28号コアとなる価値観に基づく2016年度計画と 100日行動計画の実践で気づいたこと


平成28年11月28日 Street & Book Smart 28号

【 コアとなる価値観に基づく2016年度計画と

 100日行動計画の実践で気づいたこと 】

合田啓作(ごうだけいさく)  


 

■こんにちは、合田です。

 前回27号で、

【言語化・方法化の先に運とタイミングが合う瞬間がある】

 をお送りしたところ、

 また多くの方からご感想を頂きました。

 以下、一部引用です。

(ここから)


「運」について。

「運」が良いとは、何をもって言うかやな。

五体満足で産まれる、

社会で成功する(金、名誉)、

たまたまテレビのチャンネルを変えた時に同じCMが流れてたなど、

人にはどこの基準で運をええかということは大事やね。

産まれてきたことを考えたら、

今生きてる人は全て運がいいになるしね。

何かを良い、悪いと言うのは比較対象があるときよね。

自分は運がいいと思ってるで。

どん底に落ちそうな時はギリギリ助かって、

落ちるとこまで落ちないから(笑)

今健康で生きてることもやね。

違う視点で見たら、運が悪いと思う時もあるし。

まぁ、結論。

運って…何事においても感謝する気持ちやないかな(笑)

思い出した!

ある関西での電車事故。

あれは実はいつも使う電車かつ、先頭車両に乗ってた。

しかし、あの日はたまたま教授に呼ばれて早い時間にのったから避けれた。

たまたまあの電車に乗った人もおるだろうから、何とも言えないが。

やっぱり、

運がいい=今現在おること

ちゃうかな。

(Y・Mさま・生物講師)


(ここまで)

 

■Y・Mさん、

 貴重なご感想を頂き有難うございました!

 私(合田)の父も、乗るはずの飛行機にのれず、

 結果的にその飛行機が墜落して全員死亡したり、

 私(合田)の祖父も、第二次大戦中、

 急病のため強制入院となり、

 乗る予定だった船(確か硫黄島かアッツ島行き)が米軍魚雷に撃ち抜かれ、

 全員死亡、結果祖父だけ助かったり、

 私(合田)の祖母も、長崎で爆心地から数百メートルのところで被曝したものの、

 危機を感じて急いで押し入れに逃げ、結果無傷(祖母談)など、

 結果的に幾多の「運」に守られて、こうしてメルマガを発行できています。

 今度、ゆっくり話を聞かせて下さい。

 貴重なご感想を有難うございました!!!


 

<今日の活動ドキュメンタリー>

■朝から授業×3

+営業用小冊子作成継続中

+夜は現役生向けの授業


■ 今日は朝から授業、授業、授業!

 途中、営業用の小冊子作成を継続し、

 夜は現役生向けの授業です。

 

■ 合間に読書。

 かつて孫正義氏の秘書をつとめられ、

 現在は英語スクールの運営等を行われる三木雄信氏、

『ソフトバンクで孫社長に学んだ夢を「10倍速」で実現する方法』を再読了。

 以下、一部引用。

 

□「最も大事な点は、ザックリとビジョンを決めてあること

 30代◯◯

 40代◯◯

 50代◯◯

 60代◯◯

 70代◯◯

 かつ、毎年年度計画が作られていること

 目標が数値化されていること」

 

□「自分を探さない、

 10秒以上考えてわからないことは人に聞く、

 ロールモデルを探す

 

□ 「出すべきアウトプットは、

 動詞ではなく、名詞で伝える」

 

□ 「掘り下げるのではなく、

 小さく仮説を立てて行動の中で検証していく。

 例)ヨーロッパで料理屋を出したい

 →スペイン・ポルトガル=タコ料理盛ん

 →寿司屋多→たこ焼き屋少

 →現地イベント(単発)でたこ焼き屋を出し、リアクションを見てみる」

 

□「人と会う予定や発表の日程といった、

 絶対に動かせない「小さな目標」を先に設定する

 さらには、それが月間→週間で落とし込まれていること」

 

□「わらしべ理論

 わら

 =「一見するとあまり価値がない(競合少ない・面倒臭い)ように見える」

 が

 「交換価値(ニーズ)」があり、次の「上りエスカレーター(時流)」に乗る上で、

 必要なステップ」

 

□「わらしべ戦略

 小さな目標→小さな目標→小さな目標→大きな目標

 小さな目標設定=自分の力でなんとかできそう(ギリギリ)+大きく飛躍が可能

 例)佐藤オオキ氏

 →孫社長の元で(yahoobb)でバイト

 →ミラノ・サローネ出展

 →ジュリオ・カッペリーニから家具発注

 →逆輸入」

 

□「ナンバーワン戦略

 =人、モノ、お金、情報が集まる

 =人がやらない、あるいはやっている人が少ない分野を見つける

 →フィールドを小さく区切り、

 自分しかいない範囲・領域を作る、

 勝手に1番の実績を作る」

 

□「くじ箱戦略

 =当たるまで、箱からくじを引き続ける

 ①当たりが多そうなくじ箱を選ぶ=上りエスカレーター

 ②くじを引くコストを下げる

 ③くじを引き続ける

 例)「弁護士」と結婚したい

 →弁護士候補がたくさん集まる場所は?

 =司法試験予備校

 →上位20に声をかける

 →連絡先を交換しておく」

 

□「解決効果大←→小

 実行可能←→不可能

 【効果大×実行可能】の両者を満たすもの=全体の2割

 

□「構造化する

 例)1万個出せ!

 →まず10を出す

 →出した10をさらに10個に分ける

 →10を100に細分化する

 10×10×100=10000」

 

□「ふわっと質問しない

 仮説・具体的に絞り込んで質問する

 2分割法ー今日できること+今日できないこと」

  http://amzn.to/2fGCirI

 

■ちょうど、1年前の今日、

 昨年2015年11月28日、

 上記に引用した三木氏の書籍を購入し、

 2016年度の年度計画及び2020年までの5ヶ年計画策定に利用しました。

 

■具体的には、

 <コアとなる価値観>→<コアとなる価値観に基づく2016年度計画>

 をまず策定し、

 上記に基づいて<100日行動計画>×3分割にして、

 2016年度を生き抜きました。

 

■実践してみて、最も重要だと私(合田)が感じたのが、

 自分の「心が震える価値観」に基づき、

 自分の「心が震える目標」を言語化しておくこと。

 例えば、

 「~すべき」

 「~しなければならない」

 といった義務感に基づいたり、

 最高レベルの体力や集中力が必要な、無茶な目標を立てても、

 1度挫折→全くできなくなる→自尊心が破壊される→以前よりも悪くなる

 といった悪循環にハマるのは、私(合田)自身が経験済みです(汗)

 

■日々の行動については、

 <100日行動計画>を毎日確認し、

 終わったらチェックを入れていく。

 一方、もし方向性に悩むことがあれば、

 <コアとなる価値観に基づく2016年度計画>

 を見返し、進捗に応じて年度計画自体にも微修正を加えていきました。

 

■達成率は、現状でおよそ8割、

 今現在も、残りの2割達成に向けて<100日行動計画>を実施中です。

 こうした私(合田)自身を実験台にした検証を経て、

 ある程度、目標計画出しと達成の勘所もつかんできました。

 

■もうすぐ12月。

 そろそろ2016年度を振り返り、

 新たな2017年に向けた年度計画を立てよう!!!

 と目論んでいらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

 そうした方を対象に、12月に枠数を限定して、

 【2017年度目標設定と100日行動計画作成】

 のための個別コンサルティングを、

 【今まで個別コンサルティングをご利用頂いたことがない方】、

 かつ【5枠限定】で実施致します。

 

■お申込みは以下からお願いします。
 


 < 2017年度目標設定と100日行動計画作成 >

  <福岡開催>

 【日程】

 2016年12月某日

 (5枠限定で、できるだけご要望に応じさせて頂きます

  ご希望の方はお問い合わせ下さい!)

 

 【時間】

 2時間

  ※多少の延長があるかもしれません。

 

 【場所】

 福岡市の某会場

  ※詳細はお申し込み下さった方に、

   改めてご案内いたします。

 

 【参加費】

 30,000円+税

 (学生の方は、18,000円(税別)の特別学割価格で実施致します)

  ※分割払いもご相談に応じます。

  ※ご入金先については、お申し込み下さった方に

   改めてご案内いたします。

  ※スカイプなどでのコンサルティングも

   受け付けております。

  <お申し込みは、今すぐこちらから>

 keisakugoda@icloud.com

 ※お申し込みは先着順にて承っておりますが、

  定員となり次第、受付を締め切ります。


 会場でお目にかかれることを

 楽しみにしております。

 ※少人数・枠数限定での開催ですので、

  満席になり次第、

  受け付けを終了させて頂きます。

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart  Highlight(ハイライト) 」

(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Street & Book Smart  Highlight(ハイライト)>

【コアとなる価値観に基づく2016年度計画と100日行動計画の実践で気づいたこと】

───────────────────────────────────

■ 私(合田)自身がコアとなる価値観に基づく2016年度計画を策定し、

 気づいたこと、学んだことを以下に述べていきます。

 

■まず、いきなり逆説的ですが、

 現時点での自分を基準に考えてはいけない、

 ということが1点目の学びです。

 

■なぜなら、現時点での自分を基準に考えると、

▲ブレーキをふんでしまう

▲「無理に決まっている」とはじめから否定してしまう

▲目の前のタスクを過大評価し、自分の可能性を過小評価してしまう

 といった点が挙げられるからです。

 この段階で重要なのは、

 「かなり凄えーーーー!!!」

 「会うのがためらわれる、、、」

 「直接話すのが緊張する、、、」

 という圧巻レベルのロールモデルに実際に触れ、

 できれば身銭を切って飛び込んで、

 直接、あり方や思考、意思決定基準を、

 「空気を吸うように」感じることです。

 かつ、それを明確に【言語化】して、

 反復しながら刷り込む必要があります。

 

■ 私(合田)自身も、

 8年間一方的に私淑していた著者に、

 【1時間12万円×回数+東京への往復の交通費×回数】

 といった身銭を切りまくった投資及び行動を繰り返す中で、

 実際に上記内容を実践し、文字通り痛感しました。

 ネットで読んだり、本で読むのと、

 緊張するレベルの人を目の前にするのでは、

 全く効果が異なるんですよね。

 確かに、本の方が安いじゃないか、

 というご意見もあるかと思います。

 ですが、1,500円の本を読んで10,000円のリターンを300日かけて得るのと、

 120,000円でご本人を前にして、数十万、数百万のリターンを数ヶ月で得るのでは、

 一体、どちらに投資効果があるのか、

 一体、時間投資を有効に行えているのはどちらか、

 という点については明確に学びと成果を得ました。

 

■次に重要な点として、

 いきなり細かいですが、全てが数値で測定可能になっていること。

 上で述べた圧巻・圧倒ロールモデルが【定性】だとすると、

 その【定性】的目標が明確に【言語化】された上で、

 言語化にとどまらず【数値化】されている必要があります。

 

■【数値化】の要諦として、

 ▲【締め切り日時】

 ▲【測定可能でゴールとなる数値】

 ▲【測定可能な途中数値】

 の3点が明確になっている必要があります

 この3つのうち、どれかが不明瞭であれば、

 【ゴールからの逆算】

 【途中、進捗効果の測定】

 【ゴールと進捗の擦り合わせによる微調整】

 がきかないため、計画は頓挫しやすくなります。

 私(合田)自身の気づきとしては、

 計画が上手くいった翌週や翌月がとくに危ない(笑)

 単純に気が緩み、測定をやめてしまうんですよね(汗)

 それで、進捗が止まったり、ある種のリバンウンドが起こりそうになり、

 ゴールから逆算した進捗調整を数回行いました。

 

■最後に重要な点として、

 これが最も重要なのですが、

 過度な完璧主義に陥らないこと。

▲自分はこうあるべき

▲本来はこうすべき

▲1日も休まず継続すべき

▲継続は力なり

▲1回でもやらなければ全てが台無し

 といった極端な完璧主義にはまっていると、

 十中八九挫折します。

 毎日が挫折の危機に瀕した日々となります(笑)。

 

■ロールモデルに触れ、

 言語化し、

 数値に落とし込み、

 進捗による微修正ができれば、

 あとはそんなに気負わなくても、

 むしろ気負わない方が、

 計画自体が自重と慣性の法則で勝手に進捗していきます。

 

■以上をお読み頂き、

 かつ2017年度の年度計画を軌道に乗せたい読者の方、

 そうした方を対象に、12月に枠数を限定して、

 【2017年度目標設定と100日行動計画作成】

 のための個別コンサルティングを、

 【今まで個別コンサルティングをご利用頂いたことがない方】、

 かつ【5枠限定】で実施致します。

 

■お申込みは以下からお願いします。

 


 < 2017年度目標設定と100日行動計画作成 >

  <福岡開催>

 【日程】

 2016年12月某日

 (5枠限定で、できるだけご要望に応じさせて頂きます

  ご希望の方はお問い合わせ下さい!)

 【時間】

 2時間

  ※多少の延長があるかもしれません。

  ※終了後の懇親会の予定はありません。

 【場所】

 福岡市の某会場

  ※詳細はお申し込み下さった方に、

   改めてご案内いたします。

 【参加費】

 30,000円+税

 (学生の方は、18,000円(税別)の特別学割価格で実施致します)

  ※分割払いもご相談に応じます。

  ※ご入金先については、お申し込み下さった方に

   改めてご案内いたします。

  ※スカイプなどでのコンサルティングも

   受け付けております。

  <お申し込みは、今すぐこちらから>

 keisakugoda@icloud.com

 ※お申し込みは先着順にて承っておりますが、

  定員となり次第、受付を締め切ります。


 会場でお目にかかれることを

 楽しみにしております。

 ※少人数・枠数限定での開催ですので、

  満席になり次第、

  受け付けを終了させて頂きます。

 合田拝

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

   Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のご感想はこちら

⇒keisakugoda@icloud.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃                  ┃

【Street & Book Smart Highlight】   

┃                  ┃

┃■目標策定と行動の要諦は       ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 現時点での自分を基準に考えないこと┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ この段階で重要なのは、      ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃圧巻レベルのロールモデルに実際に触れ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 身銭を切って飛び込んで、     ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ あり方や思考、意思決定基準を、  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃「空気を吸うように」感じ、     ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 明確に【言語化】して、      ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 反復しながら刷り込むこと     ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃■次に重要な点として、        ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃【定性】的目標が          ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 明確に【言語化】された上で、   ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ かつ【数値化】までされていること ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃【締め切り日時】          ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃【測定可能でゴールとなる数値】   ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃【測定可能な途中数値】       ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ の3点を数値化する         ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃■最後に重要な点として、       ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃過度な完璧主義に陥らないこと    ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃気負わない方が、          ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃計画自体が自重と慣性の法則で    ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃勝手に進捗していく         ┃

┃                  ┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃

━━━━━

┃発行者        : (合田啓作)

┃お問い合わせ先  :keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のバックナンバーはこちら

⇒http://www.bizmail.jp/sys/backno?mode=0&mgid=keisak

■合田啓作 Facebook

 ===>https://www.facebook.com/keisaku.goda

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  の配信停止はこちら

⇒sub-ZK92xlL34Z@bizmail.jp