20170616・102号ゲーム・受験・ビジネスの共通点は?

平成29年6月16日 Street & Book Smart 102号

■【ゲーム・受験・ビジネスの共通点は?

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100号突破!配信開始からもうすぐ365日!!!

Street & Book Smart& Highlight(ハイライト)>

1. メルマガ読者の方・ご感想2件

2. 『リクルートの すごい構“創”力』

杉田浩章氏・著引用

3.ゲーム・受験・ビジネスの共通点は?+サマリー

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■今日は日中・授業×2。

その後、移動して現役生向けの授業×1です。

移動中、メルマガ読者のEさんにバッタリお会いしました!

>Eさん

ご連絡お待ちしております(笑)!

その後、7/6に筑紫丘高校で行う、

小論文授業準備に格闘中です。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者の方・ご感想2件

────────────────

■以下のようなお便りを頂きました。

 以下、一部を引用します。

(ここから)
 ————————————————–

就職活動は先程通知が来まして

最終選考に落ちました!
 
残り1社残っており、
その二次選考を来週受けてくるのですが、
日程の間隔が長いことと、
残り1社が落ちれば一からやり直しになるので
就職活動は暫くかかりそうです。笑
 
就職活動が決まるまで待っていたら
だいぶ時間が無駄になり、
同時並行で動きたいと思っていますので
サロンが決まり次第ご連絡して頂けると助かります!

(G・Nさま)

————————————————–
 (ここまで)

 

(ここから)
 ————————————————–

私事ですが、

○○のシステム開発会社に内定をいただきました。

他□□のシステム開発会社にもいただいたのですが、

会社の勢いなど多くの要素を加味した上で決断しました。

来春から社会人一年生として、

社会に揉まれながら、

一人前のSEとして邁進していきます。

これからも何卒よろしくお願いします。

(M・Yさま)

————————————————–
 (ここまで)

■G・Nさん、M・Yさん、

ご感想、ご報告を頂き、有難うございました!

 

>G・Nさん

まずは、サロンをどういうゴール設定・目的・形態でやるか、

それ自体を決めるオンライン・ミーティングをやりませんか?

例えば、6/18(日)午前中はいかがでしょう?

>もし読者の方の中で、

このミーティング(もちろん無料)に参加されたい方がいらしたら、

keisakugoda@icloud.com

までご連絡下さいっ!

 

>M・Yさん

内定おめでとうございます!

住む場所など決まられたら、是非ご一報下さい。

今後とも宜しくお願い致します!!!

 

■続いて読書。

ロールモデルにさせて頂いており、

直接お会いしたことともある、

株式会社SBIC代表取締役・鬼頭宏昌氏が激賞されていた、

『リクルートの すごい構“創”力』杉田浩章を1周目読み終えました。

▲サラリーマン時代の上司がリクルート出身だったこと

▲コンサルをして頂いている先輩経営者がリクルート出身であること

などを回想しつつ、

【自分が弱者であること】

を意識して、

【今すぐ実行することはないか】

と考えながら読みました。

 

━━━━━━━━━━━━━━━━

2. 『リクルートの すごい構“創”力』

杉田浩章著

http://amzn.to/2syX8AW

────────────────

■以下、一部引用します。

————————————————

□「リボンモデルは、蝶ネクタイのような形をしている。

左側の三角が、個人や一般の消費者(カスタマー)

右側の三角が、企業や事業者(クライアント)で、

両者をつなげる結び目がリクルートだ。

左右両サイドの端では、まず個人や企業を「集め」

何らかの働きかけをすることで両者の行動を変化させて「動かし」

中央のマッチングポイントで「結びつける」ことでリクルートが収益を上げる。

この結び目が大きければ大きいほど、

マッチングの総量は大きくなる

この総量が増える(ベストマッチングが増える)と、

自分の求めるものを見つけられる個人が増えることになるし、

企業は、商品やサービスを求める人に、よりたくさん提供できることになる。」

 

□「利用者を集めた人気商品・サービスになったのに、

売上や利益が伸びずに撤退してしまった新規事業は

リクルートのリボンモデルで言うところの

「リボンの片側しか見ていなかったから」

ということが非常に多い。

特に、収益化が成らなかったベンチャー企業には

このケースが多いように思う。

ビジネスの視点が、自社と消費者・サービス利用者

という2者だけで閉じているのだ。

こうした企業では、ビジネスのフォーカスはあくまでも、

消費者の「不」の解消だけだ。

 

□「実は、一般の企業で言われている、お客様の「ニーズ」と、

リクルートにおける「不」は、大きく異なる。

「ニーズ」は、言葉通り、お客様が求めているもの。

一方の「不」には、それだけでなく、

リクルートが考える、あるべき社会の姿が反映されている。」

 

□「3つの「不」

1見過ごしがちだが誰も目をつけていなかった「不」かどうか

2その「不」は、本当に世の中が解決を求めているものなのか。

既存の産業構造を変えるほどの、大きな可能性を秘めているのか。

3その「不」を解消することが、収益につながるかどうか

 

□「KPIとは重要業績評価指標と訳され、

一般的には事業の進捗や効果を測るうえでカギとなる指標を指す。

リクルートにおけるKPIは、

事業の価値向上に直結する行動や指標を指し、

リボンモデルの設計と密接に関係している。

リボンモデルの左右で、

個人(消費者)や企業・事業者を

「集める」

「動かす」

「結ぶ」

のそれぞれで、

サービスの効果(個人や企業に提供している価値の高さ)を表す指標は何であるか

を探し出すのだ。

言い換えると、

何を磨けば、

リボンの左右両端から中央の結び目に向かってステークホルダーが動くのか

を見定めるものだ。」

 

□「通常KPIと言えば、

例えば営業であれば真っ先に挙がるのは、

対象業界の企業・事業者への訪問数だろう。

しかし、やみくもに訪問数を上げても、

必ずしもゴール(最終的な目標)となる売上高に直結しないこともある。

訪問するターゲットの絞り込みをした方が、

よりゴールへの目標に直結する結果が得られるかもしれない。

または、訪問数ではなく、

訪問より先のプロセスである商談数こそが、

売上高に直結する指標かもしれない。

フィジビリでは、

ゴールである最終的な目標値と最も強い因果関係があるのは何か

を探っていく。

 

□「KPIが見つかると、サービスに関わる全員にとって、

やるべきこと・やらないことが明確に判断できるようになる

フィジビリの次のステップで、

一気にアクセルを踏んで拡大再生産に入るために、

何をすべきかという「型」が見える。」

 

□「フィジビリは、数ヶ月で終わることもあれば、

何年もかかることもある。

時間がかかっても、勝ち筋が見つかるまでは、

絶対にアクセルを踏み込まない。

しかし、勝ち筋が見つかり、KPIが設定できれば、

サービスに関わる社員それぞれが、

何をすべきか、何をしないべきか

が明確になる

こうなるとやっと、1つのステージを卒業し、

アクセルを踏み込んで事業を拡大させるステップに進めるのだ。」

 

□「×「今週の売上はどうだった?」

○「今週なぜ売れたのか?」

○「今週なぜ売れなかったのか?」

○「お客様は、なぜ買ってくれたの?」

○「その納品内容で、お客様の不は解消できるの?」

○「あと、何が足りていれば買ってくれたの?」

○「どうすればもっと価値提供を高められる?」

○「同じ価値を求めているお客様は、もっとほかにいるのでは?」」

 

□「KPIを上げるために効果があった個人の「ふるまい」を

成功事例を分析することで見つけ出し

誰もが真似できる「型」に落とし込んで横展開するのだ。」

 

『リクルートの すごい構“創”力』

杉田浩章著

http://amzn.to/2syX8AW

————————————————–

 (ここまで)

■鬼頭さんと同レベルで凄さを実感できていないことは、

まず間違いないのですが(汗)、

中でも【KPI】【フィジビリ】【型化】

の項目が、私(合田)にとって最も重要な項目に思え、

熟読しました。

 

■例えば将棋に例えると、

【KPI】=勝つ上で、必ず辿るべき手順・最善手

【フィジビリ】=上手くいった結果とそこで打った手を観察し、

必勝の因果関係を見つけ、現実に実行できるかどうかを探る

【型化】=最善手を言語化・映像化・単純化し、

誰でも・いつでも・どこでも再現できるようにする

という3ポイントが重要だと私(合田)は読みました。

以下、続けます。

 

 
 ◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は

こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」
(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3. ゲーム・受験・ビジネスの共通点は?

─────────────────────────

■復習します。

【KPI】=勝つ上で、必ず辿るべき手順・最善手

【フィジビリ】=上手くいった結果とそこで打った手を観察し、

必勝の因果関係を見つけ、現実に実行できるかどうかを探る

【型化】=最善手を言語化・映像化・単純化し、

誰でも・いつでも・どこでも再現できるようにする

→これって、日常のあらゆる場面で使っていませんか?

 

■例えば、ゲーム攻略。

【KPI】=力を抜いていいところと、重要な点を区別して発見する

【フィジビリ】=発見したパターンが偶然なのか、

それともいつでも再現できるのか、数回試す

【型化】=偶然だったものを排除し、再現できるものだけをパターン化して、

自らの技として身につける

 

■例えば、大学入試の国語。

【KPI】=常に高得点をとる生徒さんがやっている動作・視点・順番を観察する

【フィジビリ】=観察の結果、発見したパターンを言語化し、

自分でもやってみる→うまくいったものを他の生徒さんにもすすめてみる

【型化】=自分も他の生徒さんもうまくいったものだけを言語化・映像化し、

型として毎回の授業や演習で使い続ける

 

■例えば、ビジネス。

【KPI】=(生々しいですが)メルマガの読者→コンサル申し込み

となった方が、必ず辿ったプロセスは何か?

例)まず、○○をする→次に○○が数回続く→こちらから■■を投げかけてみる

→1回試しにやってみる→継続的にコンサルに至る

【フィジビリ】=その指標の中でも、

とりわけ再現性の高い因果関係について仮説を立て、

実際に試してみて確認する

例)感想を送らずにはいられないメルマガタイトルと内容

私(合田)がその読者の方が現在悩んでいることについて、

かつて悩んでいたという証拠が言語化されている

【型化】=仮説のうち、ボツだったものを排除し、

再現できるものだけをパターン化して、

自らの技として身につける(笑)

 

■ゲームにせよ、受験にせよ、ビジネスにせよ、

全ての変化・成長過程には、

【KPI】×【フィジビリ】×【型化】

の3関数が関わっていますよね?

 

■リクルート創業者の江副さんが、

東大・教育学部出身であることも、恐らく偶然ではないと思われます。

教育=人の変化・成長過程には、

【KPI】×【フィジビリ】×【型化】

が必須ですから。

 

■突然ですが、

私(合田)の今後の後半生のミッションは、

【知的好奇心に基づき、三方一両得を実現して、いかに継続的にマネタイズする仕組みを作れるか?】

です。

 

【知的好奇心】=私(合田)にとっての【KPI】

好奇心がそそられないものは、集中して取り組むことができないから。

【三方一両得】=近江商人の言う「三方良し」のこと。

好奇心だけでは、自分だけで閉じてしまう。

顧客・自分・周囲のコミュニティ全てにとって「良い」かどうか。

【マネタイズ・仕組み】【フィジビリ】×【型化】できるかどうか

 

 

■こうして観ていくと、

▲ゲーム攻略も

▲受験勉強も

▲ビジネスも

▲変化・成長過程にも

【KPI】【フィジビリ】【型化】が関わっており、

【三方一両得】の仕組みを作れ、

【KPI】が見つけられるかどうか、

にかかっていると言えるのではないでしょうか。

 

■読者の皆さん、

ぜひ、

『リクルートの すごい構“創”力』

杉田浩章著

http://amzn.to/2syX8AW

を読んでみて下さい!!!

そして、ご自分の日常生活の中で、

【KPI】【フィジビリ】【型化】

できる対象は何か?

という目線で観察→記録を続けられるといかがでしょうか?

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は

こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

3.ゲーム・受験・ビジネスの共通点は?

・サマリー
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Street & Book Smart Summary】┃
┃                ┃
┃■ゲーム・受験・ビジネス

3つに共通することは       

【KPI】=           

勝つ上で必ず辿る手順・最善手  

┃【フィジビリ】=        

上手くいった結果と手を観察し、 

因果を見つけ、実行可能性を探る 

┃【型化】=           

最善手を言語化・映像化・単純化

再現できるようにする     

 

┃■ご自分の日常生活の中で、    

┃【KPI】【フィジビリ】【型化】  ┃

できる対象は何か?       

という目線で           

観察→記録を続けられるといかが 

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃

━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━