15号水平移動と運気調整


平成28年10月5日 Street & Book Smart 15号

「水平移動と運気調整」

合田啓作(ごうだけいさく)                  


■こんにちは、合田です。

  今回も数名の方からご感想を頂きました。

  以下、一部引用です。

(ここから)


こんばんは。

メルマガの件、Eさんに教えたら

「塾で一緒だった友達にも教えるね!」と言ってました!!

役目を果たせたでしょうか?笑

メルマガ、どんどん広まっていくといいですね!(^^)

最近まで、バタバタとしていましたが、ようやく落ち着いて来ました。

特に、精神的に安定しているのが非常に大きいですね!

というよりも、

安定させに行ってるというのが正解なのですが(^^)

顧客の声、とは少し違うのですが、

「ミーハーだけど、流行りに敏感だし、

目立ちたいって気持ちを利用して

“その商品がどう目立つか”を考えられる、

流通とか広告とか良いんじゃない?」

との言葉をいただきました。

合田先生が、「学ぶこと」を自然にやっていたように、

俺は「流行りを追う」ことが自然にやっていることかもと思ったりしました。

まだまだ先は長そうですが、

今年何かが起こりそうなので(笑)、

とにかく動いて行こうと思います(^^)

あと、親との関係も非常に順調です!

(Fさま・英語学科3年生)


(ここまで)

(ここから)


おはようございます。

最近、ホームステイを急遽変更することになるなど、

忙しくて返信できませんでしたすみません!

14号をさきほど読んだのですが、

僕と同様な思いを持っている人がいるんだなーと思うとなんかほっこりしました。笑

コンサルの件よろしくお願いします!

メモや資料についてですがまだ全然準備できていませんが、

もし出来たらメールで送ればよいですか??

(Nさま・山口大学・2年生・ジョージア工科大留学中)


(ここまで)

>Fさん、Nさん、ご感想をありがとうございます!!!

前回私(合田)は、

「Fさんが山梨のEさんと繋がっていたとは!!!!!!!

Eさんのことはもちろん覚えています。

こうして福岡と山梨のご縁が繋がり、

大きな流れとなっていくさまに立ち会えるのは、

本当に私(合田)の喜びです。」

とメルマガで書きましたが、

今後、こうしたメルマガを介して

新たな出会いや再会をガンガン誘発したいと考えています。

Fさん、Eさんとの再会誘発のお手伝い有難うございました(笑)!

 

>Nさん

Nさんと同様の思いをもっている人はいます。

というか、かなりいます(笑)。

悩みというのは、個人差があるように見えて、

実はかなり似通ったパターンがあります

ホームステイ先を変更された、とのこと、

変化の兆しですね!!!

環境が変われば出会う人も変わり、

必然的に運気も変わってくると思うので、

是非、新しい流れに乗って下さい!

「メモや資料についてですがまだ全然準備できていませんが、

もし出来たらメールで送ればよいですか??」

については、でき次第お送り下さい。

お待ちしております!


<今日の活動ドキュメンタリー>

■朝から台風のため休講+夕方から授業+夜から自社教室にて遠隔映像授業


■ 今日は台風のため休講。

  数えてみると、約70日ぶりの休みでした。

 

■ 日中は、数冊の本を一気に読書。

現在、サイゼリア経営者・正垣氏+ニトリ経営者・似鳥氏+鬼頭宏昌氏といった、

チェーンストア系創業者の書籍を同時に読み進めつつ、

これらの方々の共通のルーツ、師匠筋にあたる渥美清一氏の本まで遡って、

商業経営の原理原則を自習しています。

 

  今週は、ターゲットを鬼頭宏昌氏に絞り、

時系列を追って、

『3億円使ってわかった資産のつくり方』

『赤字店を年商20億円に導いた飲食店開業経営の成功メソッド』

『耳かきエステはなぜ儲かるのか』

を順に読了。

筋金入りの創業経営者が、

どう考え、どう模倣し、どう実験し、どう実行してきたかを時系列で追い、

自らの行動にガンガン取り入れていきたいとワクワクしながら読みました。

 

■ 中でも、『赤字店を年商20億円に導いた飲食店開業経営の成功メソッド』から一部引用。

 

□ 「参入市場の決定の際、

→【競争相手を明確にする】

→【利用動機を変える+ターゲットを絞る】

→【成功要因を捉え、それを軸に競争相手との差別化を考える】

→【差別性がターゲットにとって価値のあるものかを深く考える】」

 

□「市場を選ぶ際、

大きい×寡占の緩い市場

小さい×寡占も緩い×成長可能性のあニッチ市場」

 

□「事業を取り仕切るのは、

俯瞰的視点とアイデアレベルの実務的な視点を自由自在に操る必要がある

大きな視点から1つずつ小さな視点に落とし込んでいく思考法を身につけることが大切

 

□「「付加価値をつける要素があるか・ないか・大きいか・少ないか?

飲食店>八百屋

例)コールスロー=キャベツ+コーン+マヨネーズ+調理

>例)キャベツ+コーン+素材売り」

 

□「【市場の区分け】

市場規模大きい・小さい×大手の寡占強い・弱い

1市場規模大きい×大手の寡占強い=ハンバーガーショップ・ファミレス・牛丼

2市場規模大きい×大手の寡占緩い=参入余地が大きい 居酒屋・ラーメン・そば

3市場規模小さい×大手の寡占緩い=市場を寡占するチャンス

参入市場について調べ上げることこそ経営者にとって最も大切な仕事そのもの」

 

□「【商圏の区分け】

大商圏か小商圏か、商圏人口が多いか少ないか

商圏とは、お店に来るお客様の過半数が生活もしくは勤務している地域のこと。

大商圏=

【徒歩20分以上をかけるお客様が大半】×【来店頻度低い】×【わざわざ来てもらう品質・工夫が必要】×【高価格】

例)高級レストラン、特殊料理

 

小商圏=

【徒歩10分以内】×【都心500m/地方2~3km】×【来店頻度高い】×【スタンダード商品】×【中~低価格】

例)そば、ラーメン

商圏人口が少ない場合、【利用動機を広くとる】×【ターゲットを広くとる】

 

□「市場の余白

=潜在需要のため、大化けする可能性も僅かにあるが、

需要そのものが全くない可能性もある」

 

□「事業家にとっての胆力は、生まれ持った気質ではなく、

どれだけ深く考えたか、

どれだけ多くのシミュレーションを繰り返してきたか、

どれだけ多くの事実を現場からつかみ取ったかによって決まってくる」

 

□「メニュー数は増やしても、食材の数は増やさない

=1つの素材から複数の組み合わせを作る・代用可能性を探る」

 

□「ネットで拡散されやすい画像=圧倒的インパクト

例)デカイ、多い、長い、ちいっちゃい、うまい、綺麗、面白い」

 

□「飲食店を経営していて、1店舗のまま終わっていく人と、

巨大チェーンを作り上げていく人では、いったいどこに違いがあるのか?

将来のビジョンを明確に持ち、

そのビジョンに向かう具体的な計画を持っていたかどうか」

 

□「大切なのは、今の自社の姿をいったん無視して高い目標を掲げること

「もっと現実をよく見ろよ」と言われるくらい高い目標を持つことが望ましい

自分で作った目標に対して、80%の達成率だったとか、50%の達成率だったとか、

そういった達成率で結果は出てくるので、

母数である目標というのは大きければ大きいほどいい」

 

■ 飲食店経営というと、

一見、講師や教室経営とは何の関係もなさそうなのですが、

「水平移動」という言葉があるように、

飲食店経営の「原理原則」はそのまま水平移動できそうです。

 

■とりわけ、

教育の「チェーンストア化」という切り口では全く考えたことがなかったため、

鬼頭さんや渥美さんのおかげで、

新たな切り口で日常業務の計画を立てていくきっかけを得られました。

  http://amzn.to/2dJC0x7

 

■それでは、

 「今週のStreet & Book Smart  Highlight(ハイライト) 」

(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<Street & Book Smart  Highlight(ハイライト)>

【水平移動と運気調整】

───────────────────────────────────

水平移動とは、

 他の国、ジャンル、地域、業界でうまくいったことを、

 自分の国、ジャンル、地域、業界に移動させてくることを指します。

 

  一方、

 運気とは、

 自然現象に現れる、好不調の波や流れを指します。

 

■ 水平移動の例はいくらでもあるのですが、

  例えば、

▲アメリカで当たったクリスピードーナッツを日本に水平移動する

▲東京で流行っているパンケーキを福岡に水平移動する

▲情報商材業界で流行っているマーケティング手法をリアルに水平移動する

▲飲食業界で上手くいった事例を教育業界に水平移動する

 

■ そして、水平移動を行う前提で世の中の時流を観察していると、

 一時的に流行るだけのものと、その後も定番化して残るものと、

 2つの運気に分かれるように私(合田)は感じます。

 

  松尾芭蕉がかつて述べた「不易流行」という教えは、

 今も脈々と生きており、

 新しみを求めて変化を重ねていく流行の中で、

 変わらない原理原則である不易が導かれるというも、

 古く意味不明な四字熟語ではなく、

 経営者やマッケッター、

 教育者にとって重要な教えになるのではないでしょうか。

 

■ 例えば、私(合田)が自分の運気の流れを把握する指標は、

▲街角でばったり人と会う確率(上がっている=運気高い)

▲しばらく連絡をとっていなかった人から連絡がある(=運気高い)

▲紹介によってお客さんが増える(=運気高い)

▲朝早く起きる、自然に目が覚める(=運気高い)

▲間に合う感覚がある 例)信号に間に合う、エレベーターに間に合う

▲適度な空腹感がある(=満腹・パンパンではなく、受け入れる余裕がある)

▲全く関係のないと思われるジャンルから、強烈にヒントを得る(=水平移動できることを確信する)

▲ヒットや下降など、短期間での極端な上下がない(=急に売れると、急に売れなくなる)

▲不自然さや嘘臭さといった、小さな違和感がない(=違和感があると、急に失脚したりする)

▲その話を聞いて、下腹部に緊張が走る感じがない(=緊張が走ると、危険信号)

などがあります。

 

■ 例えば予備校の講師という業界は、

 実は栄枯盛衰が激しく、

 不易流行のうち「流行」の部分がピックアップされやすいのですが、

 長く講師を続け、ロングセラー化(不易化)している先生方を拝見すると、

▲基本的に地味(例えばいつもスーツにネクタイで普通の格好をされている)

▲基本的に自然体(例えば無理・過剰な演出を行わない)

▲基本的にその学問対象が好き(例えば化学という科目そのものが好き)

▲基本的に若い人と接するのが好き(例えば生徒さんが単純にかわいい)

▲基本的に性格がいい、またはいい人(例えば後進のことや職員さんへの広い視野がある)

といった方が多いように、私(合田)は感じます。

つまり、過剰な演出や、そこから来る嘘臭さや違和感といったものが感じられず、

間に合う感じや、自然体である感じがするのです。

 

■私(合田)は、こうして「水平移動」できる対象を常に観察しつつ、

これらが一過的な流行なのか、それとも不易流行なのかに気をつけながら、

結果的に水平移動可能な別ジャンルを観察することによって、

自らの運気調整も行えるという副産物を得ています。

読者のみなさんにとって、「水平移動」できる対象や人は何ですか?

読者のみなさんはどうやって「運気調整」を行っていますか?

 

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

   Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のご感想はこちら

⇒keisakugoda@icloud.com

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃                  ┃

【Street & Book Smart Highlight】   

┃                  ┃

┃■水平移動とは、           ┃

┃                                                       

┃時流や現象を観察しながら、               

                                                         

┃原理原則=不易の部分を自らに移植する┃

                                                         

┃ことを指す             ┃

                                                         

┃                  ┃

┃■ ただ、一時的な流行で終わるものと ┃

┃                  ┃

┃ロングセラー化(不易化)するものが ┃

┃                  ┃

┃ あり、両者は似て非なるものである ┃

┃                  ┃

┃ ■ 両者の違いの大きなものに、   ┃

┃                  ┃

┃違和感がないか、自然体か、     ┃

┃                  ┃

┃嘘くさくないか、極端な上下がないか ┃

┃                  ┃

┃という観測ポイントがあり、     ┃

┃                  ┃

┃これらを定点観測することで、    ┃

┃                  ┃

┃他領域からの水平移動が可能になると共に┃

┃                  ┃

┃自らの運気調整も可能になる     ┃

                                                         

┃━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃

━━━━━

┃発行者        : (合田啓作)

┃お問い合わせ先  :keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のバックナンバーはこちら

⇒http://www.bizmail.jp/sys/backno?mode=0&mgid=keisak

■合田啓作 Facebook

 ===>https://www.facebook.com/keisaku.goda

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  の配信停止はこちら

⇒sub-ZK92xlL34Z@bizmail.jp