20180313・262号自分でなんとかしようとするだけではなく、他人と力をあわせる

平成30年3月13日 Street&Book Smart262号

■【自分でなんとかしようとするだけではなく、他人と力をあわせる】

    合田啓作(ごうだけいさく)             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信開始から620日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1 2018年3月11日(日)営業・オンラインレクチャー・ご感想1件

2 美術・デザイン・オンラインレクチャー・ご要望1件

3【自分でなんとかしようとするだけではなく、他人と力をあわせる】

今回のメルマガは上記のような構成です。

───────────────────────────────────

■今日は朝から息子を幼稚園へ送ったのち、

予備校にて新入生への営業活動へ。

午後からトレーニングに行ったのち、

オンライン・映像授業1件。

その後、美術・デザインオンラインレクチャーの打ち合わせです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1  2018年3月11日(日)営業・オンラインレクチャー・ご感想1件

━━━━━━━━━━━━━━━━

■3月11日(日)、

午前9時より

営業オンラインレクチャーの3回目を実施しました。

■以下、参加者の方からご感想を頂きましたので、

一部ご紹介致します。

——ここから——————————

今回も朝からありがとうございました!

3回目のオンラインサロンで改めて思ったのは、

結果を出すためには

【どれだけ当たり前のことを徹底するか】

と言うことです。

今回も途中でお話しさせていただきましたが、

話を聞いていると、自分の体験したことがあるような事が多々あり、

ただ、それは気にしてはいなかった事実でした。

しかしそのような当たり前に経験したことあるような事が

儲けることに繋がるとは到底思っていなかったので、

それだけで意識を変える事ができると思いました。

成果を出す公式のお話も、よく考えたら

大学受験時代などにも聞いた事がありましたし、

相手の些細なネガティヴ発言を無視してはいけない

と言うのも以前アルバイト中に聞いた事がありました。

やはり、これから成長していくためには

これまでの経験というものが欠かせないものであり、

改めて、今までの経験を思い出す事が必要だと思いました。

次回もよろしくお願いいたします。

(T・Tさま)

——ここまで——————————

■Tさん、

ご感想を頂き有難うございました!!!

■ご興味のある方へ、

当時の内容を一部紹介しますね。

——ここから——————————

▲私(田島)は疑り深い性格

例)顔が笑っていても、「このお客さんは本当はどう思っているのか?」が気になる

▲答えは100対0で相手が持っている・答えは相手の中にしかない

▲成果=質×量×時間(スピード)

▲質とは

例)お客さんへの提案時に、どれだけの「そうなんだよ!」を引き出せるのか?

▲質を上げるとは

狙ったものを必ずおとす(高単価だとなおよい)

▲「100点を目指さない」

例)新人さんはいきなり100点を目指してしまう

▲相手のネガティブな反応を絶対にスルーしない

ー意識していないとスルーしてしまう

ーネガティブな言葉1つの背景には100のネガティブな感情がある

▲いきなり100点を目指すのがまずいのは?



経験がないので100点に到達するまでに時間がかかる



時間がかかったあとにお客さんのところに持っていく



時間がかかる×お客さんにとっての100%ではない



お客さんにとっては、「待たされる」×「思っていた方向と違う仕上がり」

▲田島くんの場合、最初にどんどんヒアリングをする



100%作るのではなく、荒削りにざっくり作る



お客様と共有・確認しながら進めていく

▲お客様は途中過程で「心変わり」がしばしば起こるので、

ヒアリング→荒削り→共有・確認が必要

▲ゴールは、「納品」ではなく、「お客様の満足」

▲失敗例・部下の方

▲「よかれ」と思って失敗を繰り返していた新人時代と現在の行動面での違いは?

▲「よかれ」と思って失敗を繰り返していた新人時代と現在の思考面での違いは?

▲「お客様は神様です」という考え方では成果が出ないところまで行き着いた

▲すべては「勝負」という営業部長の教え

▲数字を出している前任者がいる場合

ー完全に前任者をコピーしにいく

▲細部の行動に細かく悩む

▲前任者と比較して数字が良くなった部分→率直にお客様に聞く

ーこれをたくさんの先輩に繰り返す

▲自分の武器をどう認識し、気づいたのか?

▲飛びぬけた成績をあげる営業マンとは?

▲扱っていることが知られている×頼みたいと思ってもらえる=営業

▲優れた商品を知っているお客様は優れた商品を知っていることに優越感を感じる

×いかに紹介してもらうか

○いかに自分から離れられなくなるか

▲確率が高い行動を選択し続ける

——ここまで——————————

■ちなみに次回の内容は以下の予定です。

▲【3/18(日)午前9時〜午前10時30分

第4回予定

営業とマーケティング

ー「売る」のではなく、「売ってください」と言ってもらうには?

例)商品を必要とするお客様の潜在ニーズにどうアプローチするか?】

■音源を購入してみたい方、

直接参加されたい方、

直接質問してみたい方、

ご要望がある方は、

以下までご連絡下さい!


keisakugoda@icloud.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2 美術・デザイン・オンラインレクチャー・ご要望1件

─────────────────────────

■先日、友人でアーティスト・美術教師の浅野くんから、

以下のようなメールを頂きました。

——ここから——————————

ご無沙汰。

メルマガペースゆっくりになったねー

前は移動時間にまとめ読みしとったけど、

今は待つ余裕が出来ましたよ。

俺にはちょうど良いペース。

さて、この前のメルマガに

■今年、2018年は、

▲ご自身の変化・成長を信じていて

▲学ぶことに貪欲で

▲信じていて、貪欲であればこそ、

目標と現実との間にギャップを感じていて

▲それをなんとかして、少しでも埋めてやろう

という方と、個別具体的なコミュニティを10個立ち上げる予定です。

と、あったのと、以前以下の様に

【絵画・デッサン・工作などの初歩の初歩を、子どもたちに教えたい人、あるいは教えてもらいたい子どもを今、探している最中です】

あったのを自分勝手に組み合わせ解釈して、何かやれんかなー

というか、

浅野の変化・成長に力をかしてもらえないかなーと思いメールしました。

「何したいん?」と聞かれても具体策は出てないんやけど、

前話してくれてた公文的な何かとか、

そもそもどんな手立てが考えうるのか、

一緒に考えて頂けると幸いです。

ご検討よろしくお願いします!

——ここまで——————————

■で、本日浅野くんと打ち合わせ予定です(笑)

■追ってまたこのメルマガで、

進捗や募集など、

お知らせできればと思います。

「美術」や「デザイン」にご興味がある方、



keisakugoda@icloud.com

までご連絡下さい!!!

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3 自分でなんとかしようとするだけでなく、他人と力をあわせる

─────────────────────────

■10代、20代の頃、

「1人で生きていけるようになること」

を目標に生きていました。

■1人で生きていけるだけでなく、

願わくは、

「どこでも」生きていきるようになりたいと思っていました。

■だからこそ、

▲カナダ

▲アメリカ

▲ヨーロッパ

▲台湾

▲中国

▲南米

とさまざまな場所へ向かっていたように思います。

■昨日、ひさびさに熊本に行き、

オンライン・映像授業の生徒さん2名と会食しました。

■1人は九州大学・医学部へ、

もう1人は熊本大学・医学部へ進学することが決まったので、

そのお祝いを兼ねた会食でした。

■途中、

去年の生徒さんで、

九州歯科大学への進学を迷う生徒さんとも会食しました。

■そこで強く感じたのは、

「どれだけ有能であっても自分でなんとかするだけでなく、

他人と力を合わせることで力を大きくすること」

です。

■さっそく、

九大・医学部のSくんと熊大・医学部のTくんとは

「チーム家庭教師」という私(合田)を含めたコミュニティを立ち上げ、

▲オンラインを中心に

▲医学部を受ける、現役私立高校の生徒さんをターゲットに

▲医学部受験で必要な技術と知識を伝え、サポートする

サービスを開始していくことを決めました(笑)

■オンライン営業セミナーを一緒にやっている田島くんにせよ、

美術・デザインの連絡をくれた浅野くんにせよ、

そして、「チーム家庭教師」のSくんやTくんにせよ、

1人で閉じることには限界があると思います。

■たとえば、

▲家族

▲友人

▲知人

▲宣伝広告

▲SNS

▲口コミ

▲メルマガ

▲体験談

といった、

複数の伏線が重なってお客さんやその候補となる方に刺さっていく中で、

はじめて、渦を巻き始め、

人が行動に駆り立てられたり、

コミュニティが立ち上がっていくのではないでしょうか。

■そう考えると、

「自分でなんとかしようとするだけでなく、他人と力をあわせる」

というのは、

2018年度中に10個コミュニティを立ち上げようとする私(合田)だけではなく、

読者の方にも重要なポイントではないでしょうか?

■ちなみに糖質制限59日目の感想。

今日はトレーニング後、

ひたすら牛・豚・鶏肉を食いまくりました(笑)

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━