96号・夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?

平成29年5月26日 Street & Book Smart 96号

■【夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<Street & Book Smart& Highlight(ハイライト)>

1.『夢の叶え方を知っていますか?』

森博嗣氏・著 引用

2.夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?
+サマリー
───────────────────────────────────

■今日は、午前中授業×2。

午後から移動して現役生向け授業。

夜からオンラインによる個別コンサルティングです。

 

 ■合間に読書。

元・名古屋大学工学部助教授・元小説家(?)

現・隠遁生活を送りつつ模型・工作に没頭されている

森博嗣氏による『夢の叶え方」についての本。

 

▲あなたの夢は?と聞かれたら、いつも答えに困る人

▲夢があったはずなのに、挫折することが多い人

▲誰にも言っていないが、コツコツと進めている人

に、オススメの1冊をご紹介します。

━━━━━━━━━━━━━━━━

2. 『夢の叶え方を知っていますか?』

森博嗣氏・著

http://amzn.to/2qipWge

────────────────

■以下、一部引用します。

————————————————

□「自分には夢がない、自分の夢は実現が難しい、

というとき、

多くは、この種の「他者に依存した夢」

であることが原因といえる。

「誰か自分を満足させてくれ」

と訴えている姿がそこにある。

それを夢だと勘違いしているのだ。

おそらくは、子供の頃から、

大人たちに「凄いね」「楽しいね」

という満足を「もらって」成長してきたのだろう。

満足を自分から発することができない

自分で満足するなんて、「自己満足」という醜いものなのだ、

と信じているのである。」

 

□「たとえば、研究者を例に挙げよう。

あるテーマで研究をする。

それは、知りたいからであり、

知ることの楽しさを知っているからだ。

この場合、研究に厭きる、ということはまずありえない。

そういう人を僕は見たことがない。

それほど、知的好奇心というものは無限、底なしなのである。

知れば知るほど謎が多くなり、

楽しさもどんどん深まっていく。

これと同様に、自分の趣味的な楽しみであっても、

それを本当に楽しんでいる人は、

けっして厭きることがない

楽しめば楽しむほど、もっと楽しいことが現れる。

毎日が発見の連続で、

つぎからつぎへと楽しさが生まれてくるのだ。

これは、そういった世界に足を踏み入れた経験がある人ならば、

当然知っていることだ。

 

□「多くの人が、夢といえば、

「高い目標」と意識してしまうらしい。

何故か、「目標は高い方が良い」などと教える指導者も多い。

僕はそうは思わない。目標は低い方が良い。

ようするに、目標なんて、

「実現できてなんぼのもん」なのである。

たとえ、高い目標を掲げたとしても、

そこへ向かう道筋の一段一段は低く設定しておこう。

踏み外さないように、勾配の緩やかな安全な道を選ぶ

日々その一段を確実に上がることが、

充実感をもたらし、また自信にもつながるはずだ。

そういった意味では、目標は抽象的でも、

日々の前進の目安は可能なかぎり具体的であるべきだと思う。

たとえば、「遠くまで行きたいな」という夢があるなら、

明日は家の前のあの角まで、

明後日はその次の交差点まで、

と決めるように、である。」

 

□「夢を実現させるためには、

実現できる夢を思い描くことが第一であり、

そのためには、

自分にどのくらいのことが可能なのか

を把握していることが必須である。

逆に言えば、「夢の実現」とは、結局は自分を知ること、

自分の可能性を確かめることにほかならない。

それは、あるときは幻想を打ち砕き、

厳しい現実をあなたに突きつけるかしれない。

だが、それは、目を背けてはいけないあなたのリアルなのだ。

そして、このリアルが、

子供や若者に非常に大切なプロセスとなる。

何故なら、自分を知ることが、知ろうとすることが、

その後の人生を充実したものにする

1つのキーとなるからである。」

 

□「大小の違いはあるが、

このような「夢の消失」は、珍しいことではない

研究をしていると、実は日常茶飯事である。

そんなことに落ち込んでいられないほど、

頻繁に夢は消えていく

夢だったのか(つまり実現できない課題か)

とわかっただけでも

「成果」だと思う、

それが研究者スピリットである。」

 

□「実は、研究には「キリ」というものがない。

キリが良いところまで、などとやってしまうと、

それこそどこまでいっても終わらない。

躰を壊すから、とにかく時間で切り上げる。

「仕事が終わった」とも感じない。

帰宅するのは、トイレに行くような、

ちょっとした「躰のための面倒」なのである。

そんな生活で気づいたのだが、キリが悪いところ、

つまり中途半端な場面で作業が中断していると、

翌日すぐに作業を始められるのである。

やることが決まっているし、慣れている手順なので、

起きたばかりで頭が働いていなくても、

とりあえず取りかかれる。

やる気などなくても始められる。」

 

□「小説を書きたいと考えているような人は、

もう小説を沢山読んでいるはずだから、

小説がどんなものかは知っている。

それさえ知っていれば、ほかに知識は必要ない。

とにかく書き始める。

ストーリィを考えないと書けない、

登場人物を決めないと書けない、

どんな文体で書けば良いのかわからない、

などといろいろ言い訳を考えるよりも、

まずはなんでも良いから書いてみる。

書き始めれば、

これまでに思いもしなかった問題に直面するだろう

それだけでも、書き始めた価値があった、ということだ。

ある程度の長さを書くと、

その段階でまた問題に気づくはずだ。

これはその長さを書かなければわからないものである。

同じように、作品を仕上げてみて初めてわかることもある。

とにかく、一作を最後まで書いてみること、

これが小説を書くことに最も重要な経験となる。

一度も書いたことがない人には、

けっしてわからないさまざまな技法があることがわかってきて、

そうした目で、また既存の小説を読んでみると、

とても勉強になるかもしれない。」

 

□「少なくとも、試してみることで僕は沢山のものを見つけた

ときには、「奇跡的だ」と感動するほど驚いた。

そんな「奇跡的」な導きが、試す者には必ず訪れる

沢山の人と話してそれがわかった。

必死に考え、幾度も試してみた誰もが経験する

ごく当たり前の「奇跡」なのである。」

 

□「人から与えられた手法は、

上手くいかないときに必ず疑心暗鬼に陥る

あの本に書いてあったけれど、あの人が言っていたけれど、

となる。

つまり、責任を他者に転嫁する準備ができている手法といえる。

それに比べて、自分で工夫をした手法は、

それを信じるしかない

自分の責任は問えない。

上手く行きそうになければ、

早い段階で修正することができる。

また、自分で工夫をしたからこそ、

発見があり、驚きがあり、

そして楽しみがある。

 

□「是非、他者の目を排除して、

つまり自分をリセットして、

ピュアな夢を再認識してもらいたい。

まずは、誰にも報告せず、

自分一人の秘密にしても、

それを成し遂げられるか、と考えてみよう。

それはできないと感じたら、

まだ不充分だということ。

自分一人で内緒にしてでもやりたい、

と思うものが本物だ。」

 

□「念のために書いておくが、

オリジナリティとは、

なんとなく生まれるものではない。

意識して、他に無いものを作ろう、

新しいものを生み出そう、

と努力しなければ生まれない。

新しいものに挑戦すると、

多少見栄えが悪くなったり、

辻褄が合わなくなったりする。

それを見た人は、驚くのかもしれないし、

なんとなく敬遠するだろう。

しかし、それが正しい。

敬遠されるくらいの力がなければ、

オリジナリティではない。

そこを押して出れば、

いつか誰かが買ってくれるだろう。

そういう人は、長くあなたのファンになるはずである。

新しいものは、どうしても灰汁が出る。

この苦みが、初めての人には敬遠されがちだ、

ということ。

逆に、すぐに認められるような欠点のない商品は、

手には取られるかもしれないが、

どこにでもある、

ありきたりなものとして認識される。

既に広く出回っているものであるし、それならば、

あなたから買わなくても良い、と判断されてしまうだろう。」

 

『夢の叶え方を知っていますか?』

森博嗣氏・著

http://amzn.to/2qipWge

 

————————————————–
 (ここまで)

■夢の挫折については、例えば、

77号なぜ、あなたはすぐに挫折してしまうのか?

でも書きましたが、

今回は、

夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?

と発展的に書いてみます。

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は

こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」
(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. 夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?
─────────────────────────

■結論からお伝えすると、

私(合田)は、

▲情報から入る

▲好き・嫌いを確認せずに始める

▲みんなが「正しい」と言ってるから始める

▲自分の基準がないまま、いきなり他者に認められようとする

といった動機で始めたものは、ことごとく、

全て挫折してきました。

 

■例えば、

▲スラムダンクが流行っていた中学生当時、

バスケ部に入るも早々と挫折。元いた部活に出戻る。

▲なんとなく、生活のために就職くらいしとかなきゃな、

という浅い動機で会社員になるも、

1年2ケ月と早々挫折。

▲引き続き、食っていかなきゃだから、

資格くらい取っとく?という浅い動機で、

資格試験の勉強を始めてみるも数ヶ月で早々と挫折。

右近勝吉さんという方の本を読み、

会ったことも見たこともないのに、

これくらいなら俺もできるかも!?

と舐めて講師をやりながら便利屋もどきをやってみるも、

数ヶ月で早々と挫折(泣)

といった具合です。

 

■これは誰にでも当てはまる訳ではないと思いますが、

私(合田)にとってのダメパターンは、

▲情報から入る

▲好き・嫌いを確認せずに始める

▲みんなが「正しい」と言ってるから始める

▲自分の基準がないまま、いきなり他者に認められようとする

の4点です。

 

 

■20代までの約30年間は、

ひたすらこのダメパターンと成功パターンを繰り返しながら、

▲得意技

▲身の程

▲できることとできないこと

を見極めていたように、私(合田)は感じます。

 

■一方で上手くいったパターンは、

▲きっかけは何であれ、本人に会いに行く

▲実際に体験・経験してみる

▲やっているうちにもっとやりたくなる・好きになる

▲自分の基準を突き詰めた結果、あるときを境に人にも喜ばれるようになる

という4点です。

 

 

■例えば、

▲親に連れられて始めたテニス、最初はサボり魔だったが、

やっているうちに愉しくてやめられなくなり、のめりこむ

▲姉が習っているから、という理由で始めたピアノだったが、

そのうちどうしても弾きたい曲が出てきて、

今でも続けている

▲サラリーマンを辞めて、腰掛けのつもりで始めた講師だったが、

やっているうちにもっとやりたくなり、

評価もついてくるようになり、

今でも続けている

▲経営者の先輩から勧められたメルマガだったが、

やっているうちに、読者の方からのお便りや、

コンサルの依頼などが舞い込むようになり、

今でも続けている

といった具合です。

 

■つまり、私(合田)が、

【夢だったハズが挫折する(泣)】

ときには、

▲情報から入る

▲好き・嫌いを確認せずに始める

▲みんなが「正しい」と言ってるから始める

▲自分の基準がないまま、いきなり他者に認められようとする

という4つの過ちを犯し、

一方で、

【着々と行動し実現する(笑)】

ときには、

▲きっかけは何であれ、本人に会いに行く

▲実際に体験・経験してみる

▲やっているうちにもっとやりたくなる・好きになる

▲自分の基準を突き詰めた結果、あるときを境に人にも喜ばれるようになる

という4つの過程を経て、

行動し、実現する道筋に乗るようなのです。

 

 

■例えば、

大学受験生や就活生の方と話していると、

悩んでいる方の多くが、

▲情報から入る

▲好き・嫌いを確認せずに始める

▲みんなが「正しい」と言ってるから始める

▲自分の基準がないまま、いきなり他者に認められようとする

に当てはまることが多いように、私(合田)は感じます。

 

■特に、そこそこ器用だと、例えば、

▲偏差値が高いからという理由で受けたものの、受かってしまった

▲就職人気ラインキング上位という理由で受けたものの、受かってしまった

といった想定外の幸運が訪れ、

幸運が訪れたが故に、逆に不幸になる、

ということも多々見受けられます。

 

■ご自分が【自燃型】

▲きっかけは何であれ、本人に会いに行く

▲実際に体験・経験してみる

▲やっているうちにもっとやりたくなる・好きになる

▲自分の基準を突き詰めた結果、あるときを境に人にも喜ばれるようになる

という要素に当てはまる方は、

僭越ながら、不器用であるが故に、

長期的に幸運を手にする可能性が高く、

結果、【着々と行動し実現する(笑)】ことが多いのですが、

逆に、ご自分が【他燃型】

▲情報から入る

▲好き・嫌いを確認せずに始める

▲みんなが「正しい」と言ってるから始める

▲自分の基準がないまま、いきなり他者に認められようとする

という方は、

夢だったハズが挫折する(泣)】

リスクが高いため、注意が必要ではないでしょうか。

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は

こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

3.夢だったハズが挫折する(泣)→着々と行動し実現する(笑)への道筋とは?・サマリー
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Street & Book Smart Summary】┃
┃                ┃
┃■【他燃型】          ┃

┃=               ┃

┃▲情報から入る         ┃

┃▲好き・嫌いを確認せずに始める ┃

┃▲みんなが「正しい」と     ┃

┃言ってるから始める       ┃

┃▲自分の基準がないまま、    ┃

┃いきなり他者に認められようとする┃

┃自燃エンジンに着火しないため  ┃

┃継続できず、挫折の可能性が高まる┃

 

┃■逆に、            ┃

┃【自燃型】           ┃

┃=               ┃

┃▲きっかけは何であれ、     ┃

┃本人に会いに行く        ┃

┃▲実際に体験・経験してみる   ┃

┃▲やっているうちに       ┃

┃もっとやりたくなる・好きになる ┃

┃▲自分の基準を突き詰めた結果、 ┃

┃あるときを境に         ┃

┃人にも喜ばれるようになる    ┃

┃と不器用が故の幸運を手にしやすい┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃

━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━