4号福岡では、山笠が終わり、蝉の大合唱と猛暑の日々です !


平成28年7月20日 Street & Book Smart 4号

■福岡では、山笠が終わり、蝉の大合唱と猛暑の日々です !

合田啓作(ごうだけいさく)                  


■こんにちは、合田です。

  今回は、たくさんの方からご感想を頂きながらも、

  今までご紹介できていなかったものをいくつかお伝えします。

  Sくん、Yくん、掲載が遅くなり失礼しましたー(汗)!

  以下、一部引用です。

(ここから)


最初は合田先生とお話ししているようで、懐かしい気持ちになりました\(^o^)/

そしてテーマの抽象さ、スケールの大きさ、

柔軟さに圧倒された気がします(笑)

圧倒されたのはおそらく、日々の現実感溢れる仕事の幅の狭さからだと思います。

これからこのメルマガの内容が体に馴染んでいくのかなって思いました。

またお話も是非聞かせて下さい!

   (Sさま・営業職)


(ここまで)

(ここから)


メルマガありがとう。

おもしろい、変わらず熱くて何よりです。

普段接してる人が若いから、エネルギーがあるんやろうなー

と思わせる感じでうらやましいです。

教育が重要だということ(単なる勉強だけでなく)は、最近特に思うねー。

ここ数年はこれまであんまり興味の無かった歴史とか、心理学とか、古典とか、

原点に返って、物理学とか数学とかいろんな本読んでみてるわ。

前会ったのは、トヨタやめて家具屋のベンチャーで働いて、

そこを辞めるぐらいのタイミングだったかと。

そこから会社は変わってないけど、木造関係のコンサルティング会社です。

ま、なんとかやっております。

勉強云々については、特に、こういう体験があったとかはないんやけど、

コンサルやりながら思ったことは

「みんな意外と勉強することを忘れて惰性で仕事を進めるからもったいないことなってんなー」

とか。

もちろんこっちは仕事やから勉強するけど、

それ以外にもいろんなことを学ぶことで、

いろんな経験とつなげることで、解決策がでてくるなと。

そういうのがおもしろい。ということかな。

あとは政治とかはあまり近づきたくないけど、

昨今のポピュリズムとか歴史を知るともっとおもしろく見えるだろうとか、

社会心理学を知ると、人の決断とか行動が何に左右されるかとか、ぼんやりでも見てるとおもしろいよね。

またぼちぼちメールします。

あたますっきりさせたい笑

今度福岡遊びに行くわ。

   (Yさま・木造建築コンサルティング職)


(ここまで)

Sくん、Yくん長文のご感想をありがとうー!!!

Sくん、「懐かしい気持ち」「テーマの抽象さ」

「スケールの大きさ」「柔軟さ」などなど有難うございます!

是非、日々の業務になんらかの形で伴走し、お役に立てればと思います。

Yくん、「教育が重要」「経験をつなぐことで解決策を出す」、

俺たちも歳をとったんだねえ(笑)。

引き続き、「変化・成長」というテーマで伴走していきますので、

コンサルティングを行いつつ、「教育」についても聞かせて下さい!

引き続き、宜しくお願い致します!


<昨日の活動ドキュメンタリー>

■自社教室にて授業+初対面の現役生向けに授業+D・ケネディ氏再読終了

+関西の友人2名と久々に3人で会食


■ 今日は、自社教室で授業。

 その後移動して、初対面の現役生向けに授業。

 合間に、D・ケネディの『大金持ちをランチに誘え』を再読了。

  http://amzn.to/2a6MqIt

 その後、関西からの友人2名と福岡・天神にて会食。

■ ダイレクト・レスポンスマーケティングのグル的存在であるD・ケネディが、

 「メンタルブロック」をどのように解除し、

 いかに「大量行動」を実行して、

 望む結果を現実化していくかについて述べた教えとして読み込みました。

   以下は、一部引用。

「自分の考えや行動のうち、子ども時代に根ざしたものが何と多いことだろう。

 人生の早い時期に規定され、その後一度も見直しをしていない制約や行動によって、

 大人になってからの人生をずっとコントロールされている。

 潜在意識内部の「自己イメージ」によってコントロールされている。

 この自己イメージは、子ども時代のプログラミングと経験によって形成され、

 その後自己内対話を通して強化されていく。」

「ほかの人がどう考えているか気になるとき、

 私たちはほかの人が自分に設定した目標を達成しよう、

 ほかの人の期待を満たそう、ほかの人が定義するものを満足させようと頑張っているのだ。」

「レッテルは、貼り付けられるというよりも縫い付けられる。」

「自分を縛っているのは思い込み」

「本当に不器用な子どもなんだから。

 物覚えが悪い子。

 本の虫ね。

 引っ込み思案でみんなのなかに入れない子だこと。

 あなたは無理よ。」

「あなたのいまの姿は、あなたがこうありたいと望んでいる姿そのものなのです」

■ ところで、5年程前から初回授業アンケートで、

 私(合田)は生徒さんに「あなたにとって国語(日本語)とは?」

 という質問を必ずしています。

 「苦手」

 「何をやればいいかわからない謎の科目」

 「読書量やセンスが重要」

 「費用対効果が悪い」

 「努力に見合った結果が出ない」

 「点数が安定しない」

 あたりが定番の、生徒さんによる国語「脳内言語定義」の回答です(汗)。

■前回メルマガでお伝えした、東大寺や愛甲、桐蔭や桜蔭、開成などの同級生たちは、

 「自分は(空気を吸うように)当然、東大に行くはず」

 という「脳内言語定義」をグルグルと回し続け、

 その当然の結果として東大に合格していました。

■一方、大学受験のステージで会う現役や浪人の生徒さんには、

 「自分は(もしかしたら)センター本番で失敗してしまうかもしれない」

 「数学は(どれだけ勉強しても)結局できるようにならない」

 「英語だけはどうしても苦手なままだ」

 「ほんとは医学部は無理かもしれない」

 などなど、負の「脳内言語定義」をグルグルと回し続け、

 「メンタルブロック」や「ブレーキ」を踏んでいる生徒さんが多くいるように、

 私(合田)は感じます。

■こう書く私(合田)自身も、数ヶ月に1回コンサルティングしてもらっている、

 先輩経営者との初回のコンサルティングで、

 「私(合田)が踏んでいる無意識のメンタル・ブレーキ」を指摘され、

 無意識レベルのマインドセットが整っていないことに衝撃を受けたのでした(汗)。

■ D・ケネディの言葉にならい、過去の私(合田)にメッセージを送るなら、

「縫い付けられたレッテルに気づき、

 正の「脳内言語定義」をグルグル反復せよ。

 そして、反復を起点に大量行動に移れ!!!」

 という感じでしょうか(笑)。

 http://amzn.to/2a6MqIt

■それでは、

 「今週のStreet & Book Smart  Highlight(ハイライト) 」

(教育やビジネスにおいて、最高の結果を発揮するための重要ポイント)

 をどうぞ。


<Street & Book Smart  Highlight(ハイライト)>

【脳内言語定義を書き換える 】


■ 人の脳内言語定義について質問する。

 これは、私(合田)のライフワークの1つです。

  優秀な教育者、感動的な料理を作るシェフ、紹介営業でダントツの成果を出す営業マン、

 一からはじめて叩き上げで成長した創業経営者、敏腕マーケッター、

 こういったロールモデルとなる人たちの「脳内言語定義」を探り、

 私(合田)の日常にインストールし、

 なんどもなんどもなんども、

 これでもかっ!これでもかっ!これでもかっ!

   と反復して刷り込み、

 決して恵まれた才能を持つ訳でもない私(合田)を少しでも成長させたい、

 との切なる願いから生まれた行動です(汗)

■ 例えば、高校時代の友人・Tくんは、

 全売り上げに占める紹介比率が8割を超え(!)、

 ほとんど自らは営業を行わない(!!!)という

 敏腕営業マン(!?)なのですが、

 私(合田)が、Tくんに「脳内言語定義」について聞いてみました。

(ここから)


■ Q1(合田)「紹介」をどのように脳内言語定義していますか?

   A1 (Tくん)

  「 俺の場合は、

     『頼んだ訳でもないのに自発的に紹介してくれるお客様の心情』はどんなものか?

  って考えてみる。

  これは、一言で言えば『自慢したい』のだと思う。

  物でもサービスでも、同業他社はたくさんあって、

  どこから買っても大差ない結果になることの方が多い。

  だからこそ少しでも得なことや快適なことがお客様自身にあるように、

  どこから買おうかな?と考える人が多いと思う。

  そう考えて探している人に対して『紹介する』というのは、

  多くの場合、

  【自分は普通とは違う、他よりも良い物を知っている】

  ということを他者に示すという『優越感を満たす行為』を大なり小なり含むと思う。

・良い物を見抜く目を持っている

・人脈が広い

・あんな良い業者があの人のお抱えだ=あの人は優れた人だと見られる

etc

 逆に言えば、紹介するという行為は、

 相手が『良い物を紹介してもらった』とならなかった場合、

 自分の面子が潰される・プライドが傷つく、

 というリスクを背負ったものになる。

 自慢したのに褒められない⇒傷つく

 上記を踏まえると、

 『これを紹介された人は必ず気に入る(もしくは少なくとも「別に良くないじゃん」とはならない)はずだ』

 という自信を紹介する人に持たせることができれば、

 誰しも自慢したい・褒められたい気持ちがあるので勝手に広めてくれる。

 後は紹介者の顔を潰さないように、

 紹介で来たお客様に圧倒的満足を与えることを意識する。」

    (Tさま・電子総合商社・営業)


(ここまで)

■ いかがでしょうか?

 これが、少なくとも「紹介のみで8割以上の売り上げ」を上げている営業マンの、

 「紹介」に関する「脳内言語定義」です。

 「売りたい」「買ってもらいたい」という手前勝手な欲求ではなく、

 「顧客にとっての真の欲望は何か?」という点について、

 洞察をし仮説を立て、

 あとは、自分が売りに行かなくても、勝手に粛々と売れ続ける、

 「紹介営業ベルトコンベア」を作り込んでいる感じが伝わるでしょうか?

■「なんて悪いやつなんだ!」とか、

 「計算高いやつめ!」という反応もあるでしょうし、

 「なるほど!」とか、

 「勉強になった!!!」

 という反応もあるでしょう。

■ 私(合田)は、Tくんと大量のやりとりをしていて、

 改めて「紹介」についての「脳内言語定義」を聞いて、

 「なるほど!!!」と深く膝を打ち、

 「やっぱりね!!!」と快哉を上げました。

 Tくんの場合、営業をする前に、既に営業が終わっているんですね。

 Tくん、貴重な「紹介営業」に関する「脳内言語定義」をありがとー!

   引き続き、メルマガ上で「公開Q&A」を宜しくお願いします!

  (読者の皆さまの中でも、Tくんにこんなことを聞いてみたい!、

 などの質問がありましたら、

⇒keisakugoda@icloud.com

 までお送り下さい!!!)

■ 好き嫌いを明確にする→(緊急の)目的から逆算して絞る

 →「空気を吸うように」自然にやれること+圧巻・圧倒の「空気モデル」、

 この過程が整ったら、

 「目的」や、圧巻・圧倒の「空気モデル」に沿って、

 「脳内言語定義」を反復・刷り込みし、

 場合によっては、「メンタル・ブロック」のアンインストールが必要です。

■ あなたが日々、無意識で回している「脳内言語定義」は何ですか?

  あなたがアンインストールしたい「脳内言語定義」は何ですか?

 あなたが反復・刷り込みを行いたい「脳内言語定義」は何ですか?

┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━

┃                  ┃

【Street & Book Smart Highlight】   

┃                  ┃

┃■ 自分の考えや行動は                     

                                                         

┃ 無意識の「脳内言語定義」によって  

                                                         

┃ コントロールされている      ┃

                                                         

┃                  ┃

┃■「脳内言語定義」は                          

                                                         

┃ 「アクセル」にも「ブレーキ」にも    

                                                         

┃ なりうる                  

                                                         

┃■ロールモデルとなる人たちが、          

                                                         

  日常的に反復する「脳内言語定義」を ┃

                                                         

┃ 自分の脳内でもグルグル反復させ、  

                                                         

┃大量行動に落とし込んでいくことで、  

                                                         

┃変化・成長することが可能となる   ┃

┃                  ┃

┃━━━━━━━━━━━━━━━━━ ┃

━━━━━

┃発行者        : (合田啓作)

┃お問い合わせ先  :keisakugoda@icloud.com

┃Copyright(c) ’16-‘Keisaku GODA All rights reserved.

┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  のバックナンバーはこちら

⇒http://www.bizmail.jp/sys/backno?mode=0&mgid=keisak

■合田啓作 Facebook

 ===>https://www.facebook.com/keisaku.goda

◎Street(人生)とBook(学び)をノンストップで接続し、

Smart(変化・成長)を実現していく【Street & Book Smart】

  の配信停止はこちら

⇒sub-ZK92xlL34Z@bizmail.jp