20180320・264号ファンとのコミュニティを作るには?

平成30年3月20日 Street&Book Smart264号

■【ファンとのコミュニティを作るには?】

    合田啓作(ごうだけいさく)
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<配信開始から630日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1 2018年3月18日(日)営業・オンラインレクチャー・延期のご報告

2 『ファンベースー支持され、愛され、長く売れ続けるために』

佐藤尚之氏・著

http://amzn.to/2G9xXLG

3【ファンとのコミュニティを作るには?】

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■今日はひさびさの終日休み。

午後からトレーニングに行き、

娘+息子と空手→帰りにゲーセン。

イニシャルD、湾岸ミッドナイトをやりました(笑)

全勝し、親子の謎の団結が生まれました。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1 2018年3月18日(日)営業・オンラインレクチャー・延期のお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━

■3月18日(日)、

午前9時より

予定しておりました、

第4回オンライン・レクチャーは、

参加者の方の体調不良により延期させて頂きました。

■次回、3月25日に2回分を実施する予定です。

内容は以下。

【3/25(日)午前9時~午前12時00分(2回分)

▲第4回分

営業とマーケティング

ー「売る」のではなく、「売ってください」と言ってもらうには?

例)商品を必要とするお客様の潜在ニーズにどうアプローチするか?

▲第5回

営業で徹底すべき細部の行動・心構えはこれだ!!!

ー「1つだけ」飛び抜けるのではなく、「総合的な勝率」を上げるには?

例)廊下の歩き方、ドアの開け方、電話のかけ方切り方、リアクションの量とスピード、etc】

■終了後の音源販売も継続して行いますので、

ご興味のある方は↓↓↓

keisakugoda@icloud.com

までご一報下さい!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2 『ファンベースー支持され、愛され、長く売れ続けるために』

佐藤尚之氏・著

http://amzn.to/2G9xXLG

─────────────────────────

■本日ご紹介するのは、

前回263号でもご紹介した、

早稲田大学・政経学部の大先輩、佐藤尚之氏。



http://bit.ly/2FNWy9F

■たとえば、

▲スラムダンク1億冊キャンペーンJIAAグランプリ

▲鳩山由紀夫内閣・内閣官房政策参与

▲公益社団法人「助けあいジャパン」代表

▲株式会社4th設立、さとなおオープンラボ主宰
↓↓↓

http://www.satonao.com

などなど、

「コミュニティ」や「ファン」に伝えるには?

というテーマで実践を続けられている元電通のプランナーの方です。

■なぜこの本を選んだのか?

▲私(合田)の2018年目標・「10個のオンライン・コミュニティ立ち上げ」実践のため

▲「共感」→「ファン」という流れができる仕組みを理解するため

▲具体例を把握し、私(合田)が実行するため

■この本が役立つ方はどんな人か?

▲会・教室・グループ・部活・コミュニティを運営されている人

▲講師・小説家・芸能人・野球選手など、「ファン」に支えられて生活している人

▲営業・マーケティング担当者の人

■さっそく以下ご紹介します。

――ここから――――――――――

□「ファンベースとは、

ファンを大切にし、

ファンをベースにして、

中長期的に売上や価値を上げていく考え方」

□「ファンベースが必然な3つの理由

(1)ファンは売上の大半を支え、伸ばしてくれるから

(2)時代的・社会的にファンを大切にすることがより重要になってきたから

(3)ファンが新たなファンを作ってくれるから」

□「百貨店では、顧客数の上位20%で売上の6割強を占めるという報告がある。

「雑誌」では、上位21.1%の人が閲読総数の71.5%を、

「Web」では、20.1%の人が総アクセス数の63.8%を、

「コンビニエンスストア」では20.8%の人が利用総数の58.8%を占める」

□「(ジャムの実験)

もともとは「品揃えを豊富にしたほうが売上が伸びる」という、

あるスーパーの経営方針を確かめる狙いの調査だった。

ところが逆の結果が出たのである。

24種類のジャムを置いた売り場と、

6種類しか置かない売り場ではどちらのほうが売れるかを比較し、

当初はもちろん24種類置いた売り場のほうが売れるだろうと予想した。

だが結果は、24種類の売り場では3%の人しか買わなかったのに、

6種類に絞った売り場では30%近くの人が買った」

□「人は、類友=『強いつながり(強い紐帯)の人(5人~15人程度)と、

そこに準ずる『弱いつながり(弱い紐帯)の人(50~500人程度)とつながって生きている」

□「家、クルマ、大型家電など、

購入する機会がなかなかやってこない&高額な商品には、

類友からの言葉が効く。

めったに買うことがないものなので慎重になるし、

決めるのに躊躇するくらい高いからである」

□「コンプレックス商品(痩身、美顔、豊胸、増毛など)は、

場合と性格にもよるが、

使用しているファンも

『これ大好きなんだよね~」などと

類友にすら言いにくい。

なのでファンベースは難しいと考えられがちだが、

ただ、ファン自身がオーガニックに言いにくくても、

両親や家族など

『相手の心の襞に触れられる人』が本人にオーガニックに薦めてくれると、

それは強い影響力をもって伝わっていく」

□「ファンベース施策のとき1番間違えがちなのは

『全員にファンになってもらいたい』と望んでしまうこと」

□「ファンは買ってくれた人の20%くらい」

□「常連さんは少数だ。

友人に何人かカフェやバーをやっている人がいるが、

どの人に尋ねても

『常連さんは10%から30%くらい』

と口を揃える』

□「全員に好かれようとすると全員を失う」

□「ファンの支持を強くするための3カ条

・その価値自体を、アップさせること→『共感』を強くする

・その価値を、他に代えがたいものにすること→『愛着』を強くする

・その価値の提供元の価値・評価を、アップさせること→『信頼』を強くする」

□「明確化されていない企業の場合

Aファンの言葉を傾聴し、フォーカスする

Bファンであることに自信を持ってもらう

Cファンを喜ばせる。新規顧客より優先する」

□「日高屋とCoCo壱番屋とスターバックスだけ、

なぜか社長(創業者)の人生とその経営哲学を知っている。

中略

だからだろう、例えば日高屋の前を通りかかると、

社長の極貧生活や従業員への深い想いをふと思い出し、

社長は元気だろうか、

今でも従業員を最大限大切にする人情経営をしているのだろうか、

店の中にいるあの住業員は幸せに働いているだろうか、

などと想いを馳せる」

□「優れたSNS担当者が、なぜ、

毎日「おはようございます」とか

「こんにちは」とか

「今日もおつかれさまでした!」とか投稿し、

ゆるい投稿でファンやユーザーや通りすがっただけの人と絡み合うか、

意味がわかっているだろうか。

彼ら彼女らは、日々、苦心しながら、

そういう愛着を作っているのである」

□「ランニング・シューズのコミュニティを作りたいなら、

シューズ好きではなくランニング好きに注目すべきだ。

ランニングにおけるシューズメーカーの課題解決や

提供価値を軸にコミュニティを作ると、

それを支持しているファンが集まりやすい。

逆にシューズ自体を軸にしても、

ばらばらな価値観をもったシューズ好きが集まるだけ」

□「共感→熱狂



J大切にしている価値をより前面に出す

K「身内」として扱い、共に価値を上げていく」

□「AKB48は10年以上いろいろ地道にやってきている。

『会いに行けるアイドル』というコンセプトを体現した秋葉原のAKB劇場は、

たった250人しか入れない。

そこで、10年以上毎日コアファンとの接点を持ち、

『コアファンこそが大切だ』

というアピールを続けてきたし、

1日6時間かかる握手会などでコアファンを喜ばせたりしてきた」

□「愛着→無二



L忘れられない体験や感動を作る

Mコアファンと共創する」

□「(広島)球団は約500万円を負担し、

東京~広島間の往復チケットをプレゼントした。

招待された関東在住のカープ女子は148名(応募総数2305名)。

そこでのもてなしが度を超えている。

まず、新幹線の中からして盛り沢山。

お弁当は赤を基本とした特製のものだし、

乗車券拝見に高橋建元選手が登場してキャーだ。

球団キャラであるスライリーも登場するし、

ファンにはよく知られている球団オフィシャルカメラマンの、

やまべくみさんも登場する。

球場に着いてからも手を緩めない。

座席となったパーティーベランダには様々なもてなしが用意され、

食事も決して贅沢なものではないが、

気持ちのこもったもの。

資生堂とのコラボでメーキャップ講座まであったし、

なんと試合前にはサプライズ・ゲストとして前田智徳選手が登場し

キャーキャーである。

前田元選手自ら、見どころ解説や記念撮影なども行った、

最後は大入り袋が配られてのお見送りで、

中国新聞からの号外まで配られたりするもてなしであった」

□「信頼→応援

N人間をもっと見せる。等身大の配信を増やす

Oソーシャルグッドを追求する。ファンの役に立つ」

□「熊本県で長い歴史を持つ鶴屋百貨店では、

従業員が選んだ思い出の商品とそれにまつわる『ものがたり』を、

展覧会および書籍にした。

展覧会では、従業員の写真と個人のエピソードが大型パネルで並んだ。

中略

今まで匿名的な存在だった従業員ひとりひとり

『想いのあるひとりの人間』として見えてくることで、

その百貨店に対する印象はガラリと変わる。

無機質なビルディングが『人間がいる場所』に見えてくる。

しかも百貨店とは『従業員』こそが商品力であり品質なのだ。

彼らを見せることで、応援の気持ちは強くなる」

□「アイドルの条件とは、

単なる美人ではなく、

応援したくなるかどうか」

□「100人のお客より1人の熱烈なファン」

『ファンベースー支持され、愛され、長く売れ続けるために』

佐藤尚之氏・著

http://amzn.to/2G9xXLG

――ここまで――――――――――

【今回と関連するバックナンバー】

263号・佐藤尚之氏『明日のプランニング』

↓↓↓

http://bit.ly/2FNWy9F

254号・元HKTゆうこすさん『SNSで夢を叶える』
↓↓↓

http://bit.ly/2BvmLGy

175号・キングコング西野さん『革命のファンファーレ』
↓↓↓

http://bit.ly/2xvCfVg

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3 コミュニティを作るには?

─────────────────────────

■このメルマガを初めて配信したのが、

2016年6月29日でした。

↓↓↓

http://bit.ly/2soeuvW

■はじめてコンサルを実施し、

そのご感想を頂いたのが

2016年9月7日でした。

↓↓↓

http://bit.ly/2vpC0uu

■そして、「ご感想」を読んだ読者の方から、

「わたしも!」

「ぼくも!」

とコンサルの依頼が少しずつ少しずつ増えていき、

最低1度、コンサルで触れたことがある人数名と集まったのが、

ようやく2018年1月5日でした。

盛り上がって愉しかったですね。

↓↓↓

http://bit.ly/2IFrd6I

■2018年今年になってようやく、

▲オンライン・営業コミュニティ

▲オンライン・数学講師コミュニティ

▲オンライン・美術コミュニティ

▲オンライン・元教え子の先生化コミュニティ(立ち上げ中)

など、複数の「コミュニティ」が立ち上がりはじめています。

■AKBで10年。

それと比べると、私(合田)はまだ2年弱。

完全なるペーペーですよね(笑)

■『ファンベース』で佐藤さんが紹介しているポイントで、

私(合田)の実行リストに入ったのは、

□ファンを喜ばせる。新規顧客より優先する

□「身内」として扱い、共に価値を上げていく

□コアファンと共創する

□人間をもっと見せる。等身大の配信を増やす

の4点です。

■教室にせよ、オンラインにせよ、コミュニティにせよ、

【共に価値を作る・共創する】

ものが喜ばれるし、結果として売れるという点は、

まだまだ小さな形ではあるものの、

オンライン・営業コミュニティではっきりと手応えを得ました。

■ここで学んだことは、

コンテンツを一方的に企画する→一方的に告知する→集客する

では伝わりにくく、

コンテンツを一緒に企画する→先生を一緒に読んでくる→一緒に教えてもらう

だと、伝わりやすいという点です。

■一方で、

私(合田)および、

このメルマガ自体の課題でもあるのですが、

興味・関心の幅を広げすぎていて、

【私(合田)を知っている人】

には伝わるものの、

【私(合田)を知らない人】

には、

口コミや応援の熱量が広がりにくいこと。

これを痛感しているところです。。。

■今まで、メルマガ読者の方で、

そのご家族やお友達、後輩などを紹介してくれた方は、

10人以上いらっしゃいました。

ですが、なんだか、その人にまで熱量を届けられている気がしない。

■なぜだろう?

とずっと思っていましたし、

「なぜ?」

と聞いてみたこともありました。

■現段階でわかっていることは、

▲テーマが抽象的かつ広すぎることー「変化・成長」

▲発信者が有名人ではなく、かつ会ったこともないこと



テーマが抽象的で拡散的×有名人でもなく会ったこともない

=知らない人には刺さらない(泣)

という結果になっていることです。

■これは、人に聞いてわかったのではなく、

私(合田)が発信を続ける中で、

徐々に徐々にわかってきたことでした。

■改善・実行の方向性は2つ、具体的に考えています。

1友人・知人への私信+コミュニティの原点として、このメルマガは改善・継続する

2そこからコミュニティが立ち上がった場合は、このメルマガとは別に、

コミュニティを分岐・枝分かれさせて独立する

■2について、

たとえば、

▲営業・メルマガ+コミュニティ

▲数学・メルマガ+コミュニティ

▲元生徒さん・現先生コミュニティ

▲美術教室コミュニティ

といったようにです。

■この2の行動については、

まず、営業コミュニティを第1弾として分岐・独立させる予定です。

時期は、早ければ2018年3月26日を予定しています。

■等身大の配信が大事だということは、

たとえば先日、熊本で知人と飲んでいたときに、

「メルマガの1番最初の『今日の行動』のとこ”だけ”毎回愉しみにしてるよ笑」

と言われて、

「なるほどね!!!」

と思いました(笑)

■正直、いったいどれだけの価値があるか、

配信している本人としても謎だった「行動記録」ですが、

どうやら、ここ”だけ”は「人間臭」がするみたいですね(笑)

■この「人間臭」のコマめな配信にうってつけだと感じているのが、

Twitterです。

【超短い書評+変化成長(受験生+非受験生)+実行してわかること】

の3本立てで、

2018年4月より、

【1日3ツイート】を実行していく予定です。

■これからも、

私信的メルマガをぜひよろしくお願いします!

そして、もしよろしければ、

一緒にコミュニティを創り上げるなんて

面白くないですかね?

■ちなみに糖質制限66日目の感想。

糖質制限+トレーニングを開始して2ケ月が過ぎました。

「劇的な変化!!!(ライザップのように)」

という感じではなく、

じわじわじわじわ変化してきて、

3ケ月を超えたあたり(2018年4月頃)から、

ハッキリと目に見える成果が出てきそうな予感がしております。

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━