79号・出会いとノリと勢いと

平成29年4月13日 Street & Book Smart 79号

■【出会いとノリと勢いと】

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<Street & Book Smart& Highlight(ハイライト)>

1. メルマガ読者の方のご感想1件

2.在日ファンク・ドラマー

永田真毅のStreet & Book Smart3号

3.出会いとノリと勢いと+サマリー

今回のメルマガは上記のような構成です。

お時間のない方は、ご興味のある箇所からどうぞ!
───────────────────────────────────

■今回は、読者の方から頂いたお手紙を、

 1件紹介させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者・ご感想1件

(ここから)
 ————————————————–

 
現在慶應義塾大学4年生のKです。
ウェブからメールを送れなかったので、
昔のメルマガに記載されていたアドレスから
送信しております。
 
昨年10月あたりに
僕がアメリカに留学中に
お電話させていただいて以来ですね!
僕は現在就職活動を行っておりまして、
忙しさと将来への不安に揉まれています。
 
合田さんはお元気ですか?
 
すぐに行動するにはどうするか?
という趣旨の内容であったため、
興味深く拝読させていただきました。
 
僕も
「忙しい時にどう行動するか?
どうタスクを処理するか?」
をいつも考えていたため、
非常に共感できる点が多くありました。
 
具体的には、
「スマホを机の上に置かない」
「様々な本などを置かず、
目の前のやるべきものだけを前に置く」
等です。
 
当たり前のことですが、
意外に出来ていなかったな、と
メルマガを拝読させていただいて
気づきを得ました。
 
幾分か共通する点はあると思いますが、
僕も上記のように
「スイッチを持つ・入れる」
ということは常に意識しています。
 
例えば、
「○○駅行きつけの■■■カフェ
×電源コードのある窓際の席
×音楽を流さずにイヤホンを装着」
の条件が初めて揃って
「やるぞ!」という気持ちにして
僕はタスクを終わらせます。
おそらく、合田さんが言うように、
自分がどうしたらやる気が起きるか?
行動できるか?
を客観的に把握して
スイッチを持つようにしている例なのかな、
と思います。
ぼくの場合は欠点として、
上記の条件が揃っていないと
なんかいつもと違うな、
とやる気が出なくなる点ですが笑
 
合田さんのメルマガを、
どうしたら行動できるか?
を把握するための材料にしていきたく思います。
いつもありがとうございます!
 
中略
 
嫌味ではなく、
本心から合田さんのメルマガがもっと読まれますように、
という願いを込めて感想を書きました。
読者の僕らも改善できるところは探していきますので、
これからも頑張ってください!
 
最近は東芝が潰れかけているのを見て、
「大手に入っても安泰は幻想。
会社がなくなっても
自分が商材として残るような人材になれる会社にいこう。」
と考え始め、
合田さんのようにコンサルティングなどで
自身の知恵や考え方を人々に提供し、
価値を生み出している働き方に感銘を受けています。
このまま頑張ってくださいね!!
応援しています!!
 
長文・乱文失礼いたしました。
お休みなさい!

(Kさま・慶應義塾大学4年)

————————————————–
 (ここまで)

■Kさん、

ご無沙汰しております!

貴重なご感想を頂き、有難うございました!

「不健康な賢人」と「健全なバカ」の違い

少しでもお役に立てたようで嬉しく拝読しました。

かつ、現・メルマガへの忌憚なきご意見(!?)

(一部、中略とさせて頂きました)

ほんとに有難うございます!

ご指摘の通り、

▲キーワードと数値計測

▲文章長さ×内容×頻度

というのは、メルマガの本質、

骨の髄の髄であり、

秘伝のタレ中のタレにあたります(笑)

全てをKさんのご指摘通りには改善できないかもしれませんが、

読者の方からの貴重なお声として、

できるところから改善行動に反映します。

Kさんと同様、

私(合田)も基本的には

数字は真実を語る

と思っています。

ちなみに、メールアドレスについては、

すぐに改善させて頂きました(汗)

「自身の知恵や考え方を人々に提供し、

価値を生み出している働き方に感銘を受けています」
 
といって頂けて、ますます価値の提供、
 
商品の必勝方程式、売れまくるポイントを、
 
「健全なアホ」として実践して参ります(笑)
 
Kさん、引き続きよろしくお願い致します!!!
 

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は
 こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.com

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2.在日ファンク・ドラマー

永田真毅のStreet & Book Smart3号

出会いとノリと勢いと

──────────────────────────

永田真毅氏 プロフィール

在日ファンク・それぞれの歌/映像

(軽トラックの荷台でドラム叩いてる人です)

1980年東京生まれ・東京育ち。

2004年早稲田大学第2文学部卒業

幼少期から合唱団、

吹奏楽のパーカッション、

ピアノなど、音楽に親しみ、

高校の学園祭で見た友人の演奏と、

ローリングストーンズのCDを聴いて、

「いい感じだし、これならオレもできる」

と直感し、バンド活動をスタート。

在学中から早稲田大学・

中南米研究会を拠点に音楽活動を続け、

ストリートから始まった経験をベースに、

現在は、

在日ファンク・KPM・メキシコトリオなどで

ドラム担当するStreet Smart ドラマー。

【バックナンバー】

73号・永田真毅のStreet&Book Smart1号現代版・わらしべ長者への道

76号・永田真毅のStreet&Book Smart2号優先順位1位=できないことを排除する

(ここから)

 ————————————————–

Q19(合田)そのジャズ人脈とのつながりが、

在日ファンクともつながっていくの?

A19(永田)それはまた別なんだよね。

在日ファンクは、KPMのライブで

トロンボーンとトランペットを入れようと思って、

誰かいないかって言って呼んだのが

SAKEROCKのハマケンだったの。

KPMの廣瀬拓音と

SAKEROCKの田中馨くんというのが仲良くて、

ハマケンを紹介してくれて2~3回ライブしたのね。

それでなんとなく知り合いになって、

あるとき電話がかかってきて

「ドラムやってくれませんか?」

って在日ファンクに誘われたんだよね。

最初はジェームス・ブラウンのコピーバンドやりますみたいな。

そんときはとりあえず

毎日ライブできるんだったらやる

みたいな感じでやってて、

主にストリートとかジャズ系の活動が多くて、

KPMはやってたけど

ライブしてもそんなに人来ないし、

最初、大学卒業してすぐの頃は

フジロックに出たり調子良かったんだけど、

CDの売り上げとかもそんなに売れなくなってきてね。

だから、当時は

ストリートとかジャズとかをやる活動の1つとして、

在日ファンクを始めただけで、

今みたいに売れるとは思っていなかった(笑)

Q20(合田)なるほどねー。

SAKEROCKの当時リーダーの星野源さんが、

まだテレビに出たり、

恋ダンスとか出す前だもんね。

A20(永田)そうそう。

Q21(合田)俺が在日ファンクを知ったのは、

妻が家で聴いていたのがきっかけだからね(笑)

家で曲が流れていて、

「へー、すげー名前のバンドだなあ」

って思って、

メンバーのクレジット見たら、

「あっ、なんか知ってる名前があるぞ」

ってなってね(笑)

在日ファンクで

ジェームス・ブラウンのコピーとかをし始めて、

これは「来るな」って感じだったの?

それともあるとき「ボンッ」って売れたの?

A21(永田)はじめてライブしたときに

楽しかったから、

なんつーか、外に向いているというか、

ドラムって後ろだから

ボーカルを支えるポジションなのね。

ボーカルってナイーブな人多いんだけど、

ハマケンが踊ったりするから面白いんだよね。

音楽性とかもあるんだけど、すごいポップ

人が集まりやすい音楽だなと思って。

Q22(合田)人が集まりやすい音楽と

集まりにくい音楽ってあるんだね(笑)

A22(永田)お客さんの反応で露骨にあるんだよね(笑)

全部自分としては、

「これで集まるべきだろう」

と思ってやってるんだけど、

こっちの予想を超えて

お客さんが「ボーンッ」って盛り上がっているときと、

「あれ、意外にそうでもねーな」というときとある。

だから、在日ファンクでも集まんないときもあるから、

その場に集まっている人たちと自分たちの相性

とかも絡んでくるんだけどね。

ある程度、SAKEROCKでハマケンも人気になっていたから

っていうのもあると思うんだけどね。

学生のときに始めたバンドとは違って、

ある程度、俺も30歳になるかならないかだったし、

サックスの人も40歳くらいで、

トロンボーンの人も普通にサラリーマンやってたから、

別に「これでやったるぜ!」

みたいなあくせくした感じじゃなくて、

落ち着いた感じだった。

俺もドラムでやるんだと思ってたから、

最初はサポートドラマーとして

「お金ちょうだい」みたいな感じでやっててね(笑)

1年くらいしたらいつの間にかメンバーになっていた

っていう感じだね。

Q23(合田)売れた人しかわからない、

「流れ」「波」みたいなものがあるでしょ?

売れるものと売れないものと違い

ミュージシャン目線で感じてるよね?

それってどういう風に違うの?

A23(永田)人に知られたからすごいいかっていうと、

音楽的満足とは全然違うところだからね。

売れると楽になるよ。

スタジオ代とかレコーディング代とかね。

でも、やりがいっていうのは

作品ができたときに終わってるからね。

ライブも人がいるにこしたことはないけど、

やってる方としては愉しくやれてるかとか、

やっている人同士の問題だよね。

在日ファンクで、

でっかいフェスとかで出たときの手応えはあったよね。

Q24(合田)プロデューサーとして、

意図的にヒットを創作しようとする人もいるよね?

A24(永田)そういう人と自分が感じてることは違うからね。

あと、「かっこいいバンドやりたい」

っていうのがあるからさ、

そうなるとやっぱり売れてるバンドを見てると

あんまりかっこいいバンドがない(笑)

Q25(合田)なんで売れてるバンドに

かっこいいバンドがないの?

A25(永田)やっぱりなんか、

みんながかっこいいと思ってるものは

わかりやすいものだからね。

マニアックなだけだと伝わらないから、

伝わるための歩み寄りや工夫をするときもあるし、

しないときもある。

ただし、わかりやすいというのは

年々いいことだと思うようになってる

伝わらないと仕方ないから、

シンプルにした方がいいよね。

伝わると嬉しいからね。

Q26(合田)在日ファンクのメンバーは

どんなふうに活動してるの?

A26(永田)ベーシストは音楽で食ってなくて、

普通に仕事をしている。

リハーサルも仕事が終わってから来るし、

仕事と音楽を両立している。

Q27(合田)よく両立できんね!

全国ライブとかどうすんの?

A27(永田)仕事の自由がきくらしいけど、

しんどいと思うよ。

ライブが終わったらすぐ帰るとか。

地方でライブ終わったら新幹線に乗ってすぐ帰るとかね。

Q28(合田)へー!

そういう関わり方があるんだね!!!

はたから見たら全然わかんないもんなあ。

複数の仕事の中で、

音楽が大事なポジションとしてあって、

それをうまく両立させている人がいるんだね。

それはすごい希望だね。

音楽が好きで、音楽を愛していて、

関わりたい人にとっては勇気づけられる話だよね。

永田くんのように音楽だけで食えている人がいる一方で、

他の仕事との両立ができている人がいるということを知らなかった!

今はみんな忙しくなってるの?

A28(永田)忙しいというのは

仕事の面もあるんだけど、

それだけじゃなくて、

みんな結婚したり、子どもがいたり、

なかなか20代と違って、

終わった後「飲むかー!」

とはならなくなってきたね(笑)

気を遣うというかね。

Q29(合田)結婚のとき、

奥さんの親御さんが

よくミュージシャンと結婚するのを許してくれたよね(笑)?
————————————————–

 (ここまで!続きは次週をお楽しみに!!!)

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart Highlight(ハイライト) 」

(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

3.在日ファンク・ドラマー

永田真毅のStreet & Book Smart3号

ー出会いとノリと勢いと

───────────────────────────

■永田くんが途中のインタビューで、

KPM→SAKEROCK→在日ファンクへと繋がっていく、

【出会いとノリと勢い】を淡々と教えてくれました。

この年齢になってハッキリわかるようになったのが、

【出会いとノリと勢い】で出てくる人たちって、

だいたいつながってませんか?

 

■例えば、

(以下、敬称略。

ただし直接お世話になった方だけ敬称(笑))

▲小沢健二と小山田圭吾と田島貴男(和光)

▲星野源と浜野謙太(自由の森)

▲堀江貴文と孫泰造と三木雄信(久留米附設)

▲長谷川眞理子先生と長谷川寿一先生(東京学芸大附属)

▲宮台真司と大澤真幸(東大・社会学)

▲島田紳助と明石家さんま(よしもと)

▲木村拓哉とマツコデラックス(千葉の高校)

▲前田敦子と仲谷明香(市川第七中)

▲広末涼子と小島よしお(早稲田・教育)

▲在日ファンク・永田真毅とKPM廣瀬拓音(早稲田・中南研)

▲西元寺哲史さんと川口大輔さん(早稲田・ラテアメ)

などなど。

 

■恐らく、

▲最初から、ただならぬオーラを放っていた

▲有名になるべくしてなった

▲同じ匂いを感じて惹かれあった

といったような、

ありがちな「劇的」なイメージではなく、

永田くんも「落ち着いた雰囲気」と言っていたように、

いたって普通、

極めてふつーの【出会いとノリと勢い】

なのだと思います。

 

■ただ、例えば、

▲トキワ荘

▲梁山泊

▲バウハウス

▲モンテッソーリ教室

▲一時期のPL学園野球部

▲寺山修司さんや唐十郎さん周辺

▲渥美俊一さん周辺

▲伊東豊雄さんの事務所

のように、

ある程度、「束」になって人材を輩出するような、

「クラブ」や「学校」、「事務所」などの

組織があることを見ると、

そこには

▲人と人を結びつけるキーマン

▲強烈な磁場・エネルギーを放つ人物や場所

▲熱量またはベクトルの向きが同じ

といった、共通点もあるように感じます。

 

■じゃあ、それはどうやって出会うのか?

と考えていくと、

これは計算や逆算の方もいるでしょうが、

それ以上に、

▲自分個人の熱量またはベクトル

▲いい意味でアホ、健全なアホ

▲面白がる、好奇心に基づき行動しまくる

▲呼ばれたら、とりあえずノリで行ってみる

▲勢いで行けるところまで行ってみる

といった、

【出会いとノリと勢い】

に集約されるのではないでしょうか?

 

■読者の皆さんにとって、

身近に【出会いとノリと勢い】

はありませんか?

 

■読者の皆さん、

 改めて、YoutubeやCD屋、

 ライブ会場などで是非永田くんの演奏をお聴きください!

 http://ngtmasaki.blog.fc2.com

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は
 こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.com

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

3.「出会いとノリと勢いと」・サマリー

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃【Street & Book Smart Summary】┃

┃■どうやら、           ┃

┃【出会いとノリと勢い】            ┃

┃で出てくる人たちは        ┃

┃だいたいつながっている      ┃

 

┃■恐らく当初はふつーだが、    ┃

┃そこには             ┃

┃▲人と人を結びつけるキーマン   ┃

┃▲強烈な磁場・エネルギーを    ┃

 放つ人物や場所          ┃

┃▲熱量またはベクトルの向きが同じ ┃

 といった、共通点もある      ┃

 

┃■渦を巻き、渦に出会うには    ┃

┃▲自分個人の熱量またはベクトル  ┃  

┃▲いい意味でアホ、健全なアホ   ┃

┃▲面白がり好奇心で行動しまくる  ┃

┃▲呼ばれたらノリで行ってみる   ┃

┃▲勢いで行けるところまで行ってみる┃

 といった、

┃【出会いとノリと勢い】      ┃

┃が大事なのではないか      ┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃

━━━━━

┃発行者        : (合田啓作)

┃お問い合わせ先  :keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━