――――――――

■営業って、

・無理やり押し売ること

・スーツ着て汗かいてるイメージ

とか、よく誤解されているんですけど、

全然違うんですよね。

 
 
 

■営業って、全ての仕事で必要な、

「交渉力」であり、「生きる力そのもの」なんすよ。

 
 
 

■だから、あらゆる仕事に通じるし、

「結果を出したい」あらゆる方にお役に立つハズです。

 
 
 

■よく寄せられる質問としては、

▲年間購読(12,000円)だけではなく、1ケ月や3ケ月での購読が可能ですか?

▲お試しに、1回だけ見てみることとかできますかね?

というものが挙げられます。

 
 
 

■もちろん、どちらも大丈夫ですよ!!!

ただし、

▲3ヶ月であれば、1000円×3=3000円

▲1ケ月であれば、1000円

▲試しに1回であれば、250円

頂戴致します。

お気軽にお問い合わせお待ちしておりまする!!!

 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━

1 「シンプル」は言葉でいうほど易しくない。

それでもなんとか「シンプル」にしたい人への3冊ーその3

━━━━━━━━━━━━━━━━

■「シンプル・イズ・ベスト」!!!

 
 
 

■・・・。

わかっちゃいるけど、なかなかできない、

「シンプル・イズ・ベスト」。

 
 
 

■例えば、

大学に入ったばかり、

新しい会社に入社したばかり、

配属先の部署が変わったばかり、

サラリーマンだったのがフリーランスになったばかり、

 
 
 

■こんな状況では、

全てが新しくて、

「シンプル」以前に全体像すら掴めないですよね?

 
 
 

■情報多すぎ、

物も多すぎ、

誘われたら断れず、

嫌われるのも怖い。

だけど「シンプル」でありたいとも思う。

 
 
 

■そんなあなたに最後の1冊です。

 
 
 

■そんな、「なんでも過多」の現代を生きる方に、

ぜひともこの3冊だけは頼む!!!

是が非でもオススメしたい!!!

という3冊を

3回に渡って勝手にご紹介します(笑)

 
 
 

■2000~3000冊分の3冊ですよ!

 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━

2 『SIMPLE RULES

「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』

ドナルド・サル

キャスリーン・アイゼンハート著

https://amzn.to/2GWSa8S

━━━━━━━━━━━━━━━━

■【なぜこの本を選んだのか?】

▲私(合田)自身が、絞り込む必要性を感じているから

例)体重、体脂肪、仕事、付き合い、関わるプロジェクト

▲絞り込むときに役に立つ、「具体的なルール」をたくさん見てみたかったから

 
 
 

■【オススメしたい人】

▲たくさんルールを作り過ぎて息苦しくなって挫折してしまう人

▲実用的で柔軟でシンプルなルールを作りたい人

 
 
 

■【この本を行動に移すと得られる効果】

▲役に立たない、複雑なルールを作らなくなる

▲実用的で柔軟でシンプルなルールを作れる

▲シンプルなルールを実行し、成果が出しやすくなる

 
 
 

■早速、一部引用しますね。

 
 
 

――ここから――――――――――

□「【シンプルなルールの4大特徴】

1ルールの数が少ない

2使う人にあわせてカスタマイズできる

3具体的である

4柔軟性がある」

 
 
 

□「『シンプルなルール』をつくる際には、

その中の1つに焦点を当てることが重要だ」

 
 
 

□「ルールというのは

実際にそれを運用する人がかかわってつくるべきで、

4人から8人くらいで話しあって決めるといい」

 
 
 

□「『細部にわたってとり決められたルール』が役に立つ場合もある。

飛行機墜落事故や医療事故といった悲劇が起きないようにするには、

きめ細やかなルールづくりが必要だ。

現に、離陸前のパイロットや手術前の担当スタッフたちは、

何十項目にもわたるチェックリストを確認している」

 
 
 

□「どうやら人というものは

あれこれ考えすぎると、

根幹よりも枝葉末節が気になってしまうようだ」

 
 
 

□「よりよい決断をしたいなら、

細かい要素にはこだわらずに、

もっとも重要な物事に焦点を絞らなければならない。

『シンプルなルール』なら、それができる。

しかも『シンプルなルール』は

実行に移しやすく、無理なくつづけられる」

 
 
 

□「【シンプルなダイエットのルール】

夕食は、直径25センチのお皿に収めよう」

 
 
 

□「【痩せているパリっ子の食事のルール】

満腹を感じ始めたところで食べるのをやめる」

 
 
 

□「【医師が脳梗塞を見極める境界線ルール】

患者の両眼が同じ方向に同時に動くかどうか」

 
 
 

□「【ナポレオンの進撃ルール】

砲撃の音が聞こえるほうへ進め」

 
 
 

□「【ロスチャイルド家の投資ルール】

町のあちこちで通りが血に染まっているときこそ、買いの絶好のチャンスだ」

 
 
 

□「【エベレスト登頂を目指したスコット・フィッシャーのルール】

午後2時までに山頂に到達できなければ、潔く引きかえす

(スコット・フィッシャーはこのルールを破り、参加者全員が死亡)」

 
 
 

□「【泥棒が空き家を見つけるルール】

外に車が停まっている家は避ける 」

 
 
 

□「【メスのコオロギがオスを選ぶルール】

1秒間に3回以上の頻度で連続して、

スピーディーに”口説きなき’をするオスを夫に選ぶ」

 
 
 

□「【Yコンビネータ・ポール・グレアムがAirbnb創業者に行った2つのアドバイス】

1 100万人に好かれるより、100人に本気で愛される存在になりなさい

2 ニューヨークに行きなさい」

 
 
 

□【フランス・シェフの3つのルール】

1同業者のまねをしない

2極秘に教えてもらったレシピは、本人の許可なしに口外しない

3レシピの創案者を明記、言及する」

 
 
 

□「【うつ病患者かどうかを確認する4つの質問】

1この1週間、泣くことが多かったか

2この1週間、自分に失望することがあったか。

あるいは、自己嫌悪におちいったか

3この1週間、自分の将来に不安を感じて、

気分が落ちこんだか

4この1週間、自分は人生の落伍者だと感じたか」

 
 
 

□「【不眠症が解消される4つのルール】

1毎朝同じ時間に起きる

2眠くなるまでベットに入らない

3眠れないときは無理に寝ない

4ベットで過ごす時間を減らす」

 
 
 

□「【バラク・オバマ前大統領によるミサイル発射の3つのルール】

1その人物は、アメリカ国民に差し迫った脅威をもたらす相手か

2ミサイル発射以外に方法はないか

3近くに民間人はいないか」

 
 
 

□「【山火事が制御不能になった際の4つのルール】

1できるだけ早く炎から逃げる

2火の気のない場所へ向かう

3”向かい火(山火事の進路から草木をなくし、延焼を食いとめること)”を放つ

4火災の延焼をを食いとめる」

 
 
 

□「【ザ・ホワイト・ストライプス(ロックバンド)の制作・5つのルール】

1ブルースなし

2ギターソロなし

3ストライドギターなし

4カバー曲なし

5ベースなし」

 
 
 

□「【ピクサーが苦境を乗り越えた2つのタイミング・ルール】

1毎年新作映画を公開する

(ビジネスを維持するために最低限のファンをつかんでおくため)

2新作を感謝祭に公開する

(年に2回あるファミリー向け映画のピークに合わせ、スタジオのスケジュールを組める)」

 
 
 

□「【ロンドン・ビジネス・スクールが立て直しに使った4つのルール】

1利益が出るプログラムであること

2 2週間以上のプログラムであること

3受講者の満足度が、求められるレベルに達していること

4ただし、内容が似ているプログラムは廃止すること」

 
 
 

□「【エルモア・レナード(小説家)の創作ルール】

1プロローグは省略する

2会話のつなぎに、

「○○と言った(said)以外の動詞は決して使わない

3読者が読みとばしそうな部分は削る」

 
 
 

□「【鳥が隊列を組んで飛ぶときのルール】

1隣の鳥に近づきすぎない

2隣の鳥から離れすぎない

3隣の鳥と動きを合わせる」

 
 
 

□「【モジホコリ(粘菌)3つのルール】

1ランダムな方向に食べ物を探しに出かける

2食べ物を見つければ、そのルートを強化する

3食べ物が見つからなければ、そのルートを縮小する」

 
 
 

□「【サバクトビバッタの生き抜く2つのルール】

1空腹を満たすために、前を飛ぶ仲間を必死に追いかける

2うしろにいる仲間に食べられないように、ひたすら前方へ逃げる」

 
 
 

□「【アリの行動にヒントを得たルンバ(掃除機)3つのルール】

1ジグザグに進む

2障害物にぶつかると、方向転換する

3バッテリーが切れそうになると、

ホームベース(充電コネクター)に戻る」

 
 
 

□「(スティーヴ・ジョブスの言葉)

シンプルであることは、複雑であることよりも難しい。

物事をシンプルにするためには、

必死に努力して思考をクリアにしなければならないからだ。

だが、それだけの価値はある。

なぜなら、ひとたびそこに到達できれば、

山をも動かせるのだ」

 
 
 

『SIMPLE RULES

「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』

ドナルド・サル

キャスリーン・アイゼンハート著

https://amzn.to/2GWSa8S

――ここまで――――――――――

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。

 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3【具体的で明確な1言&1冊が持つ強烈な破壊力】

─────────────────────────

■大ヒット漫画『キングダム』。

当初は全く売れなかったらしいんです。

(私(合田)は全て読んどります)

 
 
 

■著者の原泰久氏が、

アシスタント時代の師匠・井上雄彦氏に

(そう、あのスラムダンクの著者です!)

「どうやったら売れるんですかね?」

と質問。

 
 
 

■井上さんは一言、

「眼が弱い。目つきを強くせよ」

と言ったらしいんですよね。

 
 
 

■原泰久氏は師の教えに基づき、

「眼」を変えたところ、

現在の大ヒットへ!

 
 
 

■尊敬する経営者・鬼頭宏昌氏(とんかつチェーンのかさねや社長です)が

紹介されていたのですが、

いい感じの焼肉屋なのに、

全く売れない店があった。

 
 
 

■飲食店経営の超プロ(コンサルではなく経営者)に、

「どうしたらいいんすかね?」

と質問したところ、

「照明が明るすぎる。暗くしろ」

と一言。

 
 
 

■やはり、この一言をきっかけに、

焼肉屋は繁盛店へと変化。

 
 
 

■「眼を強くしろ」

「照明を暗くしろ」

 
 
 

■どっちも、1つですよね?

 
 
 

■しかも、

具体的で、明確で、

すぐに実行できる。

 
 
 

■最近痛感するのですが、

超プロのアドバイスって、

一言か二言なんですよ。

 
 
 

■まず、短い。

 
 
 

■次に、具体的で明確。

 
 
 

■最後に、芯を得てるから

成果が出る。

 
 
 

■例えば今日、オンライン数学サロン第2回を実施している際に、

▲数学で成果を出す上で、適切な教材は何か?

というテーマで話していました。

 
 
 

■きっちり成果を出す生徒さんは、

▲網羅系の問題集・参考書をきっちり1冊終わらせ

例)チャート、4step、など

▲そこでの知識や経験を軸に過去問をステップアップして解いていき

例)センター試験、九州大学、東京大学など

▲しっかり現役で受かっていく

と、皆さん口を揃えて話されていました。

 
 
 

■一方で、浪人している生徒さんの多くは、

この「網羅系の問題集・参考書をきっちり1冊終わらす」をすっ飛ばし、

あるいは穴ボコだらけのまま、

▲成績がいいAくんが使っている「レベルの高い参考書」に手を出し

▲でも、穴ボコだらけだから、使いこなせず挫折し、

▲1冊きっちり終わらせる経験を経ないまま、あれやこれや手を出し

▲浪人しても、全く結果が出ない

とのことでした(泣)

 
 
 

■これって、

マーケティングや営業、自己啓発やビジネス書を読み漁っても、

目の前の仕事に生かせず、成果が出せない人と

全く同じ構造を持ちますよね。

 
 
 

■なぜ、成果が出ないのか?

 
 
 

■5点、思い当たる節がありました。

1「1冊」にあたるものをやり切っていないから

2「1冊=基礎」がなく、自分がどの辺りなのかという客観的指標がないから

3客観的指標がないから、あれこれ「つまみ食い」で手を出すから

4超プロに「一言」を質問する、という一手間をかけていないから

5シンプルなルールがないから

 
 
 

■勉強でも仕事でも、

「1冊=基礎」を徹底したい人には、

具体的で明確で、

シンプルなルールが必要ですよね。

 
 
 

『SIMPLE RULES

「仕事が速い人」はここまでシンプルに考える』

ドナルド・サル

キャスリーン・アイゼンハート著

https://amzn.to/2GWSa8S

 
 
 

■あ、

「交渉力」「営業」について、

田島くんとやっているオンライン営業コミュニティは、

まさに「破壊力のある一言&一冊」ですよ!!!

 
 
 

■ちなみに糖質制限90日目の感想。

『除脂肪メソッド ハンディ版』岡田隆氏・著

https://amzn.to/2qEvfFd

を入手しました。

【脂肪を減らす>体重を減らす】

という発想、目から鱗です!!!

 
 
 

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━