18号健全なセルフイメージと健全な物語(虚構)をセットで!


平成28年10月24日 Street & Book Smart 18号

【健全なセルフイメージと健全な物語(虚構)をセットで!】

合田啓作(ごうだけいさく)                  


■こんにちは、合田です。

  今回も数名の方からご感想を頂きました。

  以下、一部引用です。

(ここから)


合田先生

先生、こんばんは。

前にメルマガで

僕のブログのURLを掲載してくださって、

ありがとうございました。

読んでいた時に全然気付かなかったのですが、

(本当にすみません!)

アクセス数が上がったので

何があったか調べていたら…気づきました(笑)

改めて、ありがとうございます。

P.S

得意技、「貢献できるポイント」の記事を書いたのですが、

反応が良かったです。

みんな自分の得意技とか、

貢献できるのは何か等を表立っては言わなくても、

考えてるのかなぁと思いました。

(Fさま・英語学科3年生)


(ここまで)

(ここから)


大学に入って会計士試験の勉強を始めました。

明日大きなテストがあり、

いろいろな不安を感じていたのですが、

「不安が適切なものかどうか」

という視点から気持ちを整理することができました。

今の自分に丁度必要な言葉を頂きました!

(Iさま・早稲田大学政治経済学部1年)


(ここまで)

 

■Fさん、Iさん、

ご感想を有難うございました!!!

  

>Fさん

アクセスアップに微力ながら貢献できたとのこと、

嬉しく拝読しました!!!

引き続き今回のメルマガでも、

http://omotenashi-the-world.hateblo.jp

貢献させて頂きたく思います(笑)

 

>Iさん

「大きなテスト」無事、終わられたでしょうか?

  Iさんは同門、同学部、同学科に進学され、

  ただならぬ応援心を頂いております(笑)

  引き続き、

 メルマガでもフォローして参りますので、

  宜しくお願い致します!!!


<今日の活動ドキュメンタリー>

■朝から授業×3+合間にメルマガ外部リンク用HP設計+夕方から授業


■ 今日は朝から授業、授業、授業!!!

  その後、 このメルマガに関連して、

  外部から登録可能なサイトの設計。

  夕方から現役生向けの授業でした。

 

■ このところ、大学へ提出する志望理由書について、

  1日に4~5名の生徒さんから、

  コンスタントに質問を受ける日が続いています。

 

■ よくありがちな勘違いが、

「志望理由書なんて2~3日で書ける」というもの(汗)

  2~3日という日数以上に、

▲相手(大学や教授)を知ろうとしない姿勢

▲人生の岐路だという自覚がない姿勢

▲自分の潜在・顕在価値を値踏みされる危機感が

 まるでない、その姿勢

▲相手に価値を提示できるよう、

 過去の自分を省察し、

 端的に物語として語れない姿勢

  こそが問題では、と私(合田)は感じます。

 

■ 合間に読書。

  アメリカの敏腕マーケッター、

  D・ケネディの『No Rules』を再読了。 

 以下、一部引用。

 

□ 「セルフ・イメージと矛盾する決意を立てても

  絶対にうまくいかない。

  ある人間が「できること」と「できないこと」を決めるのは、

  その人のセルフ・イメージだ。」

 

□ 「しっかりしたセルフイメージの土台を作る→

  綿密な計画を立てる→

  現実的なプランとノウハウを持つ→

  おのずと将来を楽観できるようになり、

  ポジティブに考え、行動できるようにする。」

 

□ 「大きな成功を収めるためには

  天性の素質がなくてはならないと信じ込むことで、

  自分の可能性を大幅に狭めている人は少なくない。」

 

□「成功を収めた人のほとんどは、

  天性の素質などまったくもっていなかった。

  自分の弱点を乗り越えて億万長者になったのだ。」

 

□「×今、注目はどのビジネスですか?

  ×始めやすいのはどういう仕事ですか?

  ◯私にとって、始めやすいのはどういう仕事ですか?」

 

□「新しいアイデアと言っても、

  現実にはどこにでも転がっているものばかりだ。

  アイデアは、それを実用化し、市場に投入し、

  セールスとマーケティングを行うなど、

  骨の折れる努力をたくさんやってはじめて価値が出る」

 

□「どこかにかならず成功したお手本がある。

  注意深く研究すれば、誰でもそこから

  山ほどのヒントを引き寄せる。

  当たり前のことを人並みはずれた熱意と努力で

  行うことの力を忘れてはいけない。」

 

□「羨望や嫉妬のとりこになってはいけない。

  そんな暇があれば、幸運が降ってくる

  可能性のある環境に、

  なるべく自分を置くように努めたほうがいい」

 

□「私はほとんどの場合、

  プロジェクトの「計画」と「実行」を同時に進める。

  完璧を期すのではなく、ときには質を犠牲にしても、

  とりあえず商品を送り出すことを優先する場合も多い。

  欠点の矯正や微調整は

  市場にデビューさせたあとですればいい。」

 

□「資金に不自由せず、

  生き残りのために苦労しないですむことは、

  むしろ有害な場合も少なくない。

  資金がないと金を儲けられないと言う人は、

  たとえ資金があっても儲けることができない」

  http://amzn.to/2eJxS17

 

■ 生徒さんと接する中で、

 唯一、初期設定として関与するのが難しいのが、

 D・ケネディも指摘する「セルフイメージ」です。

 かつ厄介な点は、

 「セルフイメージ」が低い人は、

  他者に対するイメージも極端なケースが多く、

▲相手を極端に蔑む

▲相手を極端に美化する

▲相手と一定の距離・一定の信頼を維持できない

 ことが多いように私(合田)は感じます。

 

■ この点で、志望理由書は、

 健全な「セルフイメージ」に基づき、

▲相手に対して適度に敬意を払い

▲相手に対して提供できる価値を考え

▲相手と自分の間で共有できる物語(虚構)を提示すること

 が重要である、という方針で生徒さんにお伝えしています。

 

■それでは、

 「今日のStreet & Book Smart  Highlight(ハイライト) 」

(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Street & Book Smart  Highlight(ハイライト)>

【健全なセルフイメージと健全な物語(虚構)をセットで!!!】

───────────────────────────────────

■冒頭で、

▲相手(大学や教授)を知ろうとしない姿勢

▲人生の岐路だという自覚がない姿勢

▲自分の潜在・顕在価値を値踏みされる危機感が

 まるでない、その姿勢

▲相手に価値を提示できるよう、

 過去の自分を省察し、

 端的に物語として語れない姿勢

 という、

 志望理由書でよくある躓きを紹介させて頂きました。

 

■ 例えば、現在70代を超える方々の自伝などを読むと、

 「挫折」

 「失敗」

 「病気」

 「母を楽にさせてあげたい」

 「ハングリー精神」

 など、いくつか共通するフレーズにぶつかります。

 

  ここでの変化・成長の型は、

 不完全な性質を持つ主人公が、

 大きな身体的・精神的・経済的挫折に直面し、

 そこから仲間の協力・本人の強い意志、

 加えて時流に乗ることで大きく成長を遂げる、

 という共通点があります。

 

■ 例えば、落窪物語。

 例えば、シンデレラ。

 例えば、ドラゴンクエスト。

 例えば、桃太郎。

 例えば、ハリーポッター。

 例えば、ワンピース。

 

■ そしてこれらの主人公全てに共通するのが、

 「健全なセルフイメージ」を持っていること。

 例えば、中将からの求愛を受け入れる価値を自分に認め、

 例えば、王子さまからの求愛を受け入れる価値を自分に認め、

 例えば、仲間と旅に出て帰還できる価値を自分に認める。

 

■ さらに、

 「健全なセルフイメージ」と常にセットなのは、

 「健全な物語(虚構)」を掲げ、しかも仲間と共有すること。

 例えば、鬼を倒して仲間を救う。

 例えば、失われた財宝を取り戻す。

 例えば、世界平和を取り戻す。

 例えば、封印された謎を解明する。

 

■ 仮に志望理由書であっても、

 「健全なセルフイメージ」

 =自分は旅に出る(大学に入学する)価値を認め、

 「健全な物語(虚構)」

 =◯◯の研究をする、◯◯に貢献する、◯◯の謎を解明する

 というセットが必要な点で共通するのではないでしょうか。

 

■ 読者の方で入学や就職、転職等、

 所謂「志望理由」を言語化する必要がある方がいらっしゃれば、

 成長譚には、

 「健全なセルフイメージ」と、

 「健全な虚構」がセットである

 と覚えておかれてはいかがでしょうか?

 

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

   Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のご感想はこちら

⇒keisakugoda@icloud.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃                  ┃

【Street & Book Smart Highlight】   

┃                  ┃

┃■成長譚には、            ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃不完全な性質を持つ主人公が、    ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃大きな身体的・精神的・経済的挫折  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃に直面し、             ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃そこから仲間の協力・本人の強い意志、┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃加えて時流に乗ることで       ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃大きく成長を遂げる、        ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃という共通点がある         ┃

┃                   

                                                         

┃                  ┃

┃■ 同時に成長譚の主人公には、    ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃「健全なセルフイメージ」と     ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃「健全な虚構」を掲げ、共有する   ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ という共通点がある        ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃■他者に「志望理由」を提示する際、    

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃「健全なセルフイメージ」と     ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃「健全な虚構」を共有できているか  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃                  ┃

┃ 確認されてはいかがだろうか            

┃                  ┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃

━━━━━

┃発行者        : (合田啓作)

┃お問い合わせ先  :keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のバックナンバーはこちら

⇒http://www.bizmail.jp/sys/backno?mode=0&mgid=keisak

■合田啓作 Facebook

 ===>https://www.facebook.com/keisaku.goda

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  の配信停止はこちら

⇒sub-ZK92xlL34Z@bizmail.jp