20180116・244号なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?

平成30年1月16日 Street&Book Smart244号

■【なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?】

    合田啓作(ごうだけいさく)             
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信開始から575日以上に渡って継続中の

Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1メルマガ読者の声・1件

2『ダイエットは目標設定が9割』

武内 教宣氏

http://amzn.to/2myDY8P

3【なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?】

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■本日の福岡、うってかわってめっちゃ暖かい(笑)

約16~17℃だったようです。

朝からトレーニングに行き、

その後、授業×3。

帰宅後、自転車修理+カスタム依頼のため、

近所の自転車屋さんsputnikへ。

http://sputnikcycle.jugem.jp

帰宅後、オンライン・映像授業の予定でした。

■自転車の修理+カスタムに行ったのは、

せっかくトレーニングもするので、

ちょっとした移動には自転車をもっと使おうと思ったから。

■イメージとしては、

現在乗っているFuji Classicの車体を使って、

こんな感じ↓

http://www.abovebike.com/_MG_5398.jpg

こんな感じ↓

FUJI STROLL PROMENADE 01

にしようと思っています。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者の声・1件

━━━━━━━━━━━━━━━━

■現在、オンライン・コンサルでもご一緒させてもらっている、

E・Fさんからお便りを頂きました。

——ここから——————————

合田さん

お誕生日おめでとうございます!

いつもご指導ありがとうございます。

今年は更に変化すべく、

精進しますので、

どうぞご指導お願い致します。

たくさんの幸せが訪れる1年となるよう、

お祈りしております。

ご多忙かと思いますが、

素敵なお誕生日をお過ごし下さい。

直接お会いできる日を楽しみにしています!

(E・Fさま)

——ここまで——————————

■E・Fさん、

わざわざお祝いのお言葉、

有難うございます!!!

■おかげさまで、

昨日は妻・娘・息子からも祝ってもらい、

幸せな気持ちを満喫した1日になりました。

■オンライン・コンサルの件、

少しずつ、着実に前に進めていきましょう!

■次回はオンライン・コンサルは

1/24(水)、引き続き宜しくお願い致します!!!

お祝い頂き、有難うございました!

━━━━━━━━━━━━━━━━

2『ダイエットは目標設定が9割』

武内 教宣氏

http://amzn.to/2myDY8P

━━━━━━━━━━━━━━━━

■本日、ジムにて体脂肪率をはかったところ、

ちょうど20%でした。

■30代男性の平均体脂肪率として

▲~10% 痩せ

▲11~16% 標準(−)

▲17~21% 標準(+)

▲22~26% 軽肥満

▲27%以上 肥満

というデータを目安にすると、

私(合田)は限りなく「軽肥満」ですね(汗)

■目標値としては、

まずは15%(標準−)を

2018年7月中を目処に達成する。

■5%減るだけで、

体重にすると4〜5kgほど減ることになります。

■15%を達成した段階で、

また次の目標を設定する予定です。

■今回は、

「なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?」

について

以下、一部引用します。

——ここから——————————

□「なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか。

その理由は4つあります」

□「1計画の立て方が間違っている

2正しい行動ができていない

3振り返りをしていないので同じ失敗を繰り返す

4自分を客観的に見ていない」

□「1 計画の立て方が間違っている

『3ケ月で10キログラム痩せたい』

という目標を立てている人は失敗します。

なぜなら、ダイエットには

1ケ月に落としてもいい体重の上限値があり、

それを超えるとリバウンドしやすくなるのです」

□「リバウンドしない体重の落とし方は、

1ケ月で現在の体重の5%まで。

半年で現在の体重の10%までです」

□「2 正しい行動ができていない

10キログラム痩せるという大きな目標に対して、

わずか10分のウォーキングを

気が向いた時だけ行うという少ない行動量。

脚を細くしたいという目標に対して、

筋肉にボリュームを出すエクササイズを行う

などが失敗につながるケースです」

□「3 振り返りをしていないので同じ失敗ばかり繰り返す

どのような運動を、どれだけ行ったら、どんな成果になったのかを

把握しているでしょうか。

それらを把握せずにダイエットを続けても、

同じ失敗を何度も繰り返してしまいます。

行動力はあるのに結果が伴わない人に

ありがちなケースです」

□「4 自分を客観的に見ていない

体重や脂肪の落ち方というのは、

ある程度の日数を重ねることで変化に気づきます。

友達と会う約束を入れたり、

家族や恋人にダイエットをしていることを伝えるだけでも、

他人からのフィードバックを得られます」

□「男性は凝り性(オタク気質)な性格の人が多く、

好きなエクササイズを追求します。

ベンチプレスなど1種目だけに30分も40分も行います」

□「バランスよく鍛えられれば良いのですが、

偏ったトレーニングになりやすいのが

男性の失敗のパターンです」

□「生物学上、女性は1度に1人の男性の遺伝子しか妊娠できません。

『子孫繁栄のため選ばれないといけない』という本能があるのです。

なので、色々と試した上で、

本命を見つけたいという女性が多いのです。

色んなダイエット法に挑戦してみるものの、

成果が出る前に他のものに移ってしまうのが

女性の失敗パターンです」

□「ダイエットが続かない理由の1つに、

痩せている実感がないことによるモチベーションの低下があります」

□「脂肪が燃えるという表現をしますが、

燃えた脂肪は『水』と『二酸化炭素』に分解されて

体の外へと出ていきます。

水というのは汗・尿・涙などです。

トイレに行ったり、運動でかいた汗の中に

混ざっています。

二酸化炭素は、息を吐いた時に排出されます」

□「オーストラリアの大学による研究データでは、

脂肪が分解される割合は15パーセントが水、

85パーセントが二酸化炭素と言われています」

□「二酸化炭素は目で見ることができません。

汗や尿は目で見られますが、

それが脂肪だという認識はありません。

そのため、実際は脂肪が燃焼されているにもかかわらず、

本人が認識できずに

『頑張っているのに痩せない』と錯覚してしまうのです。」

□「運動をすると呼吸の回数が増えますし、

汗をかきます。

水分補給もするので排出も増えます。

なので、実際は運動中に

ダイエットの成果は出ているのです」

□「これからは汗をかいたり、

呼吸をしている時に

『今、私の体から脂肪が燃えているんだ』

と思いながら、

モチベーションを上げていきましょう」

——ここまで——————————

『ダイエットは目標設定が9割』

武内 教宣氏

http://amzn.to/2myDY8P
————————————————

■それでは、

「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」

【すぐに行動に移せる1テーマ】=大きなことも小さな一歩から

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.【なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?】

─────────────────────────

■なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?

■武内氏は以下の4点を挙げていました。

1 計画の立て方が間違っている

2 正しい行動ができていない

3 振り返りをしていないので同じ失敗を繰り返す

4 自分を客観的に見ていない

■これって、ダイエットに限らず、

全ての変化・成長にあてはまりますよね。

■たとえば受験で言うと、

1 計画の立て方が間違っている

→例)1ケ月で偏差値15あげる

2 正しい行動ができていない

→例)医学部に行くと言っているのに、気が向いたときしか勉強しない

3 振り返りをしていないので同じ失敗を繰り返す

→例)いつもセンターの本番「だけ」で失敗し、

その原因をおさえていないor原因への対策を行っていない

4 自分を客観的に見ていない

→例)記録をとっていない・人からのフィードバックを受けない

人からのフィードバックを受けても無視する

■仕事の一環として、

受験に関係する仕事をする中で

「ハッキリ」と

骨の髄まで実感したのは、

▲供給側は「即効性」を強く謳う

例)なんであなたが○○大に!?

1ケ月で10kg痩せる!!!

▲一方で、多くの需要者は

期待が大きい割に、想定している時間は短い

例)短期間で一気に成績が上がると思っている

1ケ月で10kg痩せると思っている

▲期待が大きく、時間は短い中で、

なかなか「目に見える成果」を実感できない

例)ほんとに成績が上がっているのかな?

ほんとに体脂肪落ちてんのかな?

▲「即効性」を強く謳う供給側

VS期待した「即効性」が得られずモチベーションが下がる需要側

の対立は解消せず、挫折者が続出する

という流れです。

■こうして見ると、

受験とダイエット業界は

挫折の仕方がほぼ同じですよね。

■だからこそ、

1基礎を理解し、覚える

2基礎を実行・実践する

3「プロ」からフィードバックを受ける

という3点が、

受験でもダイエットでも、

あらゆる変化・成長では重要になってきますよね。

■たとえば、

「ああ、脂肪おちてんのかなー?」

と漠然と悩んでいるのと、

「脂肪は15%が水分、85%が二酸化炭素として放出されている」

と基礎知識を知っているのでは、

同じ事態に直面したときも

全く違う反応になってきますよね?

■さらに1点、最重要なポイントを勝手に挙げると、

「軽い気持ちで始める」

「ショボくスタートする」

ということでしょうか。

■というのも、

あるタイミングがくれば、

【伸び悩み】の時期が必ず来るし、

人間なんだから、

【ま、いっか】ってなるときもあるし(笑)、

【生まれ変わるんだ!!!】なんて大袈裟なこと言わないで、

てきとーな方が続くからです。

■なぜ人はダイエットに挫折してしまうのか?

■それは

1 計画の立て方が間違っているから

2 正しい行動ができていないから

3 振り返りをしていないので同じ失敗を繰り返すから

4 自分を客観的に見ていないから

そして

5 ハリキリすぎて、「凡庸な自分」を忘れるから

■今後、何かを新しく始められる際には

上記の5点を覚えておかれるといいのではないでしょうか。

■ちなみに、

【糖質制限3日目】の感想。

鶏肉や魚だけを食べても、

十分に「お腹いっぱい」になる。

◎Street&Smart(変化・成長)を実現していく

【Street & Book Smart】

バックナンバーはこちら
⇒http://www.streetandbooksmart.com/mail_m/category/backnumber/

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━