20180404・268号年間100冊以上読むことを10年以上続けた中から、新大学生+新社会人にすすめたい3冊ーその3

平成30年4月4日 Street&Book Smart268号

■【年間100冊以上読むことを10年以上続けた中から、新大学生+新社会人にすすめたい3冊ーその3】

    合田啓作(ごうだけいさく)             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信開始から650日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1 年間100冊以上読むことを10年以上続けた中から、新大学生+新社会人にすすめたい3冊ーその3

2 『書籍編集者を目指すあなたが読むべき本』

箕輪厚介氏・著

https://amzn.to/2Ejrrgf

3【上から攻め、口説く】

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■昨日まで大分。

午前中は息子と公園で遊んだのち、歯科へ。

家族と昼食をとり、昼寝(笑)

夕方からジムへ行ったのち、授業×1でした。

明日からまた大分です!
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━

1 年間100冊以上読むことを10年以上続けた私(合田)が、新大学生+新社会人にすすめたい3冊

━━━━━━━━━━━━━━━━

■10代のとき、

それまでの生涯読んだ本は計5冊(笑)
 
 
 

■その後、入試で良質な文章に大量に出会い、

▲「この文で言っていることって、もしかしてオレのことじゃね?」

▲「この本、すごくね?」

▲「この著者、狂ってね(笑)?」

と覚醒。
 
 
 

■それからの反動で、

20代~30代後半まで、

年間平均100冊以上。

のべ2000~3000冊の本を乱読してきました。
 
 
 

■現在は、本=行動のための道具。

読む量を極端に減らし、

この2月3月にも、数百冊の本を処分したところです。
 
 
 

■ぜひともこの3冊だけは頼む!!!

是が非でもオススメしたい!!!

という3冊を

▲新大学生

▲新社会人

の方に、

3回に渡って勝手にご紹介します(笑)
 
 
 

■2000~3000冊分の3冊ですよ!
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━

2 『書籍編集者を目指すあなたが読むべき本』

箕輪厚介氏・著

https://amzn.to/2Ejrrgf

━━━━━━━━━━━━━━━━

■【なぜこの本を選んだのか?】

▲前々回の「仮説思考」と前回の「論点思考」が理論編だとすると、

具体的実践篇に当たるのがこの本だから

↓↓↓前々回メルマガ『仮説思考』はこちら

http://bit.ly/2GHuLHl

↓↓↓前回メルマガ『論点思考』はこちら

http://bit.ly/2GHuLHl

▲編集者の「仮説」「論点」、そして「口説く」技術は、他の全ての職業で役に立つから

▲堀江貴文『多動力」、佐藤航陽『お金2.0』などベストセラーを飛ばしまくる箕輪氏について、

具体的に「何を」「どうしているのか」説明されているから

↓↓↓(お金2.0はこのメルマガのバックナンバーでもご紹介しました)

http://amzn.to/2BNZFZU
 
 
 

■【オススメしたい人】

▲人を「口説く」必要のある全ての人

▲新人として新しい組織に入ったばかりの人

▲企画を考え、提案する必要がある人
 
 
 

■【この本を行動に移すと得られる効果】

▲どこを攻めるべきか、具体的になる

▲「口説く」とはどういうことなのか、腹落ちする

▲攻め方・口説き方が変わり、結果が出る
 
 
 

■早速、一部引用しますね。
 
 
 

――ここから――――――――――

□「セリエAやドイツのリーグで実績を残した日本人選手は、

ほぼ例外なく、

デビュー戦で翌日の新聞の一面を飾るほどのインパクトを残しています」
 
 
 

□「彼らは『周りからの評価が定まる前に結果を出した』ことで、

その後の選手生活もスムーズになりました」
 
 
 

□「まずは手頃な企画からやってみよう。

自分に担当できそうな著者からスタートしよう。

・・・と思う新人編集者は多いです。

それ、『死のスパイラル』への入り口ですから!」
 
 
 

□「階段は下から上っては、いけないんです。

最初に思いっきりジャンプして、

1番うえにいかないといけません」
 
 
 

□「階段を下から上るのが駄目な理由。

その方法だと、

周りの上司や同僚から

『こいつはこんなもんだ』

と評価されてしまうんです」
 
 
 

□「その結果、アナタは次第に、

『あぁ、俺ってこんなもんなのか・・・』

と周りからの評価を受け入れ、

成長を停止させます。

ああ、悲しいことに、

人間は環境に負ける生き物なのです! 」
 
 
 

□「階段の1番上は、

どうせ無理だと決め付けて

意外と誰もいってなかったりします。

過当競争が1番熾烈なのは中間です。

超新人と超大物は意外と空いています 」
 
 
 

□「自分が狙っているジャンルがあれば、

そのジャンルの1番上を最初に攻め落とさないといけません」
 
 
 

□「『そのジャンルで1番の著者』を口説き、本を出して、

その著者に認められれば、

『そのジャンルにいる他の著者』は

一気に口説きやすくなるのもポイントです」
 
 
 

□「壁を突破するには、

相手が『こいつとならやってもいいか』

と思ってもらえるような言葉を捻り出して、

ぶつけるしかありません」
 
 
 

□「その言葉というのは、

『この人、自分のこと誰よりも分かっている』と、

相手に確信させるものでなければなりません」
 
 
 

□「そのために必要なのが『ブンセキ』です」
 
 
 

□「『ブンセキ』とは、

相手の気持ちを、性格、人間性を

正確に想像するということです。

何が好きで、何が嫌いで、何を求めているのか。

相手が自分自身ですら気付けていない本性までを

的確に言語化するのです」
 
 
 

□「『憑依レベルのブンセキ』と名付けているのですが、

相手がまるで自分に憑依したかのように、

相手の気持ちがわかる。

言いたいことがわかる。

その状態まで持っていくわけです」
 
 
 

□「ここまで読んで、

『そうか!相手の本を読みまくって、ブンセキして、その想いをぶつけるぞ!』

と脇目も振らず、マッチョな方向に進んでしまうのは危険です。

あなたがどんな熱い言葉をぶつけても、

相手がそれ自体を望んでいない場合があります。

つまりは、ブンセキが甘いのです」
 
 
 

□「例えば、堀江貴文さんは、

初対面の人間が熱い言葉をぶつける時間なんてとってくれません。

たとえ熱い言葉をぶつけたとしても、

多分、スマホをずっといじっています」
 
 
 

□「どんな熱い思いがアナタにあっても、

それ『伝えるべきでない場合』があるんです。

『相手が何を望むのかを探るためにブンセキがある』

ということを、忘れてはいけません」
 
 
 

□「『口説き』でもっとも重要なことは、

相手の気持ち、本性、人間性を徹底的に『ブンセキ』し

相手が求めるであろうことを探り、提供することです」
 
 
 

『書籍編集者を目指すあなたが読むべき本』

箕輪厚介氏・著

https://amzn.to/2Ejrrgf

――ここまで――――――――――

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。
 
 
 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3【上から攻め、口説く】

─────────────────────────

■上から攻め、口説く。
 
 
 

■箕輪さんがベストセラーを連発している理由が、

ズバリ一言で要約されていました(笑)
 
 
 

■例えば、

私(合田)の仕事の一部である予備校。

確実に上から攻めた方がいいですね。
 
 
 

■上とは、東京であり、「本部」です。

東京→地方

地方→東京

を比べた場合、

明らかに後者の方が何倍もエネルギーがかかるのは、

私(合田)自身がひしひしと実感しております。
 
 
 

■まず、認識すらされません。

「お前、誰?」

からスタートします。
 
 
 

■その「お前、誰?」を、

「福岡に合田あり」に変えるには、

圧倒的実績が必要です。
 
 
 

■よく友人と「芸人理論」と話すのですが(笑)、

1地方で売れる

2その後、東京で売れる

つまり、地方芸人(地方講師)は2回売れる必要がある、と。
 
 
 

■例えば、博多華丸・大吉さんは2回売れてNHK朝の司会へ、

一方、おたこぷーさんは東京では未だ売れず、、、
 
 
 

■だから、

もしアナタがこれから新しい組織や業界を攻めるのであれば、

▲この業界のトップは誰か?

▲この組織のトップは誰か?

▲このチームのトップは誰か?

▲このジャンルの「本拠地」はどこか?

▲このジャンルの「総本山」はどこか?

を調べ、「上から攻める」は1つの重要な戦略になるのでは?
 
 
 

■次に「口説く」。
 
 
 

■例えば、友人の敏腕営業マン・田島氏と、

先日までオンライン・営業セミナーをやっておりました。
 
 
 

■箕輪さんと田島くんがほぼ同じことを言っていたのは、

「『ブンセキ』とは、

相手の気持ちを、性格、人間性を

正確に想像するということです。

何が好きで、何が嫌いで、何を求めているのか」

の部分ですね。
 
 
 

■売れてる人って、

おんなじようなことを言うんですよね。
 
 
 

■「憑依レベルの『ブンセキ』を私(合田)なりに『ブンセキ』すると、

1その人が世の中に発信している本・ブログ・メール・Lineなど、可能な限り全て見る

2その中で、「引っかかるコメント」「その人の言い回し」「その人が繰り返してる言葉」を明確にする

3 1+2から、言語化されていない「その人の譲れない価値観」「その人が切れるポイント」「その人が喜ぶポイント」を想像する

4あわせて、その人に「どういう伝え方」「どういう言葉遣い」「メールか、電話か、手紙か、といった最適な手段」を想像する

5 1~4を一定期間、ひたすら量をこなす 例)シュミレーション100回

6 ひたすら量をこなした結果、「どのタイミングで」「何を」「どうすればいいか」を大筋外さなくなる

という流れです。
 
 
 

■ただ重要なのは、

1~6までを、

しかも「憑依」してやるには、

本当に対象に興味があったり、好きだったりしないと、

絶対に無理、ということです(笑)
 
 
 

■好きなことをやった方がよかったり、

得意なことをやった方がよかったりするのは、

好きだったり得意だったりすれば、

自然とこの「憑依」レベルでできるからでしょうね。
 
 
 

■いま、得意なことや好きなことがわからない人は、

やってみた結果として、

自然と「憑依」レベルでできたら、

それは得意か、または好きです。
 
 
 

■大学や新しい職場で、

ずばり結果に結びつけたい人に、

『書籍編集者を目指すあなたが読むべき本』

箕輪厚介氏・著

https://amzn.to/2Ejrrgf

オススメです!

380円で買えますよ!!!
 
 
 

■ちなみに糖質制限79日目の感想。

糖質制限と合わせて、

1日の摂取カロリー記録をつけ始めてから

1週間が経ちました。

ひとまずわかった傾向。

朝・昼・夜だと、夜の摂取カロリーが最も多くなりがち(汗)
 
 
 

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━