72号・成果を上げる5つのポイントとは?

平成29年3月28日 Street & Book Smart 72号

■【成果を上げる5つのポイントとは?】

    合田啓作(ごうだけいさく)             ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
<Street & Book Smart& Highlight(ハイライト)>

1. メルマガ読者の方のご感想3件

2.成果を上げる5つのポイントとは?

3.成果を上げる5つのポイントとは?
・サマリー

今回のメルマガは上記のような構成です。

お時間のない方は、ご興味のある箇所からどうぞ!
───────────────────────────────────

■今回は、読者の方から頂いたお手紙を、

 3件紹介させて頂きます。

━━━━━━━━━━━━━━━━

1.メルマガ読者・ご感想3件

────────────────

■以下のようなお便りを頂きました。

 以下、一部を引用します。

(ここから)
 ————————————————–

 
いい内容でした。
親とかより学校とかかもね、
わたしの場合は。
親も変だったけど。
 
修士半分行ったときに
「これは実力的に博士は無理」
と思ったと同時に、
「奨学金返して親への借りをできるかぎり返しつつ、
自分で稼がなくては精神的に好きなことができない」
と思って就職したことを思い出しました。
ですが今度は会社というものが洗脳を強いてきますね。
 
親、学校、会社
 
から自由になることが大事だと思い当たりました。
 
私にとっては一時的にでも
それらを忘れさせてくれるのがアートであり、
だからことアートが大事だと思っているようです。
さらにアートの中味については、
美意識や快楽だけではなく、
考えさせるという点でコンセプチュアルアートに惹かれ、
実生活を変える力を持つという意味で、
ソーシャルムーブメントに興味がある
 
ということなのだと思います。
 
あと、没頭ですね。
 
○○をしていると、
あれこんなに時間経ってしまった、
と感じるときがあります。
その最中のいわゆる「知的快楽」は計り知れず、
これぞ生きる意味だくらい
うれしくなります。
 
マインドフルネス、ゾーン、とかそういう状態でしょうか。
 
わたしの場合、
上記の状態に「自分が主体的に作っていること」
という条件が入っていると
悟りを開いたようなクリーンなゾーン感覚を得られます。
非自己化していく、自分が透明になっていく感覚。
ゴミが片付いていく感覚。
 
一方、
食欲、睡眠欲、性欲、金銭欲も、
同じようにゾーン感覚を生んでいるものの、
「自己が濃くなっていく」感覚があり、
ちょっと危険な気がしてしまう。
なんとなくです。
ゴミがたまっていく感覚。
黒く塗りつぶされていく感覚。
 
この後者はでも生きるために必要なので、
できるだけ前者の時間も確保し、
自分を相対化する必要がある、
と言った感じかな。
 
両方ないと社会的には生きていけないかも。
これは昨日聞いた話ですが、
 
「高い理想と、目の前の現実のはざまで、苦悩してください」
 
と表現できると思います。
 

(Sさま)

————————————————–
 (ここまで)

■Sさん、ご自身の洗脳と没頭体験について、
 
 貴重なご感想を頂き、有難うございました!

 同じメールが2通届いたとのこと、

 大変失礼しましたー(汗)!

   つづきまして、

 以下のようなご感想を頂きました。

(ここから)
————————————————–

ご無沙汰しております。
 
現在は○○○○でメーカーの開発・試作担当として働いており、
4月で一年となります。
仕事内容としては商品の改造
新商品プロトタイプの製作
製造ラインの改善活動等を行っております。
仕事は覚えることも多く大変ではありますが、
やりたいことがぼんやりと見えてきつつあり
目標に向かって楽しく仕事をしています。
今後もメルマガ楽しみにしています。

(R・Kさま)

————————————————–
 (ここまで)

■R・Kさん、ご連絡有難うございます!

「やりたいことが少しずつ見えてきつつある」

 との言葉、頼もしく拝見しました。

 プロトタイプや改造など、

 私(合田)も教育や変化・成長という分野で、

 プロトタイプの制作、

    原理・原則の製造を行っていきたいと思っています。

 また話を聞かせて下さい。

 今後とも宜しくお願い致します!

   つづきまして、

 以下のようなご感想を頂きました。

(ここから)
————————————————–

こんにちは。元気にやっております。
ひとまず29日締め切りのESを提出するため
ラストスパートをかけております!
 
そういえば母が
「合田先生のメルマガは
物理や化学のような感じでめちゃくちゃ難しい。
物凄い頭が良いんだろうし、
(メルマガ読んでて)凄い人というか、
別次元の人なんだなぁと思った。。。。」
と言っていました。
ちなみに、物理や化学のように感じたのは、
先生の文章が「無機質」だったからだそうです(笑)
 
長々と失礼しました。
色々と言語化すると、
会社に就職して会社員でやっていくだけでは叶わない、
ということが分かってしまったので、
思わず笑ってしまいました(笑)
 
よろしくお願いします。

(E・Fさま)

————————————————–
 (ここまで)

■E・Fさん、

 ご感想を頂き、有難うございました!

 「物理や化学のような感じでめちゃくちゃ難しい」

 というお母様のご指摘、重く受け止めさせて頂きました(笑)

 私(合田)としては、難しく書いている意識はなく、

 まして「物理・化学」といった意識はさらさらないのですが、

 人に伝え、わかってもらうための工夫と改善が足りないんでしょうね(汗)

 今後、少しずつ工夫と改善を続けていきます。

 ES頑張って完成させて下さい!

   今後とも宜しくお願い致します!!!

 
◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は
 こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart; Highlight(ハイライト) 」
(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

2. 成果を上げる5つのポイントとは?
─────────────────────────

■私(合田)は授業でも、コンサルでも、

生徒さんや顧客の方に大量の質問をします。

実際、私の仕事の50%以上は、

「適切な質問をすること」

と定義しています。

例えば、

▲質問に答えられるかどうか

▲質問に、どの深度まで答えられるか

▲質問で、自分はどこまでわかっていて、

 どこまでわかっていないのかを言語化できるか

▲質問に対して、どのような言葉を使うか

など、1つの質問に対するリアクションで、

実は大量の情報が得られるんですよね。

 

■その中でも、最近ハッキリと気づいた、

成果を出す上での5つの重要な質問が以下。

Q1自分は、行動・努力すれば、

 結果・実績を出せると思えるか?

 

Q2子供のとき、身近な誰かに、

 「あなたはできる子だ」「やればできる」

 などと繰り返し言われたことがあるか?

 

 

Q3今まで、一定期間何かを継続し、

 かつ結果・実績を出したことがあるか?

 

 

Q4周囲の知り合いで、

自分と同様の希望を実際に叶えた相談できるモデルはいるか?

 

 

Q5自分はじっくり考えて納得してから行動する派?

それともとりあえずやってみる派?

 

■まず、

「Q1自分は、行動・努力すれば、

 結果・実績を出せると思えるか?」

これは、再三メルマガでも書かせて頂いている通り、

▲(無条件に)はい

▲まあまあ(ちょっと自信がない・対象によっては自信ない)

▲いいえ(全然自信がない)

の3通りの回答があるのですが、

無条件イエスの人は最強ですね。

新しい何かを始めるときにも、

無根拠に、自己肯定感があるわけですから。

 

■では、「まあまあ」や「いいえ」の方は、

なぜそのように答えられるかというと、

「Q2子供のとき、身近な誰かに、

 「あなたはできる子だ」「やればできる」

 などと繰り返し言われたことがあるか?」

「Q3今まで、一定期間何かを継続し、

 かつ結果・実績を出したことがあるか?」

の2つの質問のうち、

Q2の回答で、今まで誰かに「できる」と肯定された経験がない、

あるいは、

Q3の回答で「一定期間何かを継続」し、

かつ軌道に乗せたことがない、

のどちらか、あるいは両方の方が多いです。

 

■例えば私(合田)の場合、

Q3の「一定期間継続」については、

▲硬式テニス(4年)

▲ピアノ(10年以上)

▲講師・教育業(もうすぐ10年)

あたりが念頭に浮かび、

「はい」と答えます。

 

■Q1~3の質問が、

回答者のマインドセット、

精神状態や自信をあらわすとしたら、

 

Q4周囲の知り合いで、

自分と同様の希望を実際に叶えた相談できるモデルはいるか?

Q5自分はじっくり考えて納得してから行動する派?

それともとりあえずやってみる派?

 

の2つの質問は、

Q4=具体的にイメージでき、

かつどうすればいいか理解できているか

Q5=イメージしたり理解したことを、

実際の行動に落とし込んで、

実験・実践できるか

を示します。

 

■そして、実はQ4で「いいえ」、

Q5で「じっくり派」の人が予想外に多く、

Q4で「いいえ」であった場合、

▲どうすればいいか臨場感を持ってイメージできない

▲理解できていないから、無手勝流で闇雲にやってしまう

▲効率が悪く、例えば1年で臨む成果を達成できない

▲我流に拘り、結果として変化・成長を遂げることができない

ことが多いです。

 

■同様に、Q5で「じっくり派」の場合、

考えたり、計画を立てることに時間を使いすぎてしまい、

▲石橋を叩きすぎて壊す(笑)

▲情報を集めたり、計画を立てることに時間を費やしすぎる

▲頭の中でイメージが膨らみすぎて、

現実の自分とのギャップに耐えられない

▲納得するまで始めないが、やってみなければ納得することはないため、

いつまで経っても納得に至らない

▲「自分探し」を続けてしまう

といった方が多く見受けられることに気づきました。

 

■読者の皆さんの中で、

Q4周囲の知り合いで、

自分と同様の希望を実際に叶えた相談できるモデルはいるか?

→いない

Q5自分はじっくり考えて納得してから行動する派?

それともとりあえずやってみる派?

→じっくり考えて納得してから行動する派

の方、

かつもし両方揃っている方がいらっしゃれば、

「成果を出す」という点から見ると、

かなり危険信号です(汗)

身近で上手く行っている人々を長年見ていると、

ほぼ例外なく、身近にロールモデルとの出会いがあり、

かつ、行動派でガンガン実験する中で鉱脈を探り当てる方ばかりです。

 

■読者の皆さん、

 最後までお読み頂き有難うございました!

 読者の皆さんは、

 以下の質問にどのように答えられますか?

Q1自分は、行動・努力すれば、

 結果・実績を出せると思えるか?

Q2子供のとき、身近な誰かに、

 「あなたはできる子だ」「やればできる」

 などと繰り返し言われたことがあるか?

Q3今まで、一定期間何かを継続し、

 かつ結果・実績を出したことがあるか?

Q4周囲の知り合いで、

自分と同様の希望を実際に叶えた相談できるモデルはいるか?

Q5自分はじっくり考えて納得してから行動する派?

それともとりあえずやってみる派?

 

◎メルマガ読者の方+個別コンサルティング顧客の方からのご感想の一部は
 こちらから。

◎読者の皆さんからのご感想を励みに、
 メルマガを配信しております!
 ご感想はkeisakugoda@icloud.comへ。

◎最近、ご紹介による登録が増えています。
 ご紹介頂いた方、有難うございます!!!
お友達・お知り合いで、
 お役に立てそうな方がいらっしゃいましたら、
 以下URLをお伝え頂くか、転送をお願いします!
http://streetandbooksmart.com

 

3.成果を上げる5つのポイントとは?・サマリー
┏━━━━━━━━━━━━━━━━━

【Street & Book Smart Summary】┃
┃                ┃
┃■Q1自分は、行動・努力すれば、┃

┃結果・実績を出せると思えるか?  ┃

┃Q2子供のとき、身近な誰かに、 ┃

┃「あなたはできる子」      ┃

┃「やればできる」        ┃

┃など繰り返し言われたことはある?┃

┃Q3今まで、一定期間何かを継続し ┃

┃結果・実績を出したことがある? ┃

┃Q4周囲の知り合いで、      ┃

┃自分と同様の希望を実際に叶えた  ┃

┃相談できるモデルはいるか?   ┃

┃Q5自分はじっくり考えて     ┃

┃納得してから行動する派?    ┃

┃それともとりあえずやってみる派?┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━┃
━━━━━
┃発行者: (合田啓作)
┃お問い合わせ先:keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━