100号・オンラインサロンについて、読者の質問に答えました!

平成29年6月9日 Street & Book Smart 100号

■【オンラインサロンについて、読者の質問に答えました!

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
100号突破!・配信開始からもうすぐ365日!!!

Street & Book Smart& Highlight(ハイライト)>

1. メルマガ読者の方・ご感想1件

2.オンラインサロンについて、読者の質問に答えました!

今回のメルマガは上記のような構成です。
───────────────────────────────────

■朝から授業×2。

2週間に一回、定期化している床屋へ。

その後、午後から授業×2。

帰宅後、遠隔映像による個別コンサルティングです。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者の方・ご感想1件

────────────────

■以下のようなお便りを頂きました。

 以下、一部を引用します。

(ここから)
 ————————————————–

合田さん
 
面白かったです。
これは昔の私はもちろんですが、
今もやることを、
もっともっと主観的に好き嫌いで捨てるときに有効ですね。
 
それと
○○ですが、おかげさまで早速効果がでてきており、
月曜日は平日にもかかわらず、
土日以上に○○を■■することができました。
 
理由は
コンスタントに、
定量的に本を読んでいるから
よく寝たから
だと思います。
ありがとうございます。
 

(I・Sさま)

————————————————–
 (ここまで)

■I・Sさん、

ご感想有難うございました!

教室の外に出て、

▲社会人・ビジネスマン

▲大学生・大学院生

の方の変化・成長にお役に立てることを目標に、

メルマガを配信しているので大変嬉しく拝読しました。

76号・優先順位1位=できないことを排除する

でもお伝えしましたが、

初期条件を、敢えて主観で切り捨て絞り込むことは、

案外見落とされがちな重要ポイントですよね。

ぜひ、このまま静かに加速を続けられて下さい!

引き続き宜しくお願い致します!!!

 

 ◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は

こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」
(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. オンラインサロンについて、読者の質問に答えました!

─────────────────────────

■以前、

95号・わらしべ長者実践編・オンラインサロン開設!?

でもお伝えしていましたサロンについて、

G・Nさんから以下のようなご質問を頂きました。

(ここから)

 ————————————————–

お久しぶりです、お疲れ様です!

サロンについての回答ですが

 
(合田)まず斉藤先生がいらっしゃらなくても参加されますか?
 
→ぜひ参加させて頂きたいです。
 
 
(合田)学ぶ場を「提供」だと、
あくまで学校っぽくなってしまうので、
「提供」ではなく、
「自分で作る」
「身銭を切る」
「勝手に集まる」
場にしたいのですが、
この点について、Nさんはどのように考えますか?
 
(Nさん)
月額などで料金を決め、
曜日などを指定して集まる場所を作るといった形でしょうか?
 
 
(合田)仕事を下ろすのではなく、
自ら戦略を立て、
それを小さく戦術として実践する、
というイメージでいるのですが、
この点はいかがですか?
 
→(Nさん)
これはコンサルと具体的に何が違うのでしょうか?
例えばですけどサロンのメンバーと何かを生み出せる等
コンサル→個人  
サロン→団体
みたいなイメージで宜しいのでしょうか?

(G・Nさま)

————————————————–
 (ここまで)

■G・Nさん、

ご質問を頂き、有難うございました!

以下、G・Nさんのご質問に答える形で、

今回のメルマガにかえさせて頂きます(笑)。

 

■Q1(Nさん)

月額などで料金を決め、
曜日などを指定して集まる場所を作るといった形でしょうか?
 
A1(合田)
そうです。
月額で料金を決め、
曜日・時間を指定して、オンライン上に集まります。
 
 
■Q2(Nさん)

これはコンサルと具体的に何が違うのでしょうか?
例えばですけどサロンのメンバーと何かを生み出せるなど、
コンサル→個人  
サロン→団体
みたいなイメージで宜しいのでしょうか?
 
A2(合田)
1対1でやるのが個別コンサルティングだとしたら、
1対多でやるのがオンライン・サロンです。
 
1対1でしかできないことは何か?
1対多でしかできないことは何か?
以下、お答えしてみます。
 
 
■まず、1対1でしかできないことは何か?
 
例えば、個別指導と集団指導をイメージして下さい。
意外と誤解されているように感じるのですが、
個別指導が向いている人とは、
 
▲必要に迫られている
 
▲自分で明確なゴールが立てられている
 
▲ゴールから逆算して、どのような道筋で進んでいくか見えている
 
▲道筋を進む過程で、特定ジャンル・内容・分野に弱点があり、
その弱点を潰そうという明確な意図がある
 
という方であり、
上記の条件を満たさない場合、
例えば個別指導塾でよく見られるのは、
 
▲ただのおしゃべり・馴れ合い
 
▲同じ目標を持つ周囲のレベルがわからないので、
その人個人のペースに「居ついて」しまい、
伸びが鈍化する
 
▲自分で調べればわかるレベルのことを質問し、
時間とお金の無駄遣い
 
という光景です。
 
個別指導・コンサルはうまく使えば大きな効果を上げるのですが、
あくまで、
 
▲必要に迫られている
 
▲自分で明確なゴールが立てる
 
▲ゴールから逆算して、どのような道筋で進んでいくか明確にする
 
▲道筋を進む過程で、特定ジャンル・内容・分野に弱点があり、
その弱点を潰そうという明確な意図がある
 
という条件を潰していく必要があります。
 
 

■次に、1対多でしかできないことは何か?

集団指導をイメージして下さい。

例えば、私(合田)が授業でよくやるのが、

「今から5分はかります。

読み終わった人は言って下さい」

と投げかけると、

▲1分30秒で1名

▲2分で3名

▲2分30秒で5名

といった感じで、順次声が挙がっていき、

今までゆっくり5分かけていた人が、

周囲の速さやレベルの高さに驚く

という光景がよくあります。

 

■これは、個別指導では決しておこりえないですよね?

こうして、周囲の環境にいい意味で感染し、

伝染し、影響を受け、感化され、

自分の低いレベルに「居つく」ことなく、

徐々に周囲のレベルと同じレベルまで変化・成長していきます

 

■社会人の方の個別コンサルティングは、

働く現場やプロジェクトが明確であり、

お金を稼ぐ必要性があり

ご自分が行う専門や業務がはっきりしている場合が多いため、

かなり個別指導の相乗効果が見込めるケースが多いです。

 

■一方、大学生の方の個別コンサルをしていて、

▲そもそもお金を稼ぐ必要性に迫られていない

▲プロジェクトや現場がない

▲必要性や現場がないため、目標倒れに終わってしまう

ということを感じることが多く、

▲目標設定(Being)

▲行動設定(Doing)

▲何を持つか(Having)

といったことを

98号・行動が遅い!?それは・・・

でもお伝えしたように、

▲具体的に言葉にする

▲具体的な映像として見る

▲言葉と映像を身体を使って実践し、覚えこませる

必要性があると痛感するようになりました。

 

■これは、幼稚園と小学校、中学校と高校での指導が、

発達段階によって違っているように、

学生と社会人という違いに応じて、

変化・成長の促進の仕方も違う、

ということです。

 

じゃあ、普通のバイトと何が違うか?

と言えば、

▲自分とメンバーで戦略を立てる

▲自分とメンバーで戦術を考える

▲戦略・戦術を言葉にする

▲戦略・戦術を映像で見る

▲戦略・戦術を身体を通して実践する

という一連の流れを全てやる点です。

 

■例えば、ラーメン屋さんでバイトをしたとします。

どんな業務があるのか?

▲お客さんに元気良く挨拶をする

▲お客さんの注文をとる

▲お客さんの注文を通す

▲お客さんの注文を作る

▲お客さんの注文を持っていく

▲お客さんの注文を下げる

▲お客さんの注文を洗う

など、無数に仕事があると思いますが、

実はこれらは全て「戦術」です。

経営者が決めた「戦略」に基づき、

現場で細かい「戦術」を実践しています。

じゃあ、その限界は?

と考えると、

▲永遠に「戦略」能力が身につかない

▲「戦略」→「戦術」のつながりが理解できない

▲理解できないので、「戦術」をこなすだけ

になってしまいます。

 

戦略→戦術の川上から川下まで、

実践できる力を身につけるには、

一連の工程を実際にやってみるしかなく、

▲企画する

▲戦略を立てる

▲ざっくり調べる

▲戦略から逆算した戦術を大量に挙げる

▲そのうち、手持ちの資源で実行可能な戦術を

しらみ潰しに実行していく

といったことを実際にやってみるしかありません。

 

■こんなことを学生時代にやれる場所ってなくないですか?

あったら面白くないですか(笑)?

小さなビジネスを実際に立ち上げ、実験し、

戦略から戦術までを一気通貫に実践する。

これが個別コンサルティングとは異なり、

オンラインサロンをやる目的です。

ご興味のある方、ぜひご連絡下さい(笑)!

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━