20171018・181号ゲリラにとっての詐欺とは6ーまさかそんなはずがない

平成29年10月18日 Street&Book Smart181号

【ゲリラにとっての詐欺とは6ーまさかそんなはずがない】

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<配信開始から470日以上に渡って継続中の
Street & Book Smart Highlight(ハイライト)>

1.メルマガ読者のご感想・1件

2.『世界No.1詐欺師が教える 華麗なる騙しのテクニック』

フランク・W・アバグネイル氏

3.【ゲリラにとっての詐欺とは6ーまさかそんなはずがない】

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■一昨日、昨日と体調が最悪だったのですが、

僅かに快復してきました!

今日は、朝から授業×4。

その後、移動して授業×1。

帰宅後、2230よりオンライン・サロンです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者のご感想・1件

━━━━━━━━━━━━━━━━

■以下、一部引用します。

ーーーここからーーーーーーーー
合田さん

「詐欺」の会も楽しみにしています。

次に私は

「詐欺師だ!」

と誰かから非難されれば、かなり優秀な受講者になりますね笑

ちなみに村上春樹は蓮實重彦に

「結婚詐欺のような小説だ」と言われました笑

(I・Sさま)

ーーーここまでーーーーーーーーー

■I・Sさん、ご感想を頂き有難うございましたー!

私(合田)の記憶によれば、

蓮實重彦氏(東大・元総長)は、

「村上春樹作品は結婚詐欺だ・・・村上春樹を読むな」

という主旨のことを言っていましたよね。

■敢えて優秀な「結婚詐欺師」を定義すると、

▲相手に夢を見させ

▲喜んでその気にさせ

▲根源的な欲望に触れる

ことができるという点でしょう。

■その点で言うと、

蓮實氏が言うように、村上氏は「優秀な結婚詐欺師」かもしれませんね(笑)。

だって、人々の根源的欲望に触れなければ、

これだけ世界中で読まれるわけはありませんから。

■合間に読書。

元・伝説の詐欺師で、

その後、詐欺師体験をベースに、

セキュリティ・コンサルタントに転身した、

フランク・W・アバグネイル。

https://ja.wikipedia.org/wiki/フランク・アバグネイル

■詐欺師だからこそ、

いや、詐欺師しか気づかない視点・ディテール満載で、

めちゃくちゃオモロイです(笑)

■レオナルド・デカプリオ主演、

‘’ Catch Me if You Can”という映画のモデルにもなっています。

以下、一部引用します。

━━━━━━━━━━━━━━━━

2.『世界No.1詐欺師が教える 華麗なる騙しのテクニック』

フランク・W・アバグネイル氏

━━━━━━━━━━━━━━━━

□「16歳から21歳までに、

私はパンナムのパイロットになりすまし、

小児科医になり、

そして、

地方検事補、社会学教授、株式仲買人になった。

私は学校で10年生にもならなかったが、

無限の想像力に恵まれたので、

その5年間で100万通りもの人生を生きた。」

□「私が腕のいい詐欺師になれたのは、

写真機のような記憶力のおかげであり、

そのために、ごく短い時間のうちに知識を獲得し、

化けようと思った人物を演じることができたのだ。

また、集中力もなみはずれていた

さらに、観察力がきわめて鋭く

ほかの人が見過ごす小さなことも、

かならず気づいていた。」

□「5年前よりも今のほうが簡単に詐欺ができるのだ。

その理由はひとことで言えるーテクノロジーだ。

テクノロジーが犯罪を生み、

それはいかなる時代でも同じだ。」

□「爆弾魔や連続殺人犯には

特定のプロファイルがあるかもしれないが、

詐欺師にはないのだ。

そして犯人はほとんどの場合、

もっとも盗みを働きそうにもない人物である。

従業員に横領された会社から私に電話が入るときに、

こう嘆く社長はいない。

『雇って半年なのだが、使いこみをしていることがわかったんだ』

彼らはこう言うのだ。

『20年もうちで働いていた男です。聖者のような人でした。

兄弟のように信頼していたのに。

そんな彼が私から金を盗むなんて信じられません』

□「未来の犯罪はアイデンティティ窃盗である。

誰かがあなたに関する基本情報を手に入れ、

あなたになりすまして、

あなた名義のクレジットカードで買い物をしたり、

銀行から預金を引き出したりするのだ」

□「覚えておいてほしいのは、

横領犯はたいていが1番疑わしくない人物だということだ。

これが横領の興味深いところである。

まだどんな人物かわからない

入ったばかりの従業員が犯人であることは、

めったにないのだ。

するぞうな目つきをしていたり、

目にギラギラと悪意をみなぎらせていたりする人が

横領犯であることもほとんどない。

犯人はたいてい、とても感じのいい人物だ

あなたとデスクを並べ、一緒にランチを食べたり、

日曜日の教会でとなりに座っていたりする。

1番多いのは、会社に長くいて、

無条件に信用されている人物である

□「数年前に行われた調査によると、

従業員の1割はつねに盗み、

1割は絶対に盗まないが、

残りの8割はしかるべき動機があれば盗みを行うという」

□「釣り銭詐欺にひっかからないようにするために重要なことは、

決してふたつ以上の取引を1度に行わないことだ。

次の取引を始める前に、ひとつを完結させておく

釣り銭詐欺師は、20ドルと10ドルを両替するなど、

1度にふたつの取引をしかけて、

あなたを混乱させようとする」

□「きわめて平凡な作業をして、

高い賃金がもらえる仕事を紹介する広告や手紙は、

つねに避けて通ったほうがいい。

この基本的な詐欺にはさまざまな手口があり、

どれも実に魅力的なうたい文句を並べる」

□「慈善事業を語る詐欺も非常に多い。

人々は、お涙ちょうだいの物語を聞かされると

警戒心がゆるむものだ。」

□「どんなときでもサインをする前に

その書類をよく読もう。

まず細かい字で書かれた部分を先に読むことだ。

通常、トラブルはそこに隠れている

□「どんなカードでも、

その発行元で内部管理が徹底されていなければならない。

たとえば、カードの暗号化を担当している職員が、

暗号を犯罪者に1万ドルで売りたいと思ったとしても、

それを確実に抑えるすべはない。

1番の防衛手段は、

どんなカードを持っていようと、

カードの利用明細書につねに目を光らせておくことだ。

たとえ請求額が5ドルであろうと、

500ドルであろうと関係ない。

カードの発行元と詐欺師が、

相手に先んじようと緊迫した闘いを繰り広げている中で、

それこそが私たちにとっては、

詐欺にあったことを教えてくれる唯一確実な方法なのだ」

『世界No.1詐欺師が教える 華麗なる騙しのテクニック』

フランク・W・アバグネイル氏

————————————————

■それでは、
「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」
(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)
 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.【ゲリラにとっての詐欺とは6ーまさかそんなはずがない】

─────────────────────────

■アバグネイルから学んだ教えを一言でまとめると、

「まさかそんなはずがない」に気をつけろ!

■例えば、アバグネイル氏は以下のように発言しています。

「私がパイロットや医師を装ったのは、

そうすれば、不渡り小切手を換金するのが確実になり、

次々に女性をものにできたからだった。

ホテルの従業員や商売人は、

パイロットや医師には、

あれこれと質問などしてこないのだ」

■冒頭でI・Sさんの「結婚詐欺」の話でもありましたが、

▲パイロット

▲医師

▲弁護士

など、社会的にステイタスがあり、

収入もあり、

もし雰囲気もそれに見合うものであったなら、

「落ちる」女性はきっと多いですよね。

なぜなら、「まさか詐欺師のはずはない」から。

■結婚詐欺師が落としやすい女性の特徴は、

▲真面目で優しい女性→人を疑わない

▲お金を持っている女性→すぐにお金を出してあげる

▲内向的で恋愛経験が少ない女性→おかしさに気づかない

▲面倒見が良く母性が強い女性→困っているからなんとかしてあげたい

らしいです(汗)

■そういえば高校のとき、

体育時間の更衣室で連続盗難事件が起きたことがありました。

しばらく犯人は捕まらなかったのですが、

なんと、その犯人だったIくんは、

▲見るからに人の良さそうなヤツ

▲まさか盗みなんて微塵も働きそうにないヤツ

▲温和・温厚な性格で知られているヤツ

と、「盗難」からはほど遠いイメージでした(汗)

「まさか盗むはずがない」。

■その後、いくつか類似の経験をする中で、

「横領や盗難の犯人は、まさかそんなはずがない人」

というのは合点がいくようになりましたね。

■むしろ、「まさかそんなはずがない」というのが、

マジックのようなもので、

こちらの認識で制限が加えられているわけです。

だからこそ、「横領や盗難」を働く余地が生まれる。

■他にもアバグネイル氏のアドバイスで参考になったのが、

▲道端で安易に署名に応じない→何に使われるかわからないから

▲慈善事業に気をつける→無条件で「正しい」という認識制限が加わるから

▲サインをするときは小さい文字から見る→そこに「言いたくないこと」が書いてあるから

▲カード請求書→詳細を確認する

という点。

■特にカード請求は気をつけたいですよね(汗)

なぜなら、最近のカード請求は全てオンラインで来るから。

以前、イタリアに行ったときホテルで、

「カードが通らないから」

と言われ、2~3度カードリーダーに通されたことがありました。

帰国後確認したら、見事に3泊分請求されていて笑いましたね(笑)

おそらく、こういうことって現在でもあると思うのですが、

オンライン請求では、

▲メールがくる

▲クリックする

▲パスワードを入力する

▲画面が開く

▲請求書部分をクリックする

と、工程が5つくらいあるため、

ついつい面倒臭がって確認しないことがありました(汗)

反省です。

■詐欺師から詐欺コンサルタントに転身したアバグネイル氏。

映画もあわせて是非チェックしてみて下さい!

【ゲリラにとっての詐欺とは6ーまさかそんなはずがない】
・サマリー
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Street & Book Smart Summary ┃
┃                ┃
┃■「まさかそんなはずがない」   ┃
┃                       ┃
┃に気をつけろ!            ┃
┃                 ┃
┃                 ┃
┃                 ┃
┃■なぜなら            ┃
┃                 ┃
┃「まさかそんなはずがない」  ┃
┃                 ┃
┃というのは、         ┃
┃                 ┃
┃マジックのようなもので、   ┃
┃               ┃
┃こちらの認識に        ┃
┃               ┃
┃「まさかそんなはずがない」  ┃
┃               ┃
┃と制限が加えられているから  ┃
┃                 ┃
┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━