20180309・261号変化・成長で大事なことは、10冊読むことよりも、1行を100回実行すること

平成30年3月9日 Street&Book Smart261号

■【変化・成長で大事なことは、10冊読むことよりも、1行を100回実行すること】

    合田啓作(ごうだけいさく)             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<配信開始から620日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1 2018年4月1日(日)数学・オンラインレクチャーのお知らせ

2【変化・成長で大事なことは、10冊読むことよりも、1行を100回実行すること】

今回のメルマガは上記のような構成です。

───────────────────────────────────

■今日は終日休み。

妻や息子と過ごしていたら、

家の真ん前で自動車同士の交通事故が発生し、

車が横転しておりました。。。

みなさま、お気をつけ下さい!

夜は1件会食です。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1 2018年4月1日数学・オンラインレクチャーのお知らせ

━━━━━━━━━━━━━━━━

■きたる4月1日(日)、

午前9時より

数学オンラインレクチャーの1回目を実施します。

■テーマは以下。

【2018年九州大学数学入試問題を、

駿台・河合・代ゼミ・東進などの解答例を参照・比較した上で、

「生徒さんにとって、本番で実現可能な指導とは?」

というテーマで講評】

する予定です。

■対象となる方は、

▲プロ・アマ問わず、数学を教えている人(これから教える予定の人)

▲「結果が出る」=生徒さんの点数が上がる・合格する、に関心がある

方々です。

■今後の予定ですが、

▲教材作成・販売

▲オンライン・映像授業の実施

▲塾などがない地域での、季節限定授業

▲中学・高校などの先生方を招いたレクチャー

などを予定しております。

■2回目は4/15(日)

時間は午前10時スタートの予定です。

■直接参加されたい方、

直接質問してみたい方、

直接参加できないので音源を購入してみたい方、

ご要望がある方は、

以下までご連絡下さい!


keisakugoda@icloud.com

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2【変化・成長で大事なことは、10冊読むことよりも、1行を100回実行すること】

─────────────────────────

■昨夜、友人の数学講師の方と会食しておりました。



https://tabelog.com/fukuoka/A4001/A400101/40002260/
(安くて、美味くて、最高です!!!)

■その方は、

▲高校野球

▲大学ラクロス

▲大学ラクロス選手兼コーチ

▲数学講師

を経験された方なのですが、

「変化・成長」に関する興味関心が極めて近いことに盛り上がりました!

■私(合田)の癖で、

飲み会がいつの間にかインタビューになってしまうのですが(汗)

その方がおっしゃっていた「変化・成長」の重要ポイントとは?

■それは、

「10冊読むことよりも、1行を100回実行すること」

でした。

■ここでの「10冊」とは、

<やみくもに量を増やすこと>

を指します。

■一方、「1行を100回実行」とは、

<「基礎」を徹底反復し、

無意識に高速で再現できるレベルまでもっていくこと>

を指します。

■たとえば、

高校野球でも、

大学ラクロスでも、

数学でも、

もちろん、「ずば抜けた才能」というものは存在します。

■「ずば抜けた才能」とは、

はじめから「できる感覚」がわかること。

■野球であれば、

▲「打つ」ということが、理屈ではなくはじめから感覚としてわかる

ラクロスであれば、

▲「パスをする」ということが、理屈ではなくはじめから感覚としてわかる

数学であれば、

▲「問題を解く」ということが、理屈ではなくはじめから感覚としてわかる

■もっと言えば、

スポーツでは

▲身長

▲体重

▲柔軟性

▲身体のバネ

といった、歴然とした「差」が存在する。

■こうした「才能」や「差」をふまえて尚、

「変化・成長」を着実に遂げていく人の共通点は何か?

■それは、

「10冊読むことよりも、1行を100回実行すること」

です。

「1行を100回実行すること」を着実にやった人が、

たとえば、

次にA→そしてB→そうするとCという結果になるだろう

と仮説を立てて、身体と連動させたとき、

ドンピシャで仮説と身体が連動し、

この上なくうまくいく瞬間が訪れる。

■ドンピシャでうまくいくから、

もちろん自信になりますよね。

そして、仮説と身体連動のレベルが徐々に向上し、

次の一手やアクションへのスピードと精度も相乗的に上がっていく、

という流れが出来上がります。

■これって実は、

スポーツや楽器演奏だけではなく、

勉強も、営業も、経営も、

すべての「変化・成長」に応用可能ではないでしょうか?

■スポーツや楽器ではみんな理解しているのに、

勉強や、営業や、経営でないがしろにされがちなのが、

身体を使って「1行を100回実行すること」という点でしょう。

■友人の話が「変化・成長」の示唆に富んでいたので、

メルマガでもシェアさせて頂きました!

素敵な週末をお迎え下さい!

■あ、ちなみに、3/11(日)午前9時より、

オンライン営業レクチャー

【お客さんが「本当にいいたいこと・感じていること」

をどのように見極め、提案を行っているのか?

ーいい提案VSダメな提案とは?

例)自分(田島)が失敗した例、うまくいった例、部下が失敗した例、うまくいった例】

も実施しておりますので、

ご参加ご希望の方は↓までご連絡下さい!

keisakugoda@icloud.com

■糖質制限55日目の感想。

会食では「肉」や「魚」を選ぶと、

糖質制限にまったく問題なく愉しめますね!

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━